金子幸代の横領は整形とブランドに男?家族関係と世間の評判が草

この記事は4分で読めます

金子幸代逮捕

インターネットバンキングを使い、6年間に
約1億5600万を会社から自身の口座に振り込み
逮捕された金子幸代容疑者(46)。

鶴洋商事の元経理担当の彼女は、着服した
お金で銀座の高級ブティックのブランド服や
宝飾品を購入しており容疑を認めています。

金子幸代のブランドづくしの様子から男の影が
あるとか、整形疑惑も浮上しています。

金子幸代の横領は整形とブランド、男が原因なのか、
彼女の家族関係や世間の評判についてお伝えします。

Sponsored Link

金子幸代の商社1.5億円横領事件

金子幸代横領
勤務先の船舶用品商社「鶴洋(かくよう)商事」
(東京都港区)から約1億5600万円着服したとして、
元社員の金子幸代容疑者業務上横領容疑で逮捕
されました。

クレジットカードで計一億円以上の高級ブランドや
宝飾品を購入していたと見られています。

2014年4月から19年11月まで60回にわたり
インターネットバンキング経由で会社から
自分の口座に送金。

財務・経理を長年一人で担当していたことが
わかっています。

金子幸代容疑者は今年3月で既に懲戒解雇されています。

大学卒業後、新卒で「鶴洋商事」に入社し約
25年勤めていた金子容疑者は横領がわからないよう

「帳簿上は架空の取り引きで金が支払われたかのように装っていた」

と話しています。

金子幸代の巨額横領は整形とブランドに男?

金子幸代容疑者の巨額の横領金の行方に注目が
集まり、整形ブランド、またに貢いでいた
という噂が多く見えています。

逮捕が明らかになった金子容疑者を昔から知る
小・中学校の先輩は最近の彼女の印象について
こう語っています。

「顔はサイボーグなのかと思いました。もともと美人でしたが、別人のようでね。ボトックスはもちろん、整形もやっているのかと」
(ヤフーニュース)

と語り、確かな確証はありませんが、もしかしたら
整形に費用をかけたのかもしれません。

彼女の知人によると2018年に会った際、美容整形の
話をし

「ボトックスは港区のどこどこのクリニックが上手い」

などかなり詳しかったといいます。

その他にも銀座の百貨店などでルイ・ヴィトンや
フェラガモなど高級ブランド品の服や宝飾品に
化粧品など約1億円分を購入していますが、自分で
使用するためだったそうです。

彼女が宝飾品など派手なものを身につけず、お酒も
のまず出かけることも少ないと母親は話しており、
家に毎月決まったお金を入れているといいます。

ですが近所の住民によると金子容疑者は

「あまりみられないいい格好」

をしており仕事に行くにもブランドを
身に着けていたとか。

ただ近所の話しでは、自宅前のゴミ収集所に
ブランド服がハンガーにかかったまま、束にして
捨ててあったといい不審がられています。
(ライブドアニュース)

他にも億のつく巨額の横領金だったためブランド品や
整形だけでは余りすぎることから、金子容疑者が
特定の男、ホストなどに貢いでいたのではという
憶測も流れています。

ただ彼女の母親は、金子容疑者が男性に興味が
なく交際話も全くなかったと述べており、夜7、8時
には帰宅し夜遊びもなく、土日に一人で買い物に
でかけるくらいで倹約家だったといいます。

実際に男が陰にあるのかは未だ特定されておらず、
謎に包まれているといえます。

Sponsored Link

金子幸代の家族関係に父親の溺愛に姉との格差

金子容疑者は有名企業に勤める会社員の父親と
専業主婦の母親の間に次女として生まれており、
父親を2年前にがんで亡くしています。

埼玉・上尾市の実家近くではちょっとした
お嬢様で知られ、近所では目立つ立派な
一戸建てに母と姉と共に暮らしていました。

金子容疑者の小・中学校の先輩は

「お姉ちゃんはがっしりした女性ですが、妹(幸代)は色白で細くて可愛い子だった。幼い頃はきれいな洋服や着物をきて、父親がよく家の前で記念写真を撮っていましたね。明らかにお姉ちゃんとは可愛がりようが違った。」

と話しています。(ヤフーニュース)

地元の中学校に進学し姉妹とも陸上部だった
そうで、さっくばらんで明朗な姉に対し、妹は
美人でつんとすました大人しい感じだったといいます。

金子容疑者は幼い頃から周囲にも、きれいと
いわれるような顔立ちや雰囲気があり、地元でも
知られたお嬢様で、逮捕時の画像も肌や髪が
きれいなどの噂も出ていますね。

金子幸代の目へのコンプレックス

父親の金子容疑者への溺愛は、可愛いから
というだけではなく彼女が幼少期に目にケガ
負ったことが原因ともいわれています。

金子幸代容疑者は幼い頃、遊んでいる時に
右目を負傷し視力のほとんどを失っており、
白くなっているといいます。

よく近づいてみないとわからない程度の
ようですが、元々きれいな風貌だったことも
あり目に対するコンプレックスは現在まで
長くあったはずです。

母親の話では、彼女の目が不憫で家で先々まで
面倒をみようとしていたといい、結婚や見合いの
話も出さなかったといいます。

目のことがなければもっと完璧なのにと
いう気持ちが積りつもって、お金を動かす
職にあった彼女をブランドや整形に駆り立て
衝動的に購入しまったのかもしれません。

金子幸代の世間の評判

1億5千万円以上という破格の横領を一人で
行った金子幸代容疑者に対する世間の評判は
どうなのでしょうか。

まずやはり6年間で一億5千万以上の着服という
金額に驚く声が多く、全身ブランドづくめの
セレブ気取りではという印象が強いようです。

金子容疑者の逮捕時の颯爽とした姿が堂々と
していて悪びれていないことや、逮捕時着けて
いたマスクがバラの柄であるなど、大事件を
起こしたとは思えない態度や見た目のこだわりも
注目されていますね。

とは言え実年齢46歳独身とは言え目のケガの
コンプレックスを理由としても会社のお金を
横領してブランドや整形に大金を注いでいた
結果がサイボーグのような顔だったとの見え方が
何度も惨めです。

ツイッターなどにもよくコメントが出ていますが、
彼女だけでなく「鶴洋商事」の内部状況にも批判が
及んでおり、関心を集めています。

会社の経理を一人の社員に任せて、5年も
気づかなかったのはおかしいとか会社の
システムの不備を追究する声が大きく
なっています。

これだけのお金を作ることのできる会社で
ありながら管理体制が甘く、長く勤める社員を
信用しているのかチェックを怠ったと言われても
仕方ありません。

自身の勤める会社のお金を何年も自由に扱って
思うままになったことで、次第に大胆に着服
していったのでしょう。

ようやく発見されたのが幸いだったとしか
いいようがないですね。

Sponsored Link

おわりに

元会社の経理担当の立場を利用し1億5600万円の大金を横領し逮捕された金子幸代容疑者は、そのお金を整形やブランド品に費やし、男に貢いでいたのではという噂もでています。
美人で姉よりもきれいで父親からも溺愛されていましたが、幼い頃右目のケガで視力を失っておりコンプレックスが芽生え、美容整形やブランドなどのファッションに対する異常な執着がこの事件につながったといえるでしょう。
世間では経理を一人に任せたことも被害を大きくした原因で、会社の金銭管理体制を問う声も上がっており、この事件も数ある氷山の一角なのかもしれず目を光らせる必要を感じるところです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 光州事件アイキャッチ
  2. 高岡由佳アイキャッチ
  3. 三好琢也アイキャッチ
  4. 金子遥アイキャッチ
  5. 橋本貴仁アイキャッチ
  6. 門田典子アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて