菅野未里(旭川イジメ事件)の担任教師の罪!デート優先の教員経歴

この記事は4分で読めます

菅野未里アイキャッチ

北海道旭川イジメ事件で廣瀬爽彩さん(14歳)が凄惨なイジメで亡くなった事件で、当時彼女の担任だった菅野未里が、廣瀬さん側にから受けたいじめ相談をデートを理由に断っていたことがわかり波紋を呼んでいます。

別名デート先生と呼ばれる菅野未里の犯した罪は大きく、ネット上ではその経歴などが明らかになっており大きく注目されています。

旭川いじめ事件の担任教師菅野未里の罪、デート優先の教員経歴などについてお伝えします。

Sponsored Link

北海道旭川女子イジメ凍死事件とは

北海道旭川市の公園で今年3月23日、中学2年生の女子生徒廣瀬爽さん(14)が凍死しているのが見つかりました。

彼女は2月13日、家族の外出中に自宅から失踪し1カ月以上経過した、この日雪解けした場所から遺体で発見されました。

当初事件性はないということでしたが、これに多数の苦情が寄せられ市と市教委はいじめの有無について調査を決めており、報道では2019年4月から先輩らによる陰湿ないじめがあったことがわかっています。

女子生徒は中学入学後すぐ、加害生徒らから脅迫され、自身の裸の画像を撮らされており、2019年6月には10人近くに囲まれ詰め寄られて4メートルの高さの土手を降り川に飛び込むなど壮絶なイジメに遭い、警察も出動していたといいます。

その後もひどい、わいせつ写真の拡散などは止まらず、女子生徒はPTSDを患っていたとされ、その後遺症に悩み2019年9月に引っ越し他の中学に転校したのですが自宅に引きこもり、この凍死事件に至っています。

文春報道などで注目され、加害者だけでなく事件隠ぺいに関わったと、される学校や当時の担任教諭までが世間から大きく注目されています。

市教委は「重大事態」と認定し、5月から医師や大学教授からなる第3者委員会によって本格的調査がおこなわれるそうです。

菅野未里の担任教師のデート優先発言

廣瀬爽彩さんが通っていた旭川市立北星中学校で、彼女が1年生の時に担任を受け持っていたのが菅野未里であることがネットで特定され、その驚愕のデート優先発言が世間をあっと言わせました。

爽彩さんは母子2人のシングルマザー育ちで、大事にしていた娘の異変にいち早く気付いた母親が担任に相談をしていたそうです。

ところが、「いじめなんて有り得ませんよ。今日は彼氏とデートなので、相談は明日でもいいですか?」と有り得ない言葉を投げかけたのです。

ネット上でデート先生と呼ばれる菅野未里に爽彩さんの母親は2019年4月から6月の間に4回もイジメではないかと訴えたそうですが、学校側はまともな対応をしなかったとか。

またイジメの相談をしたことを「相手には言わないでほしい」と言った爽彩さんの希望を無視し、その日の夕方加害生徒に担任が直接話していたとか。

爽彩さんは、こうした行為に担当教師だった「(菅野未里に)二度と会いたくない。」と行っていたそうです。
(爽彩さんは後にいじめが原因で転校)

未だ確証がなく罪も問われないのでしょうが、学校ぐるみの隠ぺいが大きくクローズアップされており、担任の菅野未里が早くいじめにストップをかけていたらと悔やまれてなりません。

菅野未里の教員経歴

菅野未里の教員経歴を見ると勤務している旭川市立北星中学校では合唱部の顧問をしていたことがわかっています。

彼女は旭川合唱連盟の理事も務め、令和2年度の第72回旭川中学校連盟音楽発表会にも参加し、10名の生徒と共に指揮者として舞台に立っています。

この合唱部は廃部寸前とも言われているようですね。

ネット上では他にも菅野未里が吹奏楽の副顧問をしているとか、今年4月現在3年2組の担任をしているという情報が流れています。
(知りたいを深堀り情報局)

経歴について気になる点も上がっており、2018年の卒業アルバムに名前が載っておらず、2019年の教員の人事異動に菅野の名がないことから彼女が2019年新任教師として採用された可能性が高いというのです。

見た目は20代後半から30代とのことで、はっきりしたプロフィールは見えていません。

女性で新人の先生なら生徒にとっては初対面で話しやすい身近な存在でもあるはずで、なぜこのような無残な事件の入り口を作ってしまったのか疑問です。

Sponsored Link

菅野未里の現在

菅野未里が現在北星中学校の3年生の担任をしており、参観日などもあったようですが、いじめ事件についての説明や報告が一切なく、普通に彼女は出勤しているようです。

ネット上でも学校でイジメや爽彩さんについての話はなかったことや、全てをあいまいにするひどい学校などという声も見られます。

廣瀬さんが転校した後亡くなっていることで、過去は関係はないということなのか、元担任で大事な時期に全く対応しなかったことに罪の意識はなかったのか。

デート先生と揶揄された菅野未里が未だ北星中学校に残留し、堂々と担任を持っていることが許せないと思っている人も多いはずで、この事件の加害者の一人として挙げるに十分な人物といえるでしょう。

菅野未里(担当教師)の罪

教え子の命にもかかわるイジメの実態を突き止めようともせず、適当にあしらった菅野未里の犯した罪は消えることはないでしょう。

彼女も世間からイジメ加害者と同様な非難を浴びており、現在も教師をしていることが恐怖、他人事のように放置している学校などの対応に批判が殺到しています。

北星中学校での保護者緊急説明会でも金子圭一校長は出席せず、中山岳教頭も法に触れたことはしていないとまさかの開き直り、菅野未里も謝罪せずだまったまま、これほどまでのイジメ隠ぺい体質をさらけだした学校も珍しいといえるでしょう。

菅野未里については担任を持ち教室に日々向かっているのでしょうが、被害を受け、なくなった爽彩さんの母親が実名や写真まで公開し全てをかけ逃げることなく立ち向かっています。

北海道旭川女子いじめ凍死事件で被害女子中学生の担任だった菅野未里が、いじめ相談をデートがあるからと断るなど不誠実な対応が問題視され、ネット上で批判の嵐となっています。

おそらくは新人先生かといわれますが親身に相談に応じ加害者への処置をしていれば、これほど大きな事件には至らなかったはずです。

いかに教師や学校が頼りにならないのか、子供を持つ親としても等身大の生徒としても、もはや学校教育で起きる様々な問題をどうにかしてくれるだろうと考えるのは難しいのだなと改めて認識した人も多い事件と言えるでしょう。

ましてや助けるどころか世間の目や自身らの保身ばかりに走り、尋常では無い内容のイジメを受けていた事実を隠ぺいしようとした行為に背筋が凍る想いがします。

一人の未来ある少女の将来を奪ったきっかけを後押しした菅野未里の罪が明らかになり適切な罰を受けることを願います。

Sponsored Link

おわりに

菅野未里が教員として全ての罪がある訳ではないものの、リアルタイムで真摯にこのイジメ問題に菅野未里が向き合っていたら?少しでも被害者少女に寄り添って親身になってこの問題に取り組んでいてくれたなら相談に来た母親に対して「デートがある」などの言い方ができたのでしょうか。あまりに理不尽で無責任、自己本位なこのへ発言こそが、この旭川女児イジメ凍死事件と言う悲惨な事件を招いた、とも思えて仕方がありません。被害者死亡と言う最悪の結果を招いたこの事件でも最後まで謝罪もないことでその犯した罪はより大きくなりつつあるといえます。
子供の未来を育てる先生がきっかけになったともいえる事件で、早期の解明を祈ると共に独りもがき苦しみながら寒さに凍えて幼い少女が亡くなったことを考えると胸が締め付けられる想いです。
廣瀬爽さんのご冥福を祈りつつ、今後同じような被害者が出ないように今回の加害者が少年法で守られている事への少年法の見直しと、周囲を取り巻く菅野未里のような大人の対応にも厳罰を持って対処できるような法の改正をするべきではないかと強く願うばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 板野博行アイキャッチ
  2. 足立朱美アイキャッチ
  3. トーヨーボール事件アイキャッチ
  4. ベトナム戦争アイキャッチ
  5. 安保王子アイキャッチ
  6. 三好琢也アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて