嘉風嫁の実家は金持ち?意外な職業とブログやインスタで女子力満載

この記事は3分で読めます

嘉風アイキャッチ


17年11月の九州場所での横綱白鵬に唯一の土を付けた
相手として関脇嘉風の活躍が初場所でも期待されている。

嘉風関には既に結婚して嫁も子供も見えるが嫁の実家が
金持ちの噂やブログやインスタを発信する超女子力の高い
綺麗な嫁の画像も同時に追ってみよう~

嘉風プロフィール

四股名名  嘉風雅継(よしかぜ まさつぐ)
本名    大西雅継(おおにし まさつぐ)
生年月日  1982年3月19日(35歳)18年1月現
出身地   大分県佐伯市
身長    176㎝
体重    145㎏
血液型   B型
所属部屋  尾車部屋
得意技   突き・押し
現在の番付 東前頭2枚目(18年1月現)

嘉風の嫁の実家が金持ちの真相は?

2008年12月に入籍された嫁の大西愛さんは
共通の親友の紹介でい知り合い嘉風関の人目惚れ
で何度も『結婚して!』の連発で結婚へとゴールイン
されたそうです。

嫁
出典:http://osumou-rikishi.com/yoshikaze-wife-3038

本人曰くあまりに何度も『結婚して』が多く
どれが正式なプロポーズなのか分からない程
だったとか・・・

しかしそういわれるだけの美貌を持つ旧制大西愛
さんですが実家がお金持ちと言うキーワードが
上がっていました。

調べてみたものの、実際そのような情報は見つから
なかったのですが、彼女の元の職業や現在の職業を
考えるとその可能性が高いかもしれません。

嘉風の嫁の職業が超ゴージャス

そんな奥様の元の職業が航空会社に勤務されて
いたとの事なのでスチュワーデスの可能性も高い
です。

スッチーなら何となくお嬢様のイメージが強いですね。

大阪出身の奥様らしく、現在は東京銀座の
インテリアフラワー会員制サロンを主宰する
生花フラワーデザイナーとしても活躍されて
いるそうです。

ラブフルールというポーセラーツと言う
種類の教室でポーセリンアートと言う白い
陶器に転写紙と言う特殊な紙でデザインを貼り付け
オリジナルな絵付けを楽しむクラフトとも言われる
そうです。

ポーセラーツ(Porcelarts)とは
「Porcelain(磁器)」と「Art(芸術)」
の組み合わせで作った造語らしいです。

全く意味不明ですが東京都内とか街のお嬢様や
奥様方に受けの良さそうな趣味って感じですね。

料金もなかなかの会費で入会金1万円の2時間
コースが3000円と結構趣味にしては良いお値段。

こんなサロン経営を運営する背景からも奥様の
愛さん自身がお嬢様で実家もお金持ちでしょう~
と妄想が広がったのかもしれません。

実際お金持ちっぽいですしね。

少なくとも私の周囲でこんなクラフトとかの趣味を
習っている主婦などの友人はやはりいませんので。汗

嘉風の嫁のブログとインスタも女子力が凄い

そして人気サロンを運営する愛さんはブログ
インスタでも情報発信をしっかり行っています。

そのブログの内容が自分磨きに始まり、趣味の幅広さ
が垣間見える趣味を多数持っていて。

一部を紹介しますと、シャンパーニュ、今回主催する
ポーセリンアート、シュガーアート、テーブルコーディネート
あと聞いた事無いのですが、カルトナーシュ
などの多岐に
渡る趣味をお持ちで料理の腕前も半端じゃないらしいです。

つまりは生粋のお嬢様である事はこの情報発信からも
間違いないようで、女子力と言うかお嬢力が強烈に強い
女性としてお見受け出来る雰囲気をビシバシ発信されて
いるそうです。

旦那様が嘉風と聞くと真っ向勝負の泥臭い
ガチンコ相撲が持ち前の関脇です。

この旦那とのギャップがまた凄いので余計に
愛さんの存在が際立って見えたりしますよね。

それに嘉風関が一目惚れしただけあって見た目も
とっても美しく女子力めちゃめちゃ高いです。

嘉風関が好きな私ですが夫婦として並ぶととりわけ
美女と野獣感が半端無く感じますが、愛されてなんぼ
なのかな~ともつくづく納得したりも出来るご夫婦ですよね。

おわりに

子供さんも2人見えて順風満帆な相撲道を邁進する嘉風関の真っ向勝負の取り組みが大好きな管理人ですが、嫁の愛さんもとても可愛く美しい人なのでやっぱり美しい者に男は弱いのだな~と思いつつまだまだ現役力士として頑張って欲しいと思いますね。今年の活躍にも期待したいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 石浦アイキャッチ
  2. 栃ノ心アイキャッチ
  3. 式守伊之助アイキャッチ
  4. 白鵬アイキャッチ
  5. 八角理事長アイキャッチ
  6. 照ノ富士アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて