堀川将太の姉は堀川絵美で芸人!両親に警察官の倫理観のズレっぷり

この記事は5分で読めます

堀川将太アイキャッチ

2021年1月21日の文春オンラインで、「ミシュランガイド東京2022」に掲載された有名ラーメン店「中華そば 堀川」の店主・堀川将太が女性従業員に暴力を働き逮捕されたと報じられました。

逮捕された堀川将太の姉が、吉本興業のピン芸人堀川絵美さんということがわかっており、その鬼畜ともいえるひどい暴行の詳細が明らかになっています。「中華そば 堀川」は現在閉店なのかどうかも気になりますね。

堀川将太の姉が芸人、中華そば堀川の閉店や鬼畜の暴行詳細についてお伝えします。

Sponsored Link

堀川将太の中華そば堀川の傷害事件詳細に絶句

「ミシュランガイド東京2022」に掲載された有名ラーメン店「中華そば 堀川」暴行事件が起き、その事件詳細に注目が集まりました。

2021年9月5日、6日に店主の堀川将太が、元女性従業員のA子さんに合わせて10時間以上にわたって断続的に暴行を加え、同年11月30日に傷害容疑で逮捕されました。

暴行を受けたA子さんの涙ながらの告発が明らかになり、世間を驚かせました。

「Bは私を殴る時間の事を“パーティ”と呼んでいました。9月5日の営業終了後に、最後のお客さんが出て行くと同時にBは作業を止めて、厨房で私のことをいきなり激しく殴り始めたんです。私の体感としては2、3分くらいずっと。倒れても暴行は止まらず、もう上下や左右の感覚もなくなって、どこをどう殴られたのかも分からないくらいめちゃくちゃな状態でした」

「木の箱に入れて、釘を打って出られないようにするから」

そして、20時頃から暴力はある程度収まったものの“死”を匂わせるような発言が増え、逃げることができないような雰囲気を作っていったという。

「『今日営業終わったらドライブ行きたいから海と山行くけどどっちがいい?』と言われて私が困惑していると、『山だったらボコボコにした後に木の箱に入れて、釘を打って出られないようにするから終わりやな』と笑いながら言われました。そこから『ドライブ楽しみやな~』としきりに囁かれました。
(引用元:bunshun.jp)

閉店後、顔面などを殴ったり、ミキサーに手を突っ込むように怒鳴ったり、ひどい暴行の様子が伝えられています。

A子さんの負った心身のダメージは深刻で、全治3週間の顔面打撲等に加えて、暴行によるショックで事件後PTSDも発症しました。

逮捕された堀川将太は、その後略式起訴、罰金刑となり釈放されています。

これだけの事をして釈放とか意味が分からないのですが…一体日本の司法はどうなっているのでしょうか…

堀川将太と従業員の出会いに驚き

堀川将太の店でA子さんが出会ったきっかけは、驚くことにマッチングアプリだったといわれています。

A子さんと堀川将太は、2021年8月頃にマッチングアプリで出会い、彼の語る仕事論などに尊敬の念を抱いたA子さんが働きたいと申し出、翌9月から“試用期間”として働くことが決まったそうです。

若い女の子をマッチングアプリで捕まえ、店で働かせてしまうという軽い感覚で従業員を雇ってしまう無神経さにもびっくりですが、堀川将太が最初から暴行目的で女性を雇っていたのではという噂も出ています。

「未成年の家出少女を従業員として雇い入れて住み込みで働かせて性暴力を振るっていたらしい。」爆サイにはこのような内容の投稿があったといいます。(トピコレ)

また堀川将太容疑者の裏垢と言われるツイッターでは驚く事に「家出少女」を探していたとの情報も分かっています。

家出をするような情緒不安定な若い少女をターゲットに自分の言いなりにさせて、ストレスの捌け口として暴行を働いて居た可能性も否めません。

軽々しくマッチングアプリで女性を捕まえ、自分の思うように操る堀川将太にとって事件は氷山の一角だったともいえます。

A子さんは「記憶が定かではないのですが、2日間で計200発以上は殴られたと思います。しかしBは逮捕されている期間『体調不良』などの理由で店を閉めただけで、今も何もなかったように営業しています。それが私には許せません。Bがラーメンに命を懸けてきたのは分かりますが、私は今でも悪夢で夜うなされるような状態が続いています。今後、Bに対して民事裁判を起こそうと思っています」(文春オンライン:引用)

A子さんは10時間に渡り200発以上は殴られたとし、尋常ではない被害を被っており罰金刑ではやりきれない思いが伝わってきます。

Sponsored Link

堀川将太の姉は吉本芸人

そんな異常な暴力を平然と振るう堀川将太の姉は、吉本ピン芸人の堀川絵美(ほりかわえみ)さんであったことが話題になっていますね。

堀川絵美さんは大阪府豊中市出身の38歳で、愛称はえみみ、NSC大阪校33期なのだそうです。

大阪を拠点に芸人活動をしていますが、少しずつ東京の劇場にも出演していたようです。

文春報道の暴行事件で、店主の堀川将太の名前が匿名で報じられていましたが、姉が吉本芸人ということで忖度があったのではという噂も。

堀川将太の姉絵美さんは、弟の逮捕で番組出演を見合わせていたようです。

絵美さんは「生放送の月曜らじこー」のゲストとして出演する予定だったのですが、1月17日急きょ都合により休演とお知らせが出ており、彼女のTwitterも炎上、弟と共に非難を浴びており今後の活動に支障が出そうです。

以前の彼女のTwitterなどでは弟とは、どれほど仲良くなかったとしながらも「弟の経営しているラーメンがマジで美味い」としたツィートを発信している事も確認されています。

「忖度なしで本当に美味しい」と実の弟のラーメン屋を褒めてファンらにおすすめしている様子がうかがえます。

堀川将太の両親は警察官

大変な暴行を働いた堀川将太の両親もまた驚く事に警察官だったこともわかっていますが、意外ですね。

一説によると両親が警察官だったため、事件を穏便に済ますことができたのではとも言われています。

罰金で済むことではなく、親の力でおさまったという噂がもっぱらで、警察官の子らしからぬ堀川将太の暴行の様子に批判が高まっています。

警察官の家庭にあったことで、善悪には敏感になっているのが普通と思われるのですが、女性との出会いや、暴行を働いたその動機についてははっきりと伝わっておらず、色々闇になっているようですね。

ここまで異常なパワハラでは済まない暴力を一方的に女性に対して行ってしまう子供を育てた警察官の親と言う構図もギャップが凄すぎて驚いてしまいます。

警察官とて、そこまで崇高な道徳観や倫理観を求める気はありませんが、それにしても酷い内容です。

最低限の倫理観や道徳観を持ち合わせていれば、およそまともな神経の人間が、このような傷害事件をどんな相手であれ行えるとは到底思えません。

一体警察官だと言う両親はどんな教育をされたのでしょう、不思議で仕方ありません。

堀川将太の中華そば堀川の現在は閉店?

「中華そば堀川」の店名で経営していたラーメン屋は、店主堀川将太が大学時代関西のラーメン店を食べ歩き、食品会社などで働いた後、生まれ育った豊中で阪急宝塚線の服部天神駅近くにオープンしています(2016年1月15日)。

瞬く間に評判となりラーメン百名店WESTに選出されるなど、大阪を代表する人気店となったのですが、突然2019年10月27日で一旦閉店、お洒落な街として知られる自由が丘へ進出し、2020年1月8日に移転オープンしています。

堀川将太が逮捕されている間は体調不良と偽って休業していましたが、逮捕後普通に営業していたというからびっくりですね。

「中華そば堀川」は文春の報道があってから臨時休業しているということです。

堀川将太が釈放されたといっても、被害女性への暴行のひどさがわかり、いくら名店といっても客足は遠のくのではないかと思われ、閉店もあり得るかも。

また以前よりのお店の評判は、やはり堀川容疑者の接客態度がすこぶる良くないとの評判があったようです。

味で勝負のラーメンの世界だから接客態度は俺の好きにする、とした強気なスタイルなのかもしれませんが、あまりに横柄な態度は考えモノです。

しかも今回のような異常な暴力を一時でも従業員だった女性に対して行っていたとなると「ラーメン堀川」が今後通常営業して果たしてお客さんが、それとコレは別だ、と割り切って食べにいくのでしょうか。

個人的には、ここまで暴力的で異常な一面を持ち今回の事件の現場となった店主のラーメン店など行きたくもないし食べたくもないと思ってしまうのですが…

今後の「ラーメン堀川」の行方も気になる所ですね。

堀川将太の犯した罪は大きく、文春も見逃せないほど世間に衝撃を与えた事件といえるでしょう。

Sponsored Link

おわりに

傷害事件を起こし逮捕された「中華そば堀川」店主の堀川将太の姉が、吉本芸人の堀川絵美であることがわかり、両親が警察官だったことからも、彼が罰金刑という軽すぎる扱いになったことに世間の批判が集中しています。
心身ともに大きな損害を受けたA子さんに対する償いも反省もなく、「中華そば堀川」を休業後もまた再開し、文春報道で臨時休業を決めるなど無神経な対応をしており、店の閉店も必至かと思われます。マッチングアプリで女性を捕まえ、暴行に及ぶことが日常化していたのかさらなる詳細が明らかになることを期待します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 吉井勇人アイキャッチ
  2. ベトナム戦争アイキャッチ
  3. 安保王子アイキャッチ
  4. 田中孝博アイキャッチ
  5. 末海征河アイキャッチ
  6. 亀井政孝アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて