浜野日菜子にパパ活疑惑か恋人か優秀過ぎる学歴と大学進学での変化

この記事は5分で読めます

浜野日菜子アイキャッチ

22年10月12日、京都市北区の自宅マンションで、立命館大学3年生の浜野日菜子さん(当時21)が知人の不動産賃貸業宮本一希容疑者(37)にタリウムを飲ませられ亡くなった事件。

16歳差の2人にネット上では浜野日菜子のパパ活疑惑が話題になり、浜野さんの優秀過ぎる学歴や、大学進学での変化も注目されているようです。

浜野日菜子にパパ活疑惑か恋人か、優秀過ぎる学歴と大学進学での変化をお伝えします。

Sponsored Link

目次

浜野日菜子と宮本一希の関係にパパ活疑惑の訳

殺害された16歳差の浜野日菜子(21)さんと容疑者宮本一希(37)の関係に「パパ活疑惑」が持ち上がっていますが、なぜでしょうか。

浜野さんはバイト先で宮本一希と出会ったといわれ、2人の関係が気になるところですが、はっきりとしたパパ活の証拠は見えないようです。

ただ、浜野さんのフェイスブックから10万円もするという「マルジェラのコート」を着ていたり、「家賃7万円のマンション」に住むなどの様子が見えており、普通の大学生らしからぬ生活ぶりから浮かんだ疑惑のようです。

宮本一希は不動産経営もしており、浜野さんのマンションも彼が貸し与えたものではなかともいわれています。

浜野さんのフェイスブックのトップ画像には、京都市中京区の会員制のバー「Bar Keller」の天井が写っており、浜野さんのお友達もこのバーの人だったようです。

浜野さんは元々この会員制バーで勤めていたという噂もあり、宮本容疑者に客として出会ったのでないかともいわれています。

会員制バーは女子大学生が行くようなところとは思えず、会社経営者の宮本容疑者と共に出入りしていたようで、その関係の深さが注目されています。

浜野日菜子と宮本一希は恋人?

パパ活疑惑も噂になるほどの浜野日菜子さんと宮本一希は恋人だったのでしょうか。

浜野さんは宮本の経営するイベント企画会社のスタッフとして働いていましたが、知人男性(30)によると、2人は1、2年前から市内の高級飲食店を頻繁に訪れていたといい、男性は「とても仲が良さそうだった」と話しています。

ところが、宮本一希には嫁と子供(娘)がいたことがわかっています。

宮本は、古都の資産家に生まれて何不自由なく育ち、20代で再会した小学校の同級生と結婚するも今から7~10年前に離婚しています。

この嫁は、噂ではいいとこのお嬢様で、宮本容疑者の所有する不動産などでエステなどの商売をしていたようですがすぐ別れたといわれています。

宮本はその後芸能人並の美人とデキ婚再婚、一児である長女をもうけています。

宮本は東京で就職した会社をやめ、5~6年前30代で京都に帰郷、今の仕事についており、事件の3年ほど前までは妻と子供と実家暮らしだったようです。

ただ事件後明らかになったのは、この再婚したっ女優張りの妻とも、3年ほど前に離婚したのでは?と知人や友人に1人でいるから「寂しい」とこぼしていた事も分かっています。

そうした中での浜野日菜子さんとの出会いで急速に若い女性と若い青年実業家が接近し男女の関係になった、というのはありきたりですが、可能性としては否めないのかもしれません。

宮本は、自身の子供も可愛がり幼稚園受験にも熱心だったといわれ、夫婦仲が悪かったわけではないようですが、趣味の美食めぐりに女子大生を同伴するなどの放蕩を繰り返していました。

妻が芸能人並の美人で、浜野さんも美人だったようですし、宮本の会社のイベントスタッフは女子大生中心で、いいなと思った頭の回転のいい子をスカウトしていたといいますから、浜野さんもその一人だったといえます。

宮本一希の趣味の美食めぐりを楽しんでいたのか、浜野さんは自宅マンションで体調が急変する前日にも、宮本容疑者と複数の店で飲食し、その後浜野さんの自宅で一夜を過ごして翌日の事件となった事から普段から同行していたと見られています。

21歳と若い女性の部屋で37歳の無関係の男性が一夜を過ごすというのは、シチュエーションとしては考えられないので、やはり異性としての関係があったのではと思えてしまいます。

浜野日菜子の優秀過ぎる学歴

浜野さんの優秀過ぎる学歴が話題になっています。

浜野日菜子さんの幼なじみによると、浜野さんは大阪市内の私立中高一貫高に通っていたそうです。浜野さんは、優しく将来はイラストレーターになる夢を持っていたそうです。

浜野さんは周囲の評判では「清楚で可愛らしい女性で、昔から学業も優秀」だったとか。

中学校時代の浜野さんは、真面目で明るく、6年間一度も欠席がなかったそうで、茶道部の部活にも真面目にのぞむ模範生だったといわれています。

浜野さんは中高一貫高育ちで、それなりに裕福な家庭育ちだったと思われますが、学校名は不明のようですが、一部では大谷中学・高校かともいわれています。

浜野さんは、その後立命館大学法学部に進学、偏差値は55~57.5と高く、成績優秀、将来有望な学生だったといえます。

Sponsored Link

浜野日菜子の大学進学後の変化

真面目で評判もよかった浜野さんの、大学進学後の変化が謎めいています。

優秀で実力で立命館大学法学部に進学した浜野さんは、バイト先で宮本一希容疑者に出会っています。

浜野さんは、宮本一希が代表を務める舞妓のイベント企画会社のスタッフとしてバイトしていたそうです。

宮本は、京都市内で不動産会社やイベント企画会社を経営。「洪庵」という名の会社の代表を務めており、そこで日本人や外国人観光客向けにも企画されている舞妓さんとのお座敷遊びを提供していました。

浜野さんは「洪庵」を経営する宮本とバイトを通じ知り合い、彼と行動するようになったようで、以後高級バーや高級飲食店にも足を運びさかんにSNSにアップ、身なりも高級品に身を包むなど派手になっていたようです。

高校卒業後から大学進学する年齢は18歳と多感で色々な物や人に一番影響を受ける年齢でもあります。

そうだとしても真面目で賢かった彼女が進学先で知り合った宮本一希の影響を相当にして受けていたのだろうと考えると、その代償が命を失うだなんてあまりにも理不尽すぎます。

浜野日菜子の事件詳細

宮本容疑者は22年10月11日京都市内で浜野さんと食事をし、浜野さん宅に移動し翌朝12日になってから浜野さんの咳(せき)が止まらなくなり、浜野さんの両親に連絡したといいます。

“女子大学生を毒物で殺害した疑いで男が逮捕された事件で、男は逮捕前、警察に「救急車を呼ぼうとした」と説明していたことがわかりました。 不動産賃貸業経営の宮本一希容疑者(37)は去年10月、京都市で知人の大学生濱野日菜子さん(当時21)にタリウムを飲ませて殺害した疑いが持たれています。 濱野さんは自宅で宮本容疑者と酒を飲んでいるときに体調を崩したということで、捜査関係者によると、宮本容疑者は逮捕前の任意の調べに「救急車を呼ぼうとしたが、濱野さんに拒否された」と説明していたことがわかりました。 警察によると、防犯カメラの映像などから2人が濱野さんの自宅に入る際には濱野さんに異常はなかったということです。 警察は宮本容疑者が2人で飲酒した際タリウムを混入させたとみて、捜査を続けています。”(Yahoo:引用)

呼吸不全で亡くなった浜野さんには嘔吐(おうと)などの症状もあり、不審に思った医師が府警に連絡、タリウムが検出され、一緒にいた宮本容疑者がタリウムを浜野さんに摂取させたとみて捜査をしています。

Sponsored Link

浜野日菜子の評判

前述のように浜野日菜子さんの評判は良く、真面目で優しく学業優秀というのがほとんどであったようです。

浜野さんについては画像も見えていますが、ショートボブにきりっとした目元、気が強そうな感じが見えますがネイルや指輪、ネックレスも高級品らしく、家賃も高めのマンションに住んでいたといわれています。

ネット上の噂でも、顔立ちがしっかりしていて韓国アイドル並のかわいさ、美人で頭も良いといったものが多いようです。

大阪出身の浜野さんの同級生らの声も出されていますが、彼女の事件に悲痛な思いを寄せています。

“小学校の同級生という男性(21)はアニメ好きという共通点から仲良くなり、高校卒業まで半年に2~3回会っていた。男性がマイナス思考に陥り、相談した時には「私がいるから大丈夫」と励ましてくれた。男性は「優しさと厳しさと格好良さ、人として大事な部分を兼ね備えていた。大事な存在で唯一の友達だった」と述べ、言葉を詰まらせた。”
(ライヴドアニュース:引用)

浜野さんは決して孤独ではなく、関わりのある人を大事にできる優しさが若くしてあり、人から愛される面が見えていたようです。浜野さんにとって宮本一希はなぜ最後に一緒にいたい人物となったのか疑問が深まります。

宮本一希の父親も不審死?女子大生タリウム事件の愛人関係と殺害理由

おわりに

タリウムを摂取され亡くなった女子大生浜野日菜子さんのパパ活疑惑は、彼女の高級品やマンションなどが明らかになり大学生らしからぬ豪華な生活ぶりがあったことから生まれたようです。私立中高一貫高の優秀過ぎる学歴で、立命館大学に入っていますが、大学進学後その真面目さが影をひそめ宮本容疑者と出会い変化していったといえます。
浜野日菜子さんの真面目で優しい性格が広く知られており、なぜこのような悲惨な事件に巻き込まれてしまったのか今後の詳細が気になります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 亀井政孝アイキャッチ
  2. トーヨーボール事件アイキャッチ
  3. 山本英仁アイキャッチ
  4. 光州事件アイキャッチ
  5. 稲葉秀明アイキャッチ
  6. 慰安婦従軍
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて