北井小由里の整形と職場は風俗!たった43分殺害後アップルパイの味

この記事は4分で読めます

北井小由里アイキャッチ

昨年11月東京都港区の公園で生後まもない女児が埋められているのが現役保母によって発見された事件で逮捕された篤倍と北井小由里(23)被告。

当時就活で地元神戸から東京に飛行機で向かい、空港のトイレで赤ちゃんを出産後、殺害、死体遺棄した罪に問われています。

北井被告は元大学生当時風俗店で働いており、高額な美容整形を受けていたことがわかっています。

また赤ちゃん殺害後にアップルパイを購入する驚きの事実が世間をにぎわせています。

北井小由里被告の整形と職場は風俗、たった43分で殺害後のアップルパイの味についてお伝えします。

Sponsored Link

北井小由里の就活女子の新生児殺害事件

2019年11月3日午後、当時女子大生で翌日の就職面接のため、神戸空港から羽田空港に向かっていた衣料販売員北井小由里被告(23)は、羽田空港内の多目的トイレに駆け込み、女の赤ちゃんを出産します。

ところが誕生したばかりの乳児が泣き止まず、その場で赤ちゃんの口にトイレットペーパーを詰め込み、首を絞め殺害したといいます。

出産から殺害までにかかったのは、わずか43分間で、 この43分後の乳児殺害について北井被告は「パニックで頭が真っ白だった」と説明しています。

またその後、北井被告は、衣服もなくへその緒をつけたままの赤ちゃんの遺体を港区にあるイタリア公園に素手で穴を掘り埋めています。

当然、この穴も思い付きで場所を選び、思い付きで穴を掘ったもの、しっかり弔う為に台風や大雨でも大丈夫なように大きな穴を掘らなければと言う思考は全くなく素手で浅く適当に掘った穴の為、発覚されたと言われています。

若いとはいえ全てが場当たり的な犯行ですが、当然事件発覚で、殺人の罪に問われています。

今年9月15日の裁判で検察側は
「人1人の命を奪った責任は極めて重大。乳児殺害の理由として就職活動の邪魔になる為殺害したとは自己中心的で、極めて身勝手な動機」

と指摘、懲役7年の実刑判決を求めました。

北井被告は、「赤ちゃんに対して、申し訳ない気持ちでいっぱいです」

と涙ながらに述べ、弁護側は執行猶予付きの判決を求めています。

北井小由里の就活の正体と職場は風俗に絶句

北井小由里被告は、兵庫県の芦屋大学の元学生で、在学中に就活目的で東京に出てきて事件を起こしたとされています。

ですが事件後明らかになったのは彼女が性風俗店でアルバイトしていたことにも世間を騒然とさせました。

検察官: 2016年4月、兵庫県内の大学に入学すると、性風俗のアルバイトをするようになり、客との子どもを妊娠した。

一度は産婦人科を受診したが、中絶可能な22週を過ぎていたため、医師から『周囲の人と相談する必要がある』と言われたものの、母親に『妊娠していない』とウソをついて、その後、産婦人科を受診することはなかった。
(FNNプライムオンライン:引用)

北井被告は、性風俗のアルバイトで「多い時で月30万円ほどの収入を得ていた」と述べており、その金を「アイドルグループのオタク活動に使っていた」ことを明らかにしています。

また彼女の事件当時の職場については、神戸市内の衣料品店の勤務ということで報じられています。

具体的な勤務先の情報は少ないようですが、かなりバッチリメイクでアパレルの店員のようです。

北井小由里被告は就活で度々神戸から東京に足を運んでいたそうですが、事件を起こした後も就活をしていたことにもびっくりです。

風俗で子供ができてしまったことを誰にも相談できなかったことが悔やまれます。

北井小由里の事件前後の整形歴

北井小由里被告の事件後の整形歴にも注目が集まっています。

彼女は、事件前に鼻の整形手術に54万3100円使っていたそうで、「鼻を小さくする手術」を受けていたといいます。

また法廷では、19年の事件後にも、二重まぶたの整形手術に14万8500円を使っていると氏名入りの「領収書」を示されます。

ただ明らかに学生時代の過去の写真と違う顔立ちに北井小由里被告は二重まぶたの整形に関しては「受けていない」と事件後の整形手術については否定しています。

風俗で稼いだお金をオタクのおっかけだけでなく、高額な美容整形にも使っていたと思われますが、美容整形の目的についてははっきりしないようです。

赤ちゃん殺害後の美容整形が本当なら、幼い命を自分の手で絶ったことに何の痛みもなく日常を送ったことになり、彼女に非難が集まるのも当然といえるでしょう。

Sponsored Link

北井小由里の新生児殺害43分の命

北井小由里被告の空港内での出産と共に、その我が子である新生児殺害を、わずか誕生から43分後に、恐らくは何のためらいもなく殺害した事に衝撃が走ります。

この世に誕生して、たった43分間で実の母に命を奪われた赤ちゃんに憐れむ声があがっています。

本人は裁判で「本当に赤ちゃんに対して申し訳ない気持ちでいっぱいです」

涙ながらに「謝罪」の言葉を口にした北井被告ですが、ためらうことなく赤ちゃんを殺害したことに変わりはありません。

調べの中で彼女は、殺害理由について「赤ちゃんがいると、私の夢がかなわないと思った。」と話していたそうです。

風俗店で働くのも、オタクおっかけや美容整形などその時々の自身の趣味のためで、就活に邪魔となれば赤ちゃんでも捨てるという自分本位の非情な行いには同情の余地がありません。

求刑は懲役7年、殺人と死体遺棄の罪としては軽いのではともいわれていますが、判決は9月24日に言い渡される予定です。

北井小由里の殺害後のアップルパイ

若い女性の空港内での出産と、出産後の殺害にも驚きますが彼女の、その後の行動に更に衝撃的な事実が明らかになっています。

北井小由里被告は赤ちゃん出産から43分後に即殺害し、その後の足取りが空港内のカフェに直行。

そこで彼女はひと仕事終えて腹が減ったとでも言うのか驚く事に、アップルパイを注文し食している事が話題になっています。

殺害した我が子を袋に持ち歩いて、です…

北井被告は赤ちゃんを殺害後、空港内のカフェで、アップルパイとチョコレートのスムージーを注文し、その様子をInstagramにアップする為に写真撮影までしていました。

そして腹を満たした彼女は遺体を埋めるために、東京・港区の「イタリア公園」に向かったというのですが、赤ちゃんを運ぶのに「コンビニの袋に入れて紙袋に入れた」と答えています。

法廷では、実際に紙袋を抱える北井被告の姿を捉えた防犯カメラの画像が映し出されたそうですが、遺体とアップルパイを持ち腹を満たし、切り替えたかの如くインスタに画像を上げ次は遺体遺棄の為に平然と歩く北井小由里被告の心理は理解しかねます。

自分の将来を優先することよりも、望まない形で産まれた子の将来の難しさをより自覚して欲しかったと思います。

Sponsored Link

おわりに

この事件は就活女子が東京に上京して直ぐの出産を空港内でした事とそこでの殺害をしたこと、その後我が子を公園に遺棄した事が衝撃的な事件として報道されました。
当初は若い女性が未来の見えない若い彼との間に出来た我が子を疎んじて殺害したと思いきや乳児は風俗客との間の子供でした。
同年代で贅沢がしたかったのか楽してお金が欲しかったのかは分かりませんが令和の時代に機会はあったに違いないのに避妊もせず堕胎もせず産気づき仕方なく出産し産着の一枚さえ着せられずただこの世に誕生し僅か43分で産んだ母親に殺害された乳児を想うと心が痛いとしか言えません。
出産と殺害と言う人生誰もが経験する訳ではない事をやってのけ平然と直後にアップルパイを食べ遺体を適当に遺棄しまた顔を整形して事件発覚まで生きてきたこの北井小由里被告に7年の実刑で得られる事は何かあるのでしょうか。理解できる能力があるのでしょうかと思わずにはいられない事件だと思います。
つくづく親を選べず誕生して即殺害された哀れな乳児の冥福を祈りたいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 宮崎文夫アイキャッチ
  2. 橋詰知明アイキャッチ
  3. 重信房子アイキャッチ
  4. 菅野未里アイキャッチ
  5. 石原信明アイキャッチ
  6. 板野博行アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて