筧真一の経歴と家族!ヤマト運輸解雇ブチ切れは超パワハラが原因

この記事は6分で読めます

筧真一

20年10月6日未明、兵庫県神戸市北区で従業員
女性が刺されて死亡した事件で元従業員筧真一
容疑者(46)が逮捕されました。

事件の前日にヤマト運輸を解雇され逆上し犯行に
及んだ筧容疑者に非難の声が集まる一方、彼を解雇
したヤマト運輸側にも責任があるのではないかという
意見も飛び出し問題化されています。

筧真一容疑者の経歴や家族、彼がヤマト運輸解雇に
ブチ切れた原因は超パワハラが原因という噂に
ついてお伝えします。

Sponsored Link

筧真一のヤマト運輸殺人事件

筧真一経歴

筧真一(かけいしんいち)容疑者は、神戸市北区の
ヤマト運輸配送センター「神戸北鈴蘭台センター」
で女性従業員の廣野真由美さん(47)の腹部などを
複数包丁で刺し殺害。

他60代の男性従業員にもケガをさせ軽自動車で逃走
しますが、警察車両とぶつかり公務執行妨害の現行犯で
逮捕されました。

筧真一容疑者は事件前、荷物の仕分け業務で荷物の
扱い方を注意してきた男性従業員と口論に、になった
事が明らかになっています。

その口論の仲裁に入った女性従業員こそ被害者となった
廣野真由美さんで、解雇の直接の原因とされたのが、
その口論のさ中、仲裁に入った彼女の手と筧容疑者の
手があたったことで、彼が暴力を振るったとして解雇
されていました。

これと突然仕事を解雇されて腹が立ったことが
主な犯行動機とされています。

事件後の供述で筧容疑者は、

「散々なことをした後で、どうせ逮捕されると思い、パトカーにぶつけた。」

「刺して店をつぶすつもりだった。」

と供述しています。

事件の元となった、けんかの仲裁に這った
廣野さんは、後に会社の指示でそのトラブルに
ついて県警に相談をしています。

廣野真由美さんは筧容疑者の暴行について
警察の事情聴取で

「(筧容疑者の)振り払った手が私の体に当たった。そのことで会社から署に被害届を出すように言われたが、私に向けられた暴力ではなく被害届を出したくない。」

と話したといい、被害届を出さず帰宅しています。

しかし、この廣野真由美さんと警察とのやり取りを
筧容疑者は知る由もなく、筧容疑者は彼女が被害届を
出したために自分が解雇となったと思い込み逆恨みした
事が彼女殺害への強行に繋がったと考えられています。

そして突然の怒りの矛先を抑えきれずに、彼女や
会社に恨みの矛先を向け犯行に及んだものと思われます。

筧真一のプロフィールと経歴

氏名:筧真一(かけい しんいち)
年齢:46歳  20年10月9日時点
住所:兵庫県神戸市北区甲栄台1(集合住宅)
職業:無職(元ヤマト運輸神戸鈴蘭台センター元パート従業員)
2008年から1年間弱も勤務経歴有り
家族:母親:双子弟

筧真一容疑者はヤマト運輸で勤務する前は
非正規雇用で職を転々としていたといわれており
全て病気の母親の看護を理由とする自己都合の
退職であったようです。

筧容疑者が、いつヤマト運輸で勤務し始めたか
などの詳細は出ていませんが、同容疑者が
2008年頃から1年ほど勤めていた運送会社が
あったことがわかっています。
(ヤフーニュース)

筧真一の人物評や性格

今回筧真一容疑者が起こした一方的で横暴な
犯行による悲劇的な事件を起こした筧真一
容疑者とは一体どんな人物なのでしょうか。

筧容疑者の住む近隣住民や関係者の声から
人物像をまとめてみました。

「おとなしく、引っ込み思案」と筧容疑者の
印象を語っており、事件を知り履歴書を見返しても「彼の記憶はほとんど出てこない。」元上司
とにかく真面目で神経質、仕事に対しても真面目で勤勉なんだと思っていました。こんな事件を起こすとは思っても居ませんでした。おそらくヤマトに貢献してきたのに裏切られた感覚に陥ってしまったのかもしれません。
知人Aさん
いつも職場の環境に不服を感じていた。こんなに頑張っているのに全く評価されずにダメ出しばかりされる、と言う環境に疲労困憊していたと思います。「自分は頑張っている」と言うのは主観的な感想にはなりますが、職場の人間は、もう少し評価しても良かったのではと思っています。報道で解雇になった事を知って、あれだけ頑張っていたのに残念と言うか、理不尽に感じています。ちなみに私もアゴで使われるような対応ばかりされて辞職しています。
元従業員B
直近で飲みに行った知人Cさん曰く
「お酒の飲み方が荒かった、仕事の話をしたが相当ストレスを溜めている内容だった。神戸鈴蘭台センターには若くしても役職に就く人間が居て、礼儀礼節もない舐められた態度を取られていたが、敬語を使わない役職付きの年下に対して自分は敬語を使わないといけない事を吐露しており、随分ストレスが溜まっていたのが分かった。
いつもマンションで会うと威勢よく挨拶をしてくれ、私が重い荷物であたふたしてると、荷物をもってくれた事もある優しくてパワフルな人だっただけに、今回の事件を聞いてショックを受けている。
同マンション住人
昔から兄弟想い、親想いで性格も凄くいいから事件を起こした事が今だに信じられない。
知人
双子の同級生でしたが昔から明るくてエネルギッシュで放課後良く遊んでいた。ヤンチャとか荒れっぽい性格の印象は全くありません。
小学校同級生

人柄は真面目で、トラブルもなかったと言われて
おり運送会社経験もヤマト運輸が初めてでは
なかったようです。

ましてや口論の末に包丁で人を殺傷するといった
恐ろしい事件をなぜ起こしたのか不思議ではあります。

筧容疑者はヤマト運輸では神戸北支店に属する
パート従業員で、早朝に荷物の仕分けを担当して
いたそうです。

高齢になった母親の世話に充てる時間を作るために
生活のサイクルを考慮し効率的に働いていこうと
していたのかもしれませんが優しい息子という
印象が垣間見えます。

Sponsored Link

筧真一の家族に双子が?

悲惨な事件を起こした筧真一容疑者ですが、その
家族構成は70代の母親と双子の弟がいたことが
わかっています。

3人一緒には暮らしておらず、筧容疑者の住む
マンションの近くで母と弟もマンション暮らしを
していました。

同じ棟に住む男性の話では

「親子3人で一緒に買い物に行ったり車で出かけたり仲良い印象だった」
(ヤフーニュース)といいます。

3人が一緒にいるのを度々目撃されており、他人にも
挨拶をするなど礼儀正しく、家族間のトラブルもない
様子だったそうです。

筧容疑者も双子の弟も独身だったことが
わかっています。

筧容疑者の父親の情報が見えず、一緒に住んでいない
ことなどから母親と離婚したか、亡くなられているか
という感じですが、母親の面倒も見ながら兄弟で支え
合ってきたのであれば、なんとも殊勝な人物と受け取れます。

筧真一のブチ切れはヤマト運輸の超パワハラが原因

ヤマトのパワハラ

真面目な勤務態度だったといわれる筧真一容疑者
ですが、彼のブチ切れはヤマト運輸の超パワハラ
原因という噂がでているようです。

冒頭でも紹介しましたが

鈴蘭台センターには若い年下の役職もいて、下の
人間には礼儀もなく舐めた態度を取るのだといいます。

それでも筧容疑者は頑張って仕事をしているのに
認められないというストレスをこの頃かなり抱えて
いたと周囲に話しています。

ヤマト運輸のパワハラについては2017年長野の
営業所での従業員パワハラ自殺の前例もあります。

この時は従業員男性(46)が上司に暴行や暴言
などのパワハラを受け自殺したもので、遺族はヤマト
運輸や上司に損害賠償を求めていました。

筧真一容疑者については、正社員や勤務歴の長い
パート職員などに、いわれるがまま仕事するしか
ない早朝パートであり、かなりの我慢を強いられ
そうした経緯からも最終的な会社解雇が気持ちの
限界に繋がってしまったのかもしれません。

世間に非正規が増えたのは社会の責任であって、
貴重な労働力の担い手として尊重されるべき人々を
おとしめ我慢を強いる風潮は責められなければなりません。

ヤマト運輸での従業員トラブルも初めてでは
なかったようで、元々会社にとっては筧容疑者が
厄介な存在だったとする意見も多くあります。

そうであったとしても、口論中に手があたった
だけというのに暴行扱いにして即、解雇にするのは
適正な処分だったとは思えません。

ヤマト運輸の解雇は非情!のセンター長暴露がリアル

筧容疑者のヤマト運輸殺人事件が報道されてから、
彼の解雇が原因だったことを受けて、世間ではヤマト
運輸の解雇事情が取りざたされています。

ヤマト運輸の元センター長だった男性がその非情な
解雇実態を暴露し、実にリアルな内容だと噂になっています。

「ヤマト運輸って解雇の方法がエゲツないんよね。派遣を今日限りで全員解雇してくださいって指令が上からいきなり降りてくるから現場の責任者も大変。いきなり切られるも大変。」

「会社に恨みを持ってる人はめちゃくちゃ多かった。僕がセンター長をしてた頃の仕事は社員の愚痴聞きが大半を占めてたし、これを疎かにするとセンターいつ崩壊するかわからない。ギリギリの状態で働いている人がほとんど。それがヤマト運輸の実態。
〈-時未来@南国リタイア(@tokimirai)October6、2020)〉

人の入れ替わりが激しく素性の、おかしな人も
多く入って来るので、上司も厳しい言葉をかけて
いるのが実際だったといわれています。

コロナ禍で運送業の仕事もより増え、勤務時間や
残業、業務の厳しさで以前から問題も多く人員不足も
深刻な業界ではあろうようです。

それにしても、このような非情な勤務状況や解
雇が日常だとすれば大きな社会問題と言わざるを
得ません。

事件を起こした事は庇いようがありませんが
筧容疑者の兄弟想いで母親想いだった評判や
人物評を想うと、なにかしら手立てはなかったのか
と思わずにはいられません。

Sponsored Link

おわりに

ヤマト運輸殺人事件で逮捕された筧真一容疑者の経歴はそれまで非正規雇用を転々としており、ヤマト運輸ではパート職員として早朝の業務にあたっていました。家族は病気の母親と双子の弟がおり、仲良い様子が見られており、筧容疑者も真面目で礼儀ある態度でトラブルも見当たらないとのことでした。
事件の原因は筧容疑者がヤマト運輸の超パワハラにブチ切れし、解雇により会社に恨みを持ったこととされています。ヤマト運輸の元センター長がその非情ともいうべきヤマト非正規の解雇について、先の見えない生活を強いられギリギリの状態に苦しむ労働者の姿を暴露し話題になっています。
筧容疑者が同僚を殺害したことは大きな罪ですが、会社への不満を抱えても意見する場もない底辺にある労働者の苦しみに共感した人も多く、日本の企業の特異な体質を表に映した事件といえるでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 田村純子アイキャッチ
  2. 上倉崇敬アイキャッチ
  3. 山辺節子アキャッチ
  4. 氏家美穂アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて