横田めぐみは2017年現在も生存の真実と母と皇族の関係に金正恩

この記事は3分で読めます

横田めぐみアイキャッチー

1980年代にかけて北朝鮮人による
日本人拉致問題が注目されましたよね。

今でも北朝鮮から拉致の解放を
されていない方がいると思います。

その中でも皆様ご存じなのが
「横田めぐみ」さん拉致事件です。

今回は横田めぐみさんの拉致事件について
振り返るのと、2017年現在の横田めぐみさんの
生存や母親と皇族の関係も噂される彼女と金正恩
氏の真実を追ってみようと思います。




Sponsored Link

横田めぐみさん拉致事件の経緯

横田めぐみさんが拉致されたのは
1977年11月15日、当時
横田めぐみさん13歳でした。

いつも通り、朝起きて家族と朝ご飯をとっていました。

これが横田めぐみさんとの最後のご飯だとは
だれも家族は思っていなかったはずです。

学校に行き、バトミントン部で活動していた
こともあって、いつものように部活をして帰宅しました。

その帰り道に北朝鮮人工作員に拉致をされたのでは
ないかと言われています。

工作員に連れられて新潟の海から北朝鮮まで
40時間かけて北朝鮮まで連れていったらしいです。

横田めぐみさんを北朝鮮が拉致した理由は?

北朝鮮は、なぜ日本人を拉致したのでしょうか?

真相はわかっていませんが、これについては
次のような説があります。

すなわち、北朝鮮は、朝鮮戦争の休戦後も、韓国を
社会主義化して朝鮮半島を統一しようとしてきました。

しかし、当時、韓国人をよそおって北朝鮮から
韓国にスパイを送り込むことは難しかったので
日本人をよそおって韓国にスパイを送り込むという
方法が考えられました。

そこで、日本人を北朝鮮に連れ去った上で北朝鮮の
スパイをその日本人になりすまさせたり、その日本人を
北朝鮮のスパイに日本の習慣や日本語を教える先生にしたり
しようとして、日本人を拉致したのではないか。

と言われています。




Sponsored Link

2017年現在の横田めぐみさん

2017年現在、横田めぐみさんは
生きているのでしょうか?

少し遡って横田めぐみさんの現在について
調べてみました。

2004年に「死亡した拉致被害者たちについて再調査する」
と当時の首相小泉純一郎と約束されました。

北朝鮮が拉致をした人たちの死亡者名簿みたいなのがあって
その名簿内には横田めぐみさんが記載されていました。

そこで、北朝鮮は横田めぐみさんがすでに亡くなっていることを
証明するため、横田めぐみさんの夫だったという男性が
横田めぐみさんの遺骨を提出しました。

しかし、この遺骨をDNA側で鑑定すると
偽物だと判明したのです。

わざわざ偽物の遺骨を出すということは
横田めぐみさんは生きていて、北朝鮮の
裏の部分で何か使われていることが想像できますね。

ちなみに横田めぐみさんは現在2017年の
生存状況についてですが。

生きている可能性は、高いと言われています。

先ほどお伝えしたように、2004年に横田めぐみさんの
遺骨だということで北朝鮮は提出したが、わざわざ偽物を
提出したということから横田めぐみさんは現在も生きていて
何か裏で関わっていると言われているのがこのような理由からですね。

実際北朝鮮の元工作員として1987年に爆破されたテロ事件
大韓航空機爆破テロの実行犯だった金賢姫氏も現在でも横田めぐみ
さんは生きていると思うと直近で発言しています。

横田ご夫妻の気持ちを考えたら本当に生きている間に
絶対会わせてあげたい。これが日本人であえば誰もが
思う本音ではないでしょうか。

横田めぐみさんと母と皇族の真実金正恩の母は?

1392年から1910年までの約520年間27代続いた
李氏朝鮮ですが、その朝鮮王朝最後の李 垠(り ぎん)皇太子に
嫁いだのが元日本の皇族(梨本宮方子女王)である李 方子(り まさこ)
皇太子妃です。

母横田早紀恵
出典:https://ameblo.jp/hidy0701/entry-11411195586.html
李 方子さんの娘さんは横田早紀江さんとなります。

この度拉致されたのが横田めぐみさんということから
横田めぐみさんには朝鮮王朝の血が流れているということで
(日本の皇族の血もですが)もし噂が本当であれば北朝鮮は
その血統が欲しかったからめぐみさんを拉致したのではいう
噂もあります。

横田めぐみさんの母の先祖を辿っていくとそういうことが
原因ではないのかとも言われています。

また現在北朝鮮の総書記である金正恩ですが
この金正恩の母が横田めぐみさんではないのか?

とも言われているのです。

先ほどお伝えした朝鮮王朝の血を受け継ぐという
意味では話が繋がりますね。

このような理由もあって北朝鮮は横田めぐみさんの
情報を開示しないのもわかる気がしますね。

まとめ

今回は横田めぐみさんの拉致問題について振り返って、現在の横田めぐみさんについて調査してみました。

今回調査したお話が事実でしたら、北朝鮮のトップ金正恩総書記の母が横田めぐみさんとも考えられますね。

どちらにしても両親のためにもいつか日本に帰ってこれる日がくるといいんですが、もはや他人事では済まされない数奇な運命に翻弄された横田家の最愛の娘めぐみさんとの再会が叶う事を同じ日本人として切に願うばかりです。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 蓮池薫アイキャッチ
  2. キム・ハンソルアイキャッチ
  3. 金正恩アイキャッチ
  4. 藤本健二アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて