藤本健二の正体や本名は?スパイ容疑と息子暗殺の真相は?

この記事は3分で読めます

藤本健二アイキャッチ

元料理人とは思えない、バンダナと
サングラスがトレードマークで金正恩
の謎の料理人として側近とされた藤本健二さん。

得体の知れない彼の正体は実はスパイなのか?

一時行方不明となった彼の現在や息子の死去
の理由は暗殺だったのか?

2012年、涙の再開となった金正恩との
裏に、どのような過去と駆け引きがあったのか
謎の藤本健二さんの本名と共に追ってみよう~




Sponsored Link

藤本健二プロフィール

名前 藤本 健二 (仮名)
朝鮮名 朴 哲 (パク・チョル)
生年月日 1974年?月?日

やはり日本人ではないみたいですね。
韓国名を持つ人物なので藤本健二は通名のようです・・・

藤本健二の正体は?

あまり詳しい情報は公開されておらず
名前も仮名のようです。

藤本健二さんは、2003年頃から日本のテレビに
一時期出ていましたが、常にバンダナと
サングラスを付けていました。

日本滞在中も北朝鮮のスパイから身を守るために
素顔を公表しないようにしていたそうです。

1982年に板橋調理師会事務所の会長の紹介で
初めて北朝鮮へ渡り、寿司屋で働いていました。

招待所で寿司を届けているうちに金正日総書記と
親しくなり、1989年から2001年までの13年間
北朝鮮で金正日総書記のもとで専属料理人として
勤めてきたという。

採用理由としては、

・朝鮮語をしゃべれなかったのでスパイでないことが明らかだった
・素直で明るい性格だった・
・遊び人のこころがまえをもっていた
・金正日よりも身長が1−2センチ低かった

事があげられています。
スパイ
出典:http://okutta.blog.jp/archives/9289434.html

1989年に歌手の厳 成女(オム・ジョンニョ)さんと結婚し
正雄(ジョンワン)と正美(ジョンミ)を授かりました。

単なる料理人だけでなく金正日総書記の家族からも
信頼され、子供たちとも仲良くなっていきます。

特に金正恩と金正哲の遊び相手になりました。

それでも彼は、
2001年に意を決して北朝鮮を脱出したとされます。

平壌でラーメン屋を開く夢があり、2016年に
ふたたび北朝鮮に戻りました。

この時期に日本では行方不明と言われた時期ですね。

2017年、平壌の楽園百貨店の別棟4階に念願の
日本料理店「たかはし」をオープン。

寿司、ラーメン、おでんなどの日本料理を提供しています。




Sponsored Link

藤本健二はスパイ容疑で捕まった?

1990年代には度々、食材などの買い付けのため
日本へ来ていたが、1996年に一度入国管理法違反で
逮捕され、釈放後しばらく沖縄に滞在したことがありました。

1998年、平壌から北京に買出しに行った際に日本の
警視庁の部長に電話したことが盗聴によりばれてしまいます。

それが元で1年6ヵ月ほど平壌の自宅アパートで軟禁状態に置かれ
いつ強制収容所に送られるかという恐怖を味わわされました。

脱北を決意した背景には、このような事があったようです。

藤本健二の息子暗殺事件の真相は?

奥さんと娘さんは今も北朝鮮の首都平壌(ピョンヤン)に
住んでいますが、長男の正雄さんは2012年7月6日に
心臓発作で他界してしまったとか…。

訪朝してほしいと6月16日の最初の接触から
藤本が中々返事をしなかったのに、7月18日に
訪朝の返事をしています。

正恩との2001年の約束と果たそう(日本へマグロなどの
買い付けに行くと言ってそのまま北朝鮮を去りましたが
その際、キム第1書記から「必ず帰って来い」と言われた)
電話で告げられて即帰る返事をしていたようです。

藤本さんが金正恩から招待されいざ到着してみると
その到着のわずか17日前に、息子さんが心臓発作で他界。

あまりにタイミングが良すぎる気がします。

もちろん17日前に亡くなられたからこそ、彼は北朝鮮へ
渡った…とも考えられますが、実の兄を暗殺する北朝鮮の
ことですから、色々と邪推せずにはいられません。

まとめ

藤本健二さんことパク・チョルさんのことを紹介しました。

昔は朝鮮人スパイが日本にたくさんいたんですかね?1980年は北朝鮮工作員が日本人を拉致する事件もたくさんありましたし、その辺りの絡みで何か関わっているのですかね?
この先北朝鮮は一体どこに向かっているのでしょう?もはや世界の注目の的である北朝鮮の動向に未だ解決しない拉致被害者問題の解決も一向に進まない日本人としては、お隣の国としても目が離せない存在である事は間違いありませんね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 金正恩アイキャッチ
  2. 横田めぐみアイキャッチー
  3. 蓮池薫アイキャッチ
  4. キム・ハンソルアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて