元嘉風の離婚の理由に絶句!溺愛夫人にブチ切れの実家への逃走劇

この記事は4分で読めます

嘉風アイキャッチ

元関脇・嘉風の中村親方が、地元の大分県
佐伯市のPRイベントの渓流下りで怪我をし引退.

佐伯市に賠償責任を求めて提訴したことは
周知のとおりです。

ですが、それに加えて何と現在、12年連れ添い
溺愛していたはずの婦人と離婚調停中との話です。

2019年9月の引退会見に家族も同席しており、
仲睦まじい様子だったのに何故・・・。

一時は、二人のこどもを連れて実家の大分に
戻っていたとか。

一体何が起こったのでしょうか。詳細を
追ってみました。

Sponsored Link

元嘉風の離婚理由が想定外!

19年の9月に惜しまれながら土俵を去った
元嘉風関。

現役時代は力士としては最高齢ながら、その
取り組みは、どんな時でも真っ向勝負が持ち味の
正当派の力士です。

そんな元嘉風の現在がプライベートでも大変な
事になっているようです。

愛妻家として知られた嘉風と奥様との離婚騒動
が浮上しているとのこと。

元嘉風の奥さん、大西愛さんは、フラワー
アレンジメントの講師で、自身のサロンを
経営しています。

外見も華やかな美女で、同じように華やかな外見の
友人知人たちと集まる様子をインスタグラムに
よくアップしています。

離婚問題が表沙汰になったのは今年の7月。

元嘉風一家が住むマンションに警察が駆けつける
騒ぎがあった
とのことです。

現役引退後、嘉風が自宅にいる時間が増えた事
から家庭内での相違があったとされています。

何でも夫人の育児の様子を嘉風が注意したところ
夫婦喧嘩がエスカレートし、夫人自らが警察を
呼んだそうです。

警察を呼ぶくらいですから手が出たのでしょうか?

しかし、それまでに度々夫婦喧嘩をしていた
というような報道もありませんし、少し唐突な
印象を受けます。

さかのぼって見てみると、以前は元嘉風も頻繁に
夫人のインスタに登場していましたが、2019年11月を
最後に元嘉風関連の投稿はぱったりなくなっています。

また、奥様のインスタのプロフィールには、
2021年3月に新たに株式会社立ち上げのため
準備中、と書かれているようです。

元嘉風は現在、中村親方として後進の指導に
当たっており、近い将来自身の部屋を持つことに
なるはずです。

そうすると当然夫人はおかみさんという立場に
なるのですが、もうおかみさんになる気は全くなく、
ご自身の事業をもっと拡大させるという方向に
すでに向かっているのでしょうか。

インスタでダイエット中なのをアピールして
いるのも、将来おかみさんになることを考えて
いる人としてはかなり違和感があります。

ファンの間では、その派手な外見やインスタの
キラキラ投稿から、力士の奥さんらしくない
という声は以前からささやかれていました。

親方としてのキャリアをスタートさせる元嘉風の
今後の夫婦関係も注目が集まります。

元嘉風は夫人を溺愛で有名だった?

元々は、元嘉風は夫人のことを溺愛していた
ことで有名でした。

出会ったのは元嘉風が23歳、婦人が26歳のこと。

嘉風が一目惚れをして猛アタック。

結婚したのはその三年後ですが、それまでに
何度もプロポーズをして、どれがプロポーズの
言葉かわからない
と本人が言っているほど。

長女出産後、次女を産後ほどなく乳幼児突然死症候群
亡くされているようですが、その後長男も出産されています。

普通は所属部屋周辺に住む関取が多い中、夫人の
希望で二子玉川に住み、わざわざ40分以上かけて
部屋まで電車通勤していたのだとか。

夫人の誕生日には歳の数のバラの花束を毎年贈り
夫人の40歳の誕生日にも1日一組限定の高級フル
コースディナーでお祝いされた様子が、夫人の
インスタグラムにもアップされていました。

また、昨年9月の引退会見の時にも、夫人が
大きな花束をサプライズで元嘉風に贈っています。

姉さん女房なこともあってか、夫人の意思を尊重し
記念日のイベントも大切にしている様子だったのに、
いつから二人の関係性が変わってしまったのでしょうか。

Sponsored Link

元嘉風の夫人に三行半で子供と実家へ逃走

冒頭で説明した通り夫婦喧嘩では収まらなかった
嘉風一家は警察沙汰になった後、元嘉風は子ども
二人を連れて大分の実家に帰ってしまったそうです。

その後、子どもを巻き込むのは間違ってると考え
子どもたちが転校しなくて済むよう、近隣で新たに
マンションを借り、現在は子どもたち二人とそこで
父子三人暮らしているとのこと。

普通、何か父親側に問題があったのであれば、
子どもを連れて夫人のほうが家を出ますよね?

母親と子どもを引き離すくらいですから、余程
夫人の子どもに対する態度に問題があり、元嘉風が
愛想をつかしたということなのでしょうか。

この大騒動ともいえる夫婦喧嘩について聞かれた
元嘉風は、現在の父子三人生活についてこう話して
います。

「自分は大変なことなんか何もない。愛する二人の子どもと一緒にいらせて幸せです。」

と気丈に語る元嘉風ですが、もう夫人のことは
愛していないということの裏返しにも聞こえます。

現役力士時代も真っ向勝負を持ち味としていた
嘉風なだけに、何かしらの些細なうっぷんが溜まりに
溜まってキレてしまったのか。

溺愛していた奥様だっただけに1度拗らせると
ガチキレしそうなタイプの嘉風ならではなの
かもしれません。

既に離婚調停に向けて二方弁護士を付けての話し合い
が始まっていると言われる元嘉風関ですが親権について
争う姿勢のようなので父親としては当然ですが親方と
しての出だしにも影響が無いのかが心配されるのでは
ないでしょうか。

元嘉風の親方人生はどうなる?

元嘉風は現在、所属していた尾車部屋の部屋付きの
親方で
すが、二年後の尾車親方の定年に合わせて、
自分の部屋を興すという見方が有力視されています。

部屋の運営には、力士たちの母親代わりとなり、
おかみさんという存在が不可欠だという見方が
いまだ根強く存在しています。

本来ならば部屋を持つ下準備をしていても良い時期です。

必ずおかみさんがいないと部屋が持てないという
決まりがあるわけではありませんが、周囲の人からは
心配の声が上がることは不可避です。

大騒動となっている引退のきっかけとなったとされる
地元佐伯市との裁判も先月11月に始まったところですが、
それに加えて夫人との離婚調停中とは、公私ともに
まさに泥沼状態。

このような状態では、今後の親方としてのキャリア
にも悪影響が及びかねません。

二人の子どもたちのことももちろんですが、元嘉風の
精神状態が心配になってしまいます。

Sponsored Link

おわりに

夫婦の問題は夫婦にしかわからないとはよく言いますが、元嘉風が力士を引退し、親方になったことで夫婦の関係性や考えに変化があったのでしょうか。親方という立場上、現実的におかみさん業をしてくれない人とは夫婦関係を継続するのは難しいでしょうから、離婚という結末を迎えるのも時間の問題になりそうですね。
順風満帆な親方人生の始まりに、このようなトラブルが絶えない嘉風関の佐伯市との裁判も離婚調停も、早期に解決し、親方としてこれからも頑張っていってもらいたいと相撲ファンとしては願うばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 阿武咲アイキャッチ
  2. 翠富士
  3. 高安アイキャッチ
  4. 若島津親方アイキャッチ
  5. 立浪親方
  6. 荒鷲アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて