時津風親方の息子2人と女将さん画像に素行の悪さと謹慎処分の行方

この記事は5分で読めます

時津風親方アイキャッチ

記憶に新しい歴代親方の時津風親方は過去
弟子力士を暴行殺人として実刑となった
山本順一。

山本順一親方の不祥事によって不本意にも
その座に座る事となった現時津風親方は大関
正代を育てた事でも知られる親方です。

幾度の降格処分を協会から受けながら
コロナ渦の中の今回の麻雀5連勤や風俗通い
など素行が良いとは言えない時津風親方。

そんな親方の今後の行方と息子2人に美人女将と
評判の嫁の画像も併せて紹介しようと思います。

Sponsored Link

時津風親方の場所中麻雀と風俗店通いのお粗末

名門時津風部屋の時津風親方がまたもや角界の
ガイドライン違反を犯し、その素行不良が
度々世間を騒がせてきた経緯から今度こそ
引退かという噂でもちきりです。

大相撲の時津風親方(47=元幕内時津風)が
日本相撲協会が定める新型コロナウイルス対策の
ガイドライン違反をしていたことが1月27日に
報じられました。

同親方は不要不急の外出禁止の初場所期間中に
歓楽街に出向き、麻雀店に行くなどの行為があり
親方のお粗末な行動が厳罰必至と騒がれています。

28日発売の「週刊文春」によるとより濃厚接触に
あたる風俗店にも通っていたことが明らかに
されているとか。

横綱不在の場所において、時津風部屋の大関正代(29)
はカド番ながら千秋楽まで優勝争いを繰り広げるなど
奮闘した陰で師匠が犯した失態に周囲もドン引きです。

同親方は昨年9月にもゴルフコンペ参加の
ガイドライン違反で規定で3番目に重い「降格」
処分を受け(後述)ていました。

あれから半年もたたない2度目のコロナ渦の真っ只中
での初場所開催中の違反行為に非難が出ています。

今回の違反を受け、相撲協会が理事会で正式な
処分を決める方針ですが、「退職勧告」や協会の
処分で最も重い「解雇」などの厳罰が下されるのでは
という見方が出ています。

親方本人も28日の時点で、協会がどんな結論を
出そうとも辞任の意思を固めたと言われて
いますが協会の下す結果に注目が集まります。

29日最新情報では芝田山広告部長を務める
元横綱大乃国氏が時津風親方の既に提出した
退職届けに対して

『簡単には受理できない』と部屋の弟子や
部屋付き親方、今後の時津風部屋運営も
含めて結論を急がないとの見解を示して
いるようです。

時津風親方プロフィール

時津風親方
四股名:時津海 正博(ときつかい まさひろ)
本名:坂本 正博(さかもと まさひろ)
生年月日:1973年11月8日(47歳)21年1月時点
出身:長崎県福江市(現:五島氏)
身長:184㎝
体重:137kg
最終学歴:東京農業大学卒業
所属部屋:時津風部屋(2007年9月場所引退、師匠になる)
得意技:右四つ・寄り
趣味:釣り・麻雀・トレーニング

時津風親方の息子2人は未来の力士?

息子
時津風親方と言えば歴代親方が異例の逮捕
角界をあとにした人物でいわゆる曰く付き。

その後を、図らずとも現役力士の志半ばで
継ぐハメとなった現在の時津風親方。

形は違えど何かとお騒がせな人物なのは
間違いありませんが、まずは今回の騒動とは
別に時津風親方の家族情報について調べて
みました。

現在47歳の時津風親方の息子は2人おり、やはり
各界、未来の力士を目指していると言います。

長男の坂本博一さんは18歳、埼玉県・草加相撲
練修会に通いますが角界志望だそうで、小学校で
既に相撲で活躍する評判の力士。

少年相撲大会「白鷗杯」(2010)では小2の部で
優勝し、有明コロシアム」での試合(2013)でも
小4の部で優勝しています。

現在の青森県三本木農業高校では3年生で相撲部
主将を務め、クラスや部でも信頼される人物だと
いうことです。

身長175㎝、体重130kgと体格もよく、高校3年での
県内大会団体戦決勝でも全勝し優勝しており将来が
期待されています。

次男の坂本正真さんは現在15歳で、3歳から
相撲をはじめています。

彼も角界志望で、自宅で稽古をし小学時代から
活躍しています。

有明コロシアムでの試合(2013)は小1の部で
優勝し、「わんぱく相撲大会」(2015)では
小4の部で準優勝しています。

2人とも資質に恵まれ有望な力士として頑張って
いることを思うと、今回のような不祥事が本当に
悔やまれてなりません。

時津風親方の女将さん画像が美人

女将
時津風親方の夫人、つまり女将さんは旧姓
滝本美由紀さんで、この美由紀夫人が美人、
かわいらしいという噂があります。

時津風親方は2001年現役時代に美由紀夫人と
婚約し、2002年に結婚式を挙げ、2人の男の子と
一人の女の子が生まれています。

2歳年上の姉さん女房の美由紀夫人は現在49歳。

美由紀夫人の画像をあげておきますが、和服の
似合うきれいで確かにかわいさの見える方ですね。

とは言え現役力士時代から今回の騒動とは関係
無しに時津風親方は、力士にしては、男前ですよね。

美女が珍しくない角界では美女と野獣さながらの
夫婦も珍しくないなか時津風親方のご夫婦に関しては
美男美女と言えるご夫婦かなと思います。

こんな美人な奥様が見えても風俗に通うのだから
時津風親方も47歳とはいえ、想定外にお元気な
現役感が恐ろしいです。

Sponsored Link

時津風親方の素行の悪さは昔から

歴代時津風部屋は「角聖」と呼ばれた横綱双葉山が
開いた名門として知られる部屋です。

時津風親方は2007年起きた力士暴行死事件
当時の親方(元小結双津竜)らが解雇された後
名跡を継いでいました。

ところが時津風親方は協会内では不祥事常習犯
レッテルを貼られており、マークされていた
というから驚きです。

性格は穏やかで人当たりも良いと言われることも
ありますが、各界関係者の間では「弟子の指導は放任」
といい、稽古中の指導も部屋付き親方らに丸投げする
などいい加減だったと評判の親方でした。

本場所前にもゴルフをするため部屋の稽古不在
ということもあるといい、周囲の信頼はゼロに
近い上、「バクチ好き」という噂でも知られています。

2010年6月には自身の弟弟子である元豊ノ島と
野球賭博問題に関与。

2011年3月には大相撲八百長問題に関与
前年の野球賭博の時に5年の昇格見送り処分
とこの八百長問題でプラス3年の計8年の昇格
見送り処分を受けています。

それに付け加え、コロナ渦の中での麻雀店報道。

コレについても本人は初場所開催真っ只中の
5日間連続通いに麻雀には行ったが麻雀はしていない
と意味不明な弁明をしていましたが当然説得力に
欠けるのは言うまでもありません。

そしてその麻雀も、お金を賭けているのでは
など様々な憶測が飛び交っています。

度重なる不祥事を受け幾度の協会からの強い
処分を受けながらも何とも脇が甘い時津風親方。

不祥事だらけで降格に次ぐ降格にも動じる様子が
ない時津風親方に援護をする人もないようで、彼
自身しか自制できそうにないのですが。

時津風親方の謹慎処分の行方は

21年年が明けてもコロナが収まる事が無く
またも2度目の緊急事態宣言中での初場所
開催中の週刊誌に報道された時津風親方。

1月28日に日本相撲協会は東京・両国国技館で
理事会を開きましたが、時津親方の処分は
決めなかったことが報じられています。

芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると
八角理事長(元横綱北勝海)から初場所への
ねぎらいの言葉と共に

「一人だけ(規則を)守れなかった者がいる。」
という話があったとか。

理事会がこの度道内容についての説明だけに
とどめ、処分内容については話し合いをしなかった
ことが波紋を呼んでいます。

相撲協会が発表した2月1日付の職務分掌には
「年寄 時津風 指導普及部」
と明記されているといいます。
(日刊スポーツ:引用)

気になる処分の行方ですが今後は事実を調査した
コンプライアンス委員会が理事会に答申し、これを
受けて理事会が処分を決定することになります。

時津風親方は昨年9月にも友人と宮城県に旅行し
ゴルフコンペに参加しガイドライン違反、「委員」
から一番下の「年寄」への2階級降格処分となっています。

一方で時津風親方は

「国会議員は外食してるのに何も処分なく、なぜこっちはクビになってしまうのか。」

とも漏らしているといわれ、降格ぐらいでは
素行の悪さは止まらない心配も見えています。

名門部屋を引き継ぎ立派な力士を抱えながらも、
弟子のコロナの感染リスクや活躍を支えるための
行動ができない師匠では何のための親方なのか
疑問に感じます。

Sponsored Link

おわりに

困難極まるコロナ渦で日本の国技として感染対策を施し、なんとか国民の元気を呼び戻そうと行われている相撲界でまた時津風親方の不祥事が発覚し、既に厳罰、引退かという予測が広まっているようです。
同親方を支える家族や弟子たちがありながら、周囲から信頼されない裏の顔がなかなか消えることがなくついに罰が下るかというところといえます。名門であり、活躍めざましい弟子もおり一人の親方の引退が決まれば周囲への影響も必至で今後の決定にさらに視線が注がれそうですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 嘉風アイキャッチ
  2. 北海富士アイキャッチ
  3. 碧山アイキャッチ
  4. 琴ノ若アイキャッチ
  5. 石浦アイキャッチ
  6. 北尾光司アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて