奥村啓志の大学や経歴!反社匂わせ熱湯ぶっかけ事件の三菱UFJの鬼畜ぶり

この記事は5分で読めます

奥村アイキャッチ

2022年10月4日、三菱UFJ銀行の子会社『三菱UFJインフォメーションテクノロジー』社員の奥村啓志容疑者が逮捕されました。

奥村は、大学院時代の先輩に熱湯を数十回にわたってかけ全身に大火傷を負わせた傷害の疑いが持たれています。

反社匂わせ洗脳詐欺として注目され、さらに奥村啓志の大学や学歴、被害者男性との関係も話題になっています。

奥村啓志の大学や経歴、反社匂わせ熱湯ぶっかけ事件、三菱UFJの鬼畜ぶりについてお伝えします。

Sponsored Link

奥村啓志の熱湯十数回ぶっかけ事件概要

三菱UFJ銀行の子会社の社員の男が、大学院時代の先輩にあたる男性に沸騰した湯を十数回にわたって浴びせかけ瀕死の重傷を負わせたとして逮捕されたことが、捜査関係者への取材で分かりました。

捜査関係者によりますと、傷害の疑いで逮捕されたのは、三菱UFJ銀行の子会社で「三菱UFJインフォメーションテクノロジー」の社員、奥村啓志容疑者(33)です。

奥村容疑者は今年8月27日の未明に東京・港区新橋のホテルの浴室で、四つん這いにさせた状態で大学院時代の先輩の男性(33)に対し、部屋に備えつけの電気ポットで沸騰させた湯を全身に十数回にわたって1時間から2時間繰り返し浴びせかけ、瀕死の重傷を負わせた疑いがもたれています。

奥村容疑者は男性を四つん這いの姿勢にさせ、服の上から熱湯をかけ、顔の皮膚が剥がれるなど全身に大やけどをさせたということです。

男性は午後2時ごろに港区のホテルを出て、午後8時半にJR川崎駅に到着し、事件からおよそ1日後の翌日午前2時20分ごろ、駅の構内のベンチで仰向けになっていた姿を警備員に発見され、病院に運ばれて6日間にわたり集中治療室で治療を受け、一命を取り留めました。

事件の3か月前に奥村容疑者は男性から仕事のトラブルについて相談され、その後「トラブル解決のために200万円を反社から借りて立て替えた」などとウソをつき金を要求したということです。

捜査関係者によりますと、奥村容疑者は「反社(反社会的勢力)が金を取り立てに行く」などと言い、今年6月から現金や電子マネー250万円以上を脅し取ったとみられ、恐喝の疑いでも捜査しています。

犯行当日は男性にSNSで「借金の支払いが足りないから午前2時までにこい」とメッセージを送り、ホテルの部屋に呼び出し犯行に及んだということで、警視庁は事件のいきさつを調べています。

取り調べに対し、奥村容疑者は容疑を認めているということで、三菱UFJ銀行は「子会社社員が逮捕されたことは誠に遺憾です」とコメントしています。(ヤフーニュース:引用)

奥村啓志の反社匂わせの手練手管

元先輩と言う関係にもっ変わらず、熱湯ぶっかけ事件で逮捕された奥村啓志の反社匂わせ洗脳詐欺の手練手管が話題になっています。

事件が起きる3カ月前の2022年5月ごろ、奥村啓志は、被害男性から仕事のトラブルについて、相談を受け、その後、「トラブル解決のために、200万円を反社会勢力から借りて立て替えた」などと、うそをつき、250万円以上の金を要求し取り上げています。

奥村は、被害男性に反社が金を取りたてに行くなどと脅し、これまで現金などおよそ250万円を脅し取ったとみられますが、「借金の返済に応じてもらえないことに腹が立ったから、熱湯をかけた」と話し、容疑を認めています。

また奥村は被害男性に1000回以上の脅迫メッセージを送りつけるなどし、精神的に追い込み洗脳したといわれており、そこまでして彼から大金を得ようとした動機が何だったのか気になります。

奥村啓志からの洗脳

しかも事件発覚となった港区のホテルから電車で30分の川崎駅で発見された被害者が何故川崎駅で119番通報されたのか?

それは大やけどを負わされた同日、またも奥村容疑者に呼び出されていたから川崎駅で待っていたとのこと。

誰が見ても全身に大やけどを負っている状態だと認識出来る程の全身やけどを、覆った状態にも関わらず救急車を呼ぼうとする警備員や通行人に「大丈夫です、友達と待ち合わせしていますから」と何度も救急搬送を止めてくれと止めたというから驚きです。

川崎駅で被害者男性を見かけた通行人によると、

「顔は皮膚がぐしゃぐしゃで、腕も背中も皮が剝けていた。腰の皮膚も真っ赤で髪も逆立っていた」

ここまでの尋常ではない大やけどで瀕死の状態にも関わらず、周囲の119番を止めて奥村の呼び出しにまたも応じようとしていた被害者男性は、間違いなく洗脳されていた状態だったのは間違いないのでしょう。

それにしても事実でもここまでの異常な行為に至る事は許されない事にも関わらず、容疑者の奥村は反社への相談やら相談料やらと言うのは全てが虚偽だとのこと。

鬼畜の所業なのは言うまでもありませんが、先輩後輩の間柄とはいえ、ここまで洗脳されてしまうものなのかと人間の心理や弱さを巧みに利用してのこうした行為、傷害レベルより殺人行為の暴行にプラス恐喝行為。

徹底して奥村容疑者の罪を追求して極刑にするべきだと思えて仕方ありませんね。

奥村啓志の大学や経歴

ネット上で奥村啓志の大学や経歴が注目されていますが、現在のところ公表されていないようです。

奥村啓志と被害男性は、大学院に在籍したことがわかっていますが、2人のいた大学院について詳しい情報はありませんでした。

奥村啓志の勤務している『三菱UFJインフォメーション・テクノロジー』という会社は、三菱UFJ銀行をはじめとする三菱UFJファイナンシャルグループのITシステムを支える会社だそうです。

奥村は大学院を出ているという高学歴ですので、この会社でITの専門家として採用されたのではないかと思われます。

「マイナビ」の三菱UFJインフォメーションテクノロジーを見ると、大学院の採用実績のところに下記の大学がでています。

青山学院大学、大阪大学、関西学院大学、九州大学、慶應義塾大学、神戸大学、上智大学、中央大学、電気通信大学、東京大学、東京電機大学、東京理科大学、同志社大学、法政大学、北海道大学、明治大学、立命館大学、早稲田大学

上記のような名門大学の大学院を、奥村啓志と被害男性は出ているのかもしれませんが、いうまでもなく容疑者、被害者ともに高学歴。

少し考えてみれば誰もが分かるような今回の行動が事件にならないだろうか、とは思考が及ばなかったのが不思議で仕方ありません。

奥村啓志の被害者男性との関係

奥村啓志と被害男性との関係が注目されていますが、被害男性は奥村のいた大学院の先輩だったそうです。

被害男性は、奥村容疑者の大学院時代の1学年先輩にあたるとか。元々は同大学院の同僚でもあった2人は、以前はたまに旅行に行くほどの仲の良い関係だったとのこと。

そこまで親しかった2人が何故今回の事件の容疑者と、被害者と言う対照的な関係になってしまったのか不可解で仕方たありません。

一つ違いの先輩を恐喝しひどい目に遭わせたのが、後輩にあたる奥村で、2人の間にどんな関係があったのか噂になっています。

奥村は、8月に東京・港区のホテルの浴室で、被害男性に電気ケトルで熱湯を十数回浴びせ、全治3カ月のやけどを負わせた疑いが持たれています。

奥村は、男性に仕事の相談を受けたことを機に、トラブル解決のため、暴力団に金を借りて立て替えたなどと嘘をつき洗脳、その後も言いがかりをつけて250万円以上を脅し取りました。

奥村啓志は、先輩に対して顔の皮膚が剝がれるなど、全身に大やけどをするまで熱湯をかけ続けたというから鬼畜としかいいようがありません。

奥村啓志は、この先輩に対し借金の返済をたびたび迫っていたようですが、先輩がこれを断れないほど威圧的で暴力的な存在だったことが伺えます。

先輩は奥村の虚偽の恐喝に応じて250万円からの電子決済を含む大金を、既に支払ってその上更に脅されていた状態だったようですが、事件後の情報によると既に奥村に洗脳された状態に陥っているとか。

元々大人しく従順な性格だった先輩の性格を見通して、洗脳し恐喝、それに応じなければ更に強い暴行に及んだとしたら卑劣極まりない行為だと言えるでしょう。

Sponsored Link

奥村啓志は三菱UFJのエリーサー

奥村は『三菱UFJインフォメーションテクノロジー』社員ということで、エリートでは?との憶測が多く飛んでいるようです。

『三菱UFJインフォメーションテクノロジー』とは、三菱UFJ銀行はじめ三菱UFJファイナンシャルグループ各社のITシステムを支える会社だったとか。

奥村は大学院の経歴もあり、IT系の専門知識や技術に通じており、会社の根幹となるシステム開発などにも携わっていたのではないかといわれています。

奥村啓志は三菱UFJのいわばエリーサーで、その経歴も申し分ない人物だったといえるわけですが、先輩への鬼畜の行ないに走った事件の裏に何があったのか、今後の情報が注目されます。

おわりに

大学院の先輩に熱湯をぶっかけ大やけどを負わせた事件で逮捕された奥村啓志は、反社匂わせ詐欺の手練手管で被害男性から250万円相当をだまし取ったといわれています。被害男性は、奥村の大学院の1年上の先輩で、2人の関係に注目が集まっています。
奥村啓志は大学院卒で、三菱UFJのエリーサーとして有望だったと思われますが、なぜこのような鬼畜になってしまったのか謎は深まっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 比嘉和子アイキャッチ
  2. トーヨーボール事件アイキャッチ
  3. 関口羊佑アイキャッチ
  4. 飯塚幸三アイキャッチ
  5. 植村清程アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて