元嘉風の離婚の理由に絶句!溺愛夫人にブチ切れの実家への逃走劇

この記事は7分で読めます

嘉風アイキャッチ

元関脇・嘉風の中村親方が嫁の大西愛さんの
裏の顔を暴露した音声が話題です。

12年連れ添い溺愛していたはずの婦人と
離婚調停中の波乱の元嘉風の嫁がよもやの
実の娘に虐待をしていた事が発覚。

娘の必至のSOSで明らかとなった嫁大西愛の
裏の顔を卑劣な暴行証拠など嘉風が一目惚れ
した大西愛の裏の顔が明らかとなりました。

一時は実家に子供と逃げたと言われる嘉風が
嫁大西愛に出した三行半とその内容とは?

既に別居生活から顔も激変して独身謳歌する
大西愛の裏の顔を追いかけてみました。

Sponsored Link

元嘉風の離婚理由が想定外!

19年の9月に惜しまれながら土俵を去った
元嘉風関。

現役時代は力士としては最高齢ながら、その
取り組みは、どんな時でも真っ向勝負が持ち味の
正当派の力士です。

そんな元嘉風の現在がプライベートでも大変な
事になっているようです。

愛妻家として知られた嘉風と奥様との離婚騒動
が浮上しているとのこと。

元嘉風の奥さん、大西愛さんは、フラワー
アレンジメントの講師で、自身のサロンを
経営しています。

外見も華やかな美女で、同じように華やかな外見の
友人知人たちと集まる様子をインスタグラムに
よくアップしています。

離婚問題が表沙汰になったのは今年の7月。

元嘉風一家が住むマンションに警察が駆けつける
騒ぎがあった
とのことです。

現役引退後、嘉風が自宅にいる時間が増えた事
から家庭内での相違があったとされています。

何でも夫人の育児の様子を嘉風が注意したところ
夫婦喧嘩がエスカレートし、夫人自らが警察を
呼んだそうです。

警察を呼ぶくらいですから手が出たのでしょうか?

しかし、それまでに度々夫婦喧嘩をしていた
というような報道もありませんし、少し唐突な
印象を受けます。

さかのぼって見てみると、以前は元嘉風も頻繁に
夫人のインスタに登場していましたが、2019年11月を
最後に元嘉風関連の投稿はぱったりなくなっています。

また、奥様のインスタのプロフィールには、
2021年3月に新たに株式会社立ち上げのため
準備中、と書かれているようです。

元嘉風は現在、中村親方として後進の指導に
当たっており、近い将来自身の部屋を持つことに
なるはずです。

そうすると当然夫人はおかみさんという立場に
なるのですが、もうおかみさんになる気は全くなく、
ご自身の事業をもっと拡大させるという方向に
すでに向かっているのでしょうか。

インスタでダイエット中なのをアピールして
いるのも、将来おかみさんになることを考えて
いる人としてはかなり違和感があります。

ファンの間では、その派手な外見やインスタの
キラキラ投稿から、力士の奥さんらしくない
という声は以前からささやかれていました。

親方としてのキャリアをスタートさせる元嘉風の
今後の夫婦関係も注目が集まります。

元嘉風の嫁大西愛の娘虐待音声が驚愕の目にムヒ!

故郷佐賀県での裁判や嫁との離婚報道で何やら
本業の親方業処ではなくなっている元嘉風親方。

溺愛と言われる程だった嫁の大西愛の新たな
裏の顔として、よもやの娘虐待音声が世間に
発表され話題となっています。

それもそのはず、そこには嘉風が溺愛したと
思われる華憐な嫁とは違う大西愛の驚愕の裏の
が明らかになる音声だったのです。

何やら現在11歳になる娘さんに対する虐待音声
を娘さん自身が父親である嘉風に母親からの虐待を
証明する為に撮った音声
だとの事。

そこには虫刺されや痒み止めとして知られるムヒ
を巡っての母親である大西愛さんの明らかな恫喝
がハッキリと音声に残されているのです。

何でもムヒのスッポンジカバーが外れたのジ
娘のせいでそれが気に入らないとの事…

第三者的には、たかがムヒ如きで?と疑うような
激高ぶりなのです。

『おまえ、ムヒをこんなにむちゃくちゃにすんな、オラ!』

『目ぇに入れたろか、オマエ。おい、こらぁ!』

その直後、娘は強烈な痛みを感じ叫び声をあげる。

恫喝だけでなく、なんとAさんは娘の目に実際に
ムヒを入れたのだ。その後もAさんの口調は変わらず

『目ぇ、見えんくなるぞ! 白くなんねん!』

と追い討ちをかけるのだった。

この一部始終の音声が『デイリー新潮』により、
インターネット上で公開されると世間は騒然とした。
Yahoo:引用

ちょっと想定外過ぎな大西愛さんの音声に
正直驚きを通り越して絶句した人も多かった
のではないでしょうか。

どこのチンピラ?と言うか、輩と言うべきか
あまりに想像より斜め上を行き過ぎた音声で
上手く表現する事もできません。

お嬢様だったとか元々お金持ちの娘さんだった
とか元スッチーと言う情報もあっただけに、この
音声を聞く限り、その情報は本当なのか?と疑惑しか
残りません。

完全にヤバい女そのものなのです。

何でも娘さんが決死の覚悟で、この実の母親からの
虐待音声を録音したのは父親である嘉風がいる時の
母親と、嘉風が家に不在の時の母親の違いから父親に
如何に母親の本性が酷いかを信じてもらう為の行動
だったとか…

何だかここまで書いて人事ながら泣きそうです
たった11歳の子供が、ちなみにこの音声を録画した
のが去年の6月くらいと言われているらしいので
当時はたったの10歳だったはず。

実の娘なのに本当に信じられません。

コレ意外にも愛さんの子供に対する虐待疑惑は
数々あります。

持ち物検査で消しゴムが入っていない事に激怒
し娘に腹蹴りを入れている証拠画像。

スマホを使って殴られた左腕に残るアザ

・派手好きで元々SNS発信などでキャラ弁や手の
こんだお弁当を更新したりしていた愛さんが実際は
子供に缶詰のみを床で食べさせていた事。

繁盛に家を空けて子供を放置して出歩いていた事

今となっては、この事実を父親嘉風に証拠として
見せた事で子供らを嘉風が避難させるべく一時的に
実家の大分に帰郷し確保。

当時この妻からの虐待を知った嘉風関は、あまりの
想定外な事実に一時は精神的に病んでしまった程
だったそうです。

「なぜもっと早く子供たちを助けてあげられなかったのか」

と…とはいえ、そこは大西愛さんが二つの顔を
それだけ器用に使い分けていたのでしょう。

既に子供らは

『早く新しいお母さんが欲しい』
口を揃えていると言うのです。

どんな母親でも子供は基本お母さんが大好きなはず。

それなのに小学生である子供らが
「新しいお母さんが欲しい」って凄すぎます。

子供にとって愛さんが、どれ程酷い母親だったのかが
この言葉で分かるのではないでしょうか。

現在、既に別居して離婚協議中の2人ですが
この場に及んでこの音声を発表した嘉風親方の
心境とはいかなるモノなのか…

元嘉風は夫人を溺愛で有名だったが…

元々は、元嘉風は夫人のことを溺愛していた
ことで有名でした。

出会ったのは元嘉風が23歳、婦人が26歳のこと。

嘉風が一目惚れをして猛アタック。

結婚したのはその三年後ですが、それまでに
何度もプロポーズをして、どれがプロポーズの
言葉かわからない
と本人が言っているほど。

長女出産後、次女を産後ほどなく乳幼児突然死症候群
亡くされているようですが、その後長男も出産されています。

普通は所属部屋周辺に住む関取が多い中、夫人の
希望で二子玉川に住み、わざわざ40分以上かけて
部屋まで電車通勤していたのだとか。

夫人の誕生日には歳の数のバラの花束を毎年贈り
夫人の40歳の誕生日にも1日一組限定の高級フル
コースディナーでお祝いされた様子が、夫人の
インスタグラムにもアップされていました。

また、昨年9月の引退会見の時にも、夫人が
大きな花束をサプライズで元嘉風に贈っています。

姉さん女房なこともあってか、夫人の意思を尊重し
記念日のイベントも大切にしている様子だったのに、
いつから二人の関係性が変わってしまったのでしょうか。

Sponsored Link

元嘉風の嫁大西愛の虐待発覚後の豹変

溺愛した愛する嫁大西愛の娘への虐待を知った後
大西愛が取った豹変とも取れる態度も凄まじかった
ようです。

それは歩み寄る夫婦関係や家族破綻を見込んでの
自分有利となるべく実に緻密でセコイ行動の数々を
起こしていたようなのです。

まず疑惑に満ちた夫嘉風をわざと怒らせて激怒した
夫嘉風のキレっぷりを録画
し、どれ程嘉風が家で
酷い暴言を吐いているのかを周囲にアピールして
聞かせた行為。

そうした怒らせる行為の為に、わざわざ嘉風が大切に
しているバックをメルカリで売ったと嘘をついてまで
録画した
と言うのだから相当な性悪ぶりが分かります。

ただ、そうした彼女の性悪と言うか自己中心的な
性格と身勝手さは角界でも話題にあがる異常な
行動として話題になる事が以前からあったとか…

幕内力士ともなると親方や贔屓筋とのやり取りで
贈り物やお中元のやり取りがあるそうです。

ある関係者が嘉風関に送った返礼品の反物を
あろうことか彼女はメルカリに出品していた
事が発覚。

これを知った親方衆から嘉風は注意までされた
過去もあるのだそうです。

かなり達が悪いと言うか、嘉風関もみっともない
想いをしたことでしょうね。

ワザと夫を怒らせドメスティックバイオレンス
かの如く周囲に聞かせたり時には夫婦喧嘩になり
大袈裟に警察に110当番したり…」

ただ100当番した先でも暴力を振るわれたと言う
嫁大西愛さんは怪我の証拠がないものの夫の嘉風
に複数ひっかき傷が見つかった
と言うのだから嫁の
開き直りぶりが如何ほどかが分かるかもしれません。

完全にキレきゃらでヤバい女そのもの…に該当
する女性としか思えません。

そうした行為からも嘉風も嫁の異常ぶりに
気が付けなかった事を今となっては相当に
後悔している事でしょう。

そんな事をしなければイケない程困ってるのか?
と、、、そもそも礼儀としても失礼極まりないし
いずれ親方となる夫の立場を考慮したら到底行動に
移せる行為とは思えません。

元嘉風の夫人に三行半で子供と実家へ逃走

冒頭で説明した通り夫婦喧嘩では収まらなかった
嘉風一家は警察沙汰になった後、元嘉風は子ども
二人を連れて大分の実家に帰ってしまったそうです。

その後、子どもを巻き込むのは間違ってると考え
子どもたちが転校しなくて済むよう、近隣で新たに
マンションを借り、現在は子どもたち二人とそこで
父子三人暮らしているとのこと。

普通、何か父親側に問題があったのであれば、
子どもを連れて夫人のほうが家を出ますよね?

母親と子どもを引き離すくらいですから、余程
夫人の子どもに対する態度に問題があり、元嘉風が
愛想をつかしたということなのでしょうか。

この大騒動ともいえる夫婦喧嘩について聞かれた
元嘉風は、現在の父子三人生活についてこう話して
います。

「自分は大変なことなんか何もない。愛する二人の子どもと一緒にいらせて幸せです。」

と気丈に語る元嘉風ですが、もう夫人のことは
愛していないということの裏返しにも聞こえます。

現役力士時代も真っ向勝負を持ち味としていた
嘉風なだけに、何かしらの些細なうっぷんが溜まりに
溜まってキレてしまったのか。

溺愛していた奥様だっただけに1度拗らせると
ガチキレしそうなタイプの嘉風ならではなの
かもしれません。

既に離婚調停に向けて二方弁護士を付けての話し合い
が始まっていると言われる元嘉風関ですが親権について
争う姿勢のようなので父親としては当然ですが親方と
しての出だしにも影響が無いのかが心配されるのでは
ないでしょうか。

顔は整形?大西愛は只今婚活中の反撃は如何に?

それはそうと別居騒動の去年の夏から既に
人生を切り替え優雅な独身生活を謳歌している
嫁の大西愛さん。

何と既に婚活に勤しんでいる情報が既に出回って
いるようです。

何とも変わり身の早さにも驚きますが、婚活を
頑張りつつも美貌にも磨きをかけているようで
顔まで大工事をして激変した、と話題のようです。

夫である元嘉風に未練がないから婚活と言うのは
理解出来なくもありませんが子供の母親である事を
考慮すると子供を夫嘉風の元に居る事が苦痛では
ないのでしょうか?

とっても不思議すぎます。

婚活も美容整形も子供より重要な事とは思えない
のですが…

まぁどちらにしろ、それほど大切な認識なら
ムヒ如きで娘の目にムヒ入れたりしないか…

と思いつつ、改めて人は見た目では分からない
と再度認識するべきだなと自分にも振り返る必要が
ありそうです。

元嘉風の親方人生はどうなる?

元嘉風は現在、所属していた尾車部屋の部屋付きの
親方で
すが、二年後の尾車親方の定年に合わせて、
自分の部屋を興すという見方が有力視されています。

部屋の運営には、力士たちの母親代わりとなり、
おかみさんという存在が不可欠だという見方が
いまだ根強く存在しています。

本来ならば部屋を持つ下準備をしていても良い時期です。

必ずおかみさんがいないと部屋が持てないという
決まりがあるわけではありませんが、周囲の人からは
心配の声が上がることは不可避です。

大騒動となっている引退のきっかけとなったとされる
地元佐伯市との裁判も先月11月に始まったところですが、
それに加えて夫人との離婚調停中とは、公私ともに
まさに泥沼状態。

このような状態では、今後の親方としてのキャリア
にも悪影響が及びかねません。

二人の子どもたちのことももちろんですが、元嘉風の
精神状態が心配になってしまいます。

Sponsored Link

おわりに

夫婦の問題は夫婦にしかわからないとはよく言いますが、元嘉風が力士を引退し、親方になったことで夫婦の関係性や考えに変化があったのでしょうか。親方という立場上、現実的におかみさん業をしてくれない人とは夫婦関係を継続するのは難しいでしょうから、離婚という結末を迎えるのも時間の問題になりそうですね。
順風満帆な親方人生の始まりに、このようなトラブルが絶えない嘉風関の佐伯市との裁判も離婚調停も、早期に解決し、親方としてこれからも頑張っていってもらいたいと相撲ファンとしては願うばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 千代の国アイキャッチ
  2. 高砂親方
  3. 貴乃花アイキャッチ
  4. 阿炎アイキャッチ
  5. 山本順一アイキャッチ
  6. 碧山アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて