パクミニョンの劣化は若い頃の整形のせい?身長と体重管理が凄い

この記事は5分で読めます

パクミニョンアイキャッチ

韓流スターの中でも若手女優として注目されたのはいずこで
今となっては完璧な演技力でドラマで主役として活躍する
パクミニョン。

そんなパクミニョンは韓流スターの中でも珍しく過去の整形
をカミングアウトしている珍しい一人として有名です。

若くして整形しスター街道を駆け上がった彼女が既に現在
劣化しているとの噂の真相は?

身長や体重管理もプロ意識の高いパクミニョンの今を
追ってみようと思います。

Sponsored Link

パクミニョンプロフィール

氏名    パクミニョン
生年月日  1986年3月4日(32歳)
出身地   韓国・ソウル特別市
血液型   O型
活動期間  2005年~

パクミニョンの整形カミングアウトが潔い

デビューは2005年ですが、彼女が女優として大ブレイクを
果たすのは韓流ファンなら誰もが知るドラマ「成均館スキャンダル」
でドラマの大ヒットや彼女がヒロインだったことも関係して
一躍大スターの仲間入り。

ただこの時既に日本を遥かに超えるネット社会と言われる
韓国では既に彼女の過去の画像と当時の画像との違いに
整形疑惑がすぐに浮上します。

ところが、その整形疑惑に、当時まだ若かったパクミニョンが
取った言動は、多くの芸能人や女優とは違い清く整形している
事実をカミングアウトした事にあります。

確かドラマ「成均館スキャンダル」終了後直ぐのインタビュー
で話題になった整形疑惑を問われミニョンはこうカムアウト
するのです。
整形
出典:https://kyun2-girls.com/archives/2177
確かに、整形してないとは否定しにくいレベルの変貌です・・・

『二重まぶたは母の勧めで中学の時に鼻は歪んでいたからデビュー前にした』

こう素直に打ち明けた事で美容整形大国と言われる韓国では
逆に彼女の性格の素直さが評判となり、更なる人気スター
街道へと導いてくれた稀有な存在でもあります。

一般人でも美容整形が珍しくないと言われる韓国人で
芸能界で活躍する程の人物で整形など、もはや当たり前
と言っても過言ではない世界。

上手く誤魔化す事だってできただろうし、誤魔化した言い訳
をする芸能人が多い中、彼女はカムアウトした事について、

「ありのままの事実を話す事は悪いこととは思わない」

この素直で実直な性格が、ストレートな黒白を判断基準
にすることが多い韓国国民の心をわしづかみ。

確かに、そうだよね~と誰も反論できない素直な回答で
国民の心をわしつかみしたのです。

この美容整形カムアウト後の出演数の多さや活躍を
考えたら決してこのカムアウトがパクミニョンの
キャリアにマイナスになってない事は明らかです。

Sponsored Link

パクミニョン若い頃の整形で既に劣化の陰?

ただ、彼女も現在32歳。

彼女のカムアウトによると、中学生で二重まぶたに
整形して(恐らく切開手術?)デビューした2005年
19歳には鼻の整形をしています。

かなり若い時期の美容整形とあって現在32歳のパクミニョン
には既に劣化の噂が浮上しているのです。

個人的な意見では32歳は、女性として一番とは言わない
までも、恐らく美しさのピークにある年齢では~と思います。

20代中盤から30代前半は美のピークかなと・・・

それなのに劣化を言われる理由は、やはり若い頃からの
美容整形の影響ではないか?

これって関係あるのでしょうか?

今放送中の「7日の王妃」で見る去年韓国内で放送
のドラマを見ても正直言って劣化と言われる事に納得
してしまう・・・汗(ファンの人御免なさい)
成均館スキャンダル
でも、「成均館スキャンダル」の時に感じた違和感
ザ美容整形的な魅力僅か6~7年で確かに劣化を感じる。

何処が?

元々感じていた鼻の違和感とでも言いましょうか・・・

「成均館スキャンダル」当時から異様な違和感があった
鼻の線が微妙に更なる違和感を感じてしまう・・・

みんなはどこに劣化を感じますか?
劣化
正直画像より動画の方が何となく感じやすいかも~って感じです。

32歳の劣化は正直早いと思いますが・・・

まだまだ綺麗のピークを感じさせる勢いがあっても
可笑しくない年齢なのに、劣化と言われる現実は
やはり美容整形の限界なのでしょうか・・・

整形にも限界があるのか・・・(あるだろうけどね)汗

だとしたら想定外に早いぞ~劣化・・・

パクミニョンの身長と体重管理もプロ過ぎる

7日の王妃に夢中になっている私ですが、ドラマ
で見るパクミニョンの意外にも小柄な事。

小柄に思い身長を調べたら164㎝

日本人からしたら全然低くない。

これは一重に共演俳優の高身長が並んで写るパクミニョンを
尚更小柄に見せる一つの原因だと思います。

ちなみに7日の王妃で共演しているヨン・ウジン演じる
11代王晋城大君は185㎝。

兄のイ・ドンゴン演じる10代目燕山君が183㎝。

パクミニョンの164㎝が小柄に見える理由はここに
あったのです。
身長
ちなみに元カレで「シティハンター」で共演したイミンホは187㎝!

高っか~

だって共演俳優が170㎝そこそこなら、164㎝のミニョン
が並んでそうそう小柄に見える訳ないでしょ?

だけど軒並み180㎝越えの高身長の俳優が恋の三角関係
でバトルするもんだから・・小柄に見えるんですよね~

そんで体重は46㎏。

女性も高身長でスリムで美人と韓国の美の基準はとっても
レベルが高いんです。

ミニョンの46㎏も結構ビックリ。

もう少し体重あるかと思いました。

164㎝の46㎏と言ったら結構頑張って体重管理している
のでは~と思い調べてみたら・・・

やっぱり努力家のミニョン。

時に役柄によって45㎏までダイエットして体重をコントロール
することも結構あるみたい。

その方法がりんごダイエット。

3日間リンゴだけを食べるダイエットなんだそうです。

3日目の最後の夜にはオリーブオイルをスプーン1杯
摂取するのだとか・・・

3日間リンゴダイエットかぁ~

チチャンウクと共演してこちらも大ヒットドラマ
となった「ヒーラー」の為にリンゴダイエットに
励んで46㎏から45㎏にコントロールしたそうです。

やっぱ根性が違いますね。

リンゴは便秘効果もあってダイエットにはもってこい
の果物なんだそうです。

根性入れてリンゴダイエットやってみましょう。汗

今は冬だし、リンゴの季節だし・・・

一応、やりやすいかも。汗

演技派パクミニョンのおすすめドラマ

2010年の「成均館スキャンダル」でスターダムの
階段を駆け上がったパクミニョンだけど、それ以降の
彼女はドラマのヒットメーカー張りに大活躍。

出演するドラマが軒並みヒットした事でミニョンの
女優評価もうなぎのぼりだけど・・・

個人的には成均館スキャンダルは見たけど今放送中
のドラマ「7日の王女」が個人的には超おすすめです。

このドラマは見どころ満載。

まず第一にパクミニョンの脇を固めるキャストがイイ。

イドンゴンの演じた10代目王子燕山君は朝鮮王朝の
歴史上、最も残忍で極悪な暴君だった実在した人物。

それを見事にイドンゴンの新境地とも言える狂気と
嫉妬に狂った様を実の弟と権力の頂点の座を争い
ながら一人の女性パクミニョン演じるチェギョン事
後の端敬王后を奪い合う様は迫力満点。

兄弟対決や愛情との葛藤をイドンゴンが見事なまでに
波乱に満ちた生涯を演じている。

そして悲劇の王妃としてパクミニョン演じるチェギョン
の切なくも悲しい僅か7日間だけお王女の座に就いた
実話に基づいた韓国史上歴史に残る悲劇の王女として
語り継がれている。

切なく、儚く、そして3人の男女が美しい「7日の王女」
が個人的には超おすすめ。

久々のトリプルヒットドラマです。

後個人的に気になっているドラマは今徴兵中のチチャンウク
と共演して、このドラマの為にパクミニョンがダイエットした
と言う「ヒーラー」も面白そうですね。

とにかく、朝ドラが見られない人には是非現在放送中の
「7日の王女」がおすすめです。

是非お仕事で朝の韓流が見られない~って人はU-NEXTで
31日無料トライアルを使って「7日の王妃」を見てみませんか?

U-NEXTなら現在31日間無料トライアルを実施しています。
韓流観るなら<U-NEXT>

解約も31日間が終了する前の無料解約期間中に解約したら
お金も一銭もかかりませんでした。

最新作から過去のヒットドラマまでU-NEXTなら120,000本
以上配信してます。

韓国では17年に放送された、まだホヤホヤの新作バージョン。

豪華絢爛な朝鮮王朝の華やかな舞台から切ない権力闘争
と男女の心の移り変わりを是非この「7日の王女」で見て
欲しいですね。

パクミニョンが現代版涙の女王と言われる理由も
納得の演技力だと思います。

Sponsored Link

おわりに

飛ぶ鳥を落とす勢いの芸能界の第一線で、軒並みヒットドラマに出演し続けるパクミニョン。整形のカムアウトも劣化と言われても何のその。強い精神力と魅力的な演技力でこれからも益々の活躍で素敵な演技を披露してくれると思います。是非期待したいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. チャンヒョクアイキャッチ
  2. ハジウォンアイキャッチ
  3. クォンサンウアイキャッチ
  4. ソンイェジンアイキャッチ
  5. ソンジュンギアイキャッチ
  6. コヒョンジョンアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて