琴奨菊が琴バウアー封印理由は小結陥落と引退覚悟でやめたのか?

この記事は3分で読めます

琴奨菊アイキャッチ

2016年初場所の優勝が今では嘘のような番付と
なって苦しんでいる元大関琴奨菊。

彼が小結陥落からあの特徴のある相撲ファンにも
人気だった琴バウアーをやめた理由はやはり大関
復帰どころか小結陥落となった自分への戒めなの
だろうか?

年齢的にも引退覚悟で封印かと思われても仕方のない
琴奨菊の現在の番付までの様子も同時に追ってみよう~




Sponsored Link

琴奨菊プロフィール

四股名  琴奨菊和弘(ことしょうぎく かずひろ)
本名   菊次和弘 (きくち かずひろ)
生年月日 1984年1月30日(34歳)18年1月
出身地  福岡県柳川市
身長   180㎝
体重   182㎏
血液型   O型
所属部屋   佐渡ヶ嶽部屋
得意技   左四つ、がぶり寄り
最高位   東大関
現在の番付 西前頭2枚目

琴奨菊の琴バウアー封印理由

2018年日本相撲協会が昨年末から揺れに揺れる中
初場所での開催4日目となった昨日、先日の開催3日目に
見忘れたのかな~と思った琴奨菊の取り組み前に行う願掛け?

ルーティーンですね!

であったファンにも人気の琴バウアーが確認できなかった。

だが昨日の4日目の注目の取り組み横綱稀勢の里との対戦
前に目を凝らしていてレビを見ていたが琴バウアーをやらずに
対戦して見事横綱稀勢の里に勝利して今場所初白星を挙げた
琴奨菊。
琴バウアー
出典:sanspo

いつから琴バウアーを封印したの?

あんなに琴バウアーは取り組み前のルーティーンに
なっていたのに・・・そう思い今日調べてみました。

きっと琴奨菊のファンでなくても相撲ファンなら気が
ついたはず・・・それほどあの琴バウアーは観戦するファン
を沸かせたルーティーンだったのに・・・

辞めたのは先場所になる2017年の九州場所からで
今回同様初日から3連敗。

10日目に負け越しが決まり12日目にも敗れ9敗と
なった琴奨菊。

本来なら彼なりのルーティンで集中力UPの為の
琴バウアーがあまりの負け続きに

『ためていた気が分散されそうな感覚になり残り3日間
琴バウアーを封印した』

なるほど・・・2017年の11月九州場所で
辞められたみたいですね・・・

ちょっと寂しいけど確かにここまで来たら
もう琴バウアー必要じゃないかも・・・汗

琴奨菊の大関陥落からのやばい番付

思えばあれほど世間を沸かせた2016年1月の
初場所での大関での初優勝を決めた琴奨菊。

初優勝
出典:https://sportiva.shueisha

ただあの優勝をピークに坂を転がるように成績が
振るわず初優勝から7度目のカド番で大関陥落。

その後三役で耐えるも2017年7月の名古屋場所
14日目で栃ノ心の上手投げに破れ8敗目。

負け越しが決定して三役からも6年半ぶりに陥落
することとなる。

11年の九州場所で大関に昇進してからも決して強い
大関とは言えなかった琴奨菊の16年初場所での初優勝は
これまでの鬱憤を晴らすべく強い大関と生まれ変わり
強い琴奨菊への始まりかと思ったが・・・

気が付いたら西前頭二枚目となっている。

一時は大関復活なるか?とも思われたがとても今の
琴奨菊の取り組みでは大関復活どころでは無いという
のが実際の番付からも分かると思う。




Sponsored Link

琴奨菊小結陥落で引退も視野に?

そして18年1月30日には34歳となる琴奨菊。

年齢もすでに若い力士とは言えず、こうも番付の陥落
続きではどうしても出てくる引退の文字。

彼の同期でありライバルとしても切磋琢磨してきた
元関脇豊ノ島でさえ、怪我をきっかけに幕下へと陥落
して現在も相当厳しい状態に置かれている。

琴奨菊の場合大きな怪我での心配は無いにしても
どうしても現在の取り組みを見ていると引退も視野に
入れざるを得ない状態と言える。

でも彼自身はちょうど1年前の17年1月の初場所で
関脇転落後のインタビューでも『引退は否定』しており
来場所もやると名言している。

だがあれから1年の18年1月場所の昨日の4日目
17日の横綱稀勢の里との取り組みが初白星だ。

4日目にして初白星の琴奨菊に大関陥落後現役続行
した力士で2年以内に引退する力士の確立が4割と
言われているだけに、今場所中盤に向かって琴奨菊が
勝ち越しを決めるだけの調子を戻せるのか?

ファンとしては複雑な心境と言わざるを得ない状態だ。

弟弟子が嫌われてるのは何で?
琴勇輝結婚した嫁井川留美さんは元保育士の画像に性格は嫌われ者

おわりに

16年初場所の初優勝がピークに思えて仕方無い琴奨菊の現在の番付西前頭二枚目からもう一度復活することは可能なのでしょうか?ライバルの豊ノ島と共にぜひ頑張って欲しいと思いつつ、相撲界の競争率の高さを見せつけられているようでやっぱり勝負の世界で厳しい特殊な世界なのだな~と改めて思うばかりですね。是非引退を賭けた瀬戸際の戦いで奮起して最後の馬力を出して頑張って欲しいですね!今場所の琴奨菊から目が離せそうにありません~




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 炎鵬アイキャッチ
  2. 千代大龍アイキャッチ
  3. 立浪親方
  4. 朝之山アイキャッチ
  5. 玉鷲アイキャッチ
  6. 碧山アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて