赤堀恵美子の宗教は創価学会?福岡5歳児餓死事件の虚言とモンペの評判

この記事は4分で読めます

赤堀アイキャッチ

福岡県篠栗町の碇翔士郎(いかりしょうじろう)
くん(5歳)を餓死させたとして、その母親の
碇利恵容疑者(39)とママ友の赤堀恵美子容疑者
が逮捕されました。

赤堀容疑者のマインドコントロールが幼い子供を
餓死に至らしめたその経緯に宗教の関係があった事も
明らかになっています。

宗教は創価学会と言われる赤堀恵美子の碇理恵
容疑者へのマインドコントロールとは一体
どんな方法でどのような人物だったのか。

赤堀容疑者の夫は宗教家の噂や、福岡5歳児餓死
事件のきっかけとなった虚言癖、モンスター
ペアレンスの評判についてお伝えします。

Sponsored Link

赤堀恵美子の福岡5歳児餓死事件の全貌

餓死

2020年4月、福岡県篠栗町で碇利恵容疑者の
三男・翔士郎くん(5)が餓死した事件が
ありました。

この3月2日に急展開をみせ、保護責任遺棄致死の
疑いで母親の碇利恵容疑者と、彼女のママ友と
される赤堀恵美子容疑者(48)が逮捕されました。

2人はそれぞれの子供たちが通っていた幼稚園で
5年前に知り合っており、赤堀容疑者が碇容疑者に
取り入りマインドコントロール状態にした特異な
事件で報道されています。

洗脳した碇容疑者から合計で1000万円以上
現金搾取を行ったといわれています。(後述)

碇家の生活全般に渡り支配していた赤堀容疑者の
指示で、碇利恵容疑者は翔士郎くんの食べ物を
減らしていきどんどん栄養失調に追い込まれた
翔士郎くんが餓死すると言う悲惨な結果となりました。

昨年春の餓死事件後も、碇容疑者はお金を
だまし取られていたとされ、碇容疑者は
赤堀容疑者にだまされたと後悔し容疑を
認めますが、赤堀容疑者は全面的に容疑を
否定しているということです。

赤堀恵美子の1200万円搾取の手練手管

赤堀恵美子容疑者は1200万円もの大金を
碇利恵容疑者からだましとったのですが、
その手練手管は巧妙としかいいようがありません。

赤堀容疑者の嘘からなる夫の浮気を、信じ込み
離婚した碇容疑者をターゲットにした赤堀容疑者。

2019年5月頃には自身の息子3人を連れて、
篠栗町のアパートに転居し彼女に近づき、
現金搾取を始めていきます。

碇容疑者に赤堀容疑者の夫の浮気や、他の
ママ友が彼女の悪口を言っていたなどの嘘を並べ、
孤立させられた碇容疑者はついに離婚までします。

子供の退園も決意、思うままになった彼女に
寄り添うふりをして「浮気調査費」「裁判費用」
とまた嘘により多額のお金を巻き上げたと
いわれています。

赤堀容疑者に裁判で有利になるよう質素な
暮らしを命じられ、電気やガスといった
ライフラインをストップされるほどの貧しい
生活をしていた碇容疑者。

やせていく子供をしり目に、大事な生活費用を
かすめとった赤堀容疑者は鬼畜としかいえません。

生活保護費や児童手当をだまし取り、フリマ
アプリや消費者金融でも金を工面させ、さらには
死亡した三男翔士郎くんの葬儀代まで含まれていた
疑いがでているという悲しい事実も明らかにされています。

Sponsored Link

赤堀恵美子の夫は宗教家

赤堀恵美子容疑者の夫が事件の黒幕で、宗教家
という噂が出ており、碇容疑者への洗脳も夫婦で
行った犯罪との声もでています。

夫については静岡出身ですが、赤堀恵美子と
共に福岡県の田舎町に引っ越してきたのは宗教の
布教活動のためとされています。

宗教家は宗教への勧誘が必要なので、マインド
コントロール的に人集めをするともいわれており
今回のママ友についても同様の誘い方をしかけた
というのもうなずけます。

赤堀容疑者は結婚しており子供が3人もいた
とされており、2019年からは碇容疑者を支配下し
1000万円もの金銭を搾取、生活費やブランド品に
使い、日々パチンコ通いしていたといいます。

家族なら無職の赤堀恵美子容疑者の遊興ぶりが
おかしいと気が付くはずですが、そんな様子も
ないことから彼女の夫も犯罪に関わっている
疑いが浮上しています。

ツイッターのつぶやきにも真偽は、わかりませんが
こんな記述も出ています。

“捕まった赤堀恵美子の旦那はトレーラーのドライバーで私は一緒に働いていました。私は事故に見せ
かけてその旦那を殺そうとしてました。架空の裁判の話は赤堀の旦那が10年以上前から同僚にしてた億単位の遺産相続の架空の裁判の事で同僚10人以上から3000万以上だまし取っていた。黒幕は旦那。”(でぃぐとぴニュース)

また匿名掲示板『バクサイ』の投稿によると
赤堀恵美子の親が静岡の創価学会員で、親も
洗脳的なことをやって煙たがられてたとか。

他にも6~7ケタの金額の詐欺をされたとか、
母親と次女(赤堀恵美子か)が極悪、借金で
逃げているなどといった書き込みもでている
ようです。

赤堀恵美子の夫や両親、本人も宗教や金銭関連で
かなり怪しい人物として警戒されるほどの存在
だったことがうかがえます。

赤堀恵美子の虚言癖

赤堀恵美子の虚言癖によって碇利恵は
恐怖心を植え付けられ、マインドコント
ロールされていたと言われています。

2人が子供の幼稚園でママ友となり、
赤堀美恵子から

「あんたの旦那浮気しているよ」

と嘘の事実を伝えられ信じた碇利恵は
夫と離婚しています。

赤堀恵美子は碇利恵に自分は暴力団と
関わりがある
とほのめかしていますが、
真偽ははっきりしません。

赤堀恵美子が事件と無関係なママ友の
女性を暴力団と関係ある「ボス」と呼び、

「(ボスが監視カメラを設置して)あなた
(碇利恵)の行動を監視している」

と嘘をついて恐怖心を植え付けたのは確かです。

また、赤堀恵美子が名前や年齢を偽って
いたことには世間もあっと驚きました。

赤堀恵美子の旧姓は宮崎、結婚前は
「宮崎恵美子」とされています。

赤堀恵美子と知り合いのママ友の
ツイッターでは名前も年齢も嘘を
つかれていたと書かれています。

事件の起きた篠栗町では

「赤堀ユウナ、34歳です」

と10歳サバ読みの大胆さ、旦那にも偽名
のユウナ呼びをさせる虚言っぷりには感服です。

Sponsored Link

赤堀恵美子の驚愕モンスターペアレンスと評判

赤堀恵美子容疑者の驚愕のモンスター
ペアレンスぶりが浮かび上がり、ネット
上では様々な憶測が飛んでいます。

日本テレビの報道では

「(赤堀は)お弁当屋さんに家族で来ていた」

そうですが、「箸が一膳足りない」

「お弁当にコショウが入っていない」

と激怒し、弁当屋の店員に自宅まで
謝罪に来させたことがあるとか。

赤堀容疑者は近所でも有名なクレーマー
だったようですね。

また彼女は毎日パチンコ店通いをしており、
旦那や女性(碇利恵)と来ていたことも
あるといいます。

子供もいるのに遊興に明け暮れる日々
というのもおかしな話で彼女の夫も
共犯とする意見が多いようです。

赤堀容疑者の手ごわい印象が周囲には
見えており、誰もができれば避けて
通りたいという女性だったことが想像
できます。


おわりに

ママ友の碇利恵容疑者をマインドコントロールで信用させ、その生活を破たんさせわずか5歳の子供を餓死させるという悲惨な事件を起こした赤堀恵美子容疑者。彼女の夫は宗教家であったといわれており、彼女と共に洗脳によりお金を搾取する手管にたけていたことがうかがえます。
周囲にも知られるモンスターペアレンス、人を思うがままに操る虚言癖で弱い立場にある人間を支配し、お金だけでなく幸せをも奪い取った彼女の卑劣な行いは今後厳しく罰されるべきであるといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 板野博行アイキャッチ
  2. 山本直樹アイキャッチ
  3. 橋詰知明アイキャッチ
  4. 道渕諒平アイキャッチ
  5. 重信房子アイキャッチ
  6. 亀井政孝アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて