高岡由佳の現在!琉月るなに全てを捧げた超絶メンヘラの成れの果て

この記事は3分で読めます

高岡由佳アイキャッチ

2019年5月に親密な関係にあったとされる
ホストの男性を刺して逮捕された高岡由佳。

新宿歌舞伎町のホストとガールズバーの若い
女性が起こした刺殺事件です。

そして、驚きなのが殺人未遂者でありながら、
その容姿が画像などからかわいいと話題に。

なかには「こんな美人になら殺されたい」
と言う人もいるようです。

ホストるなと高岡由佳容疑者を刺殺事件にまで
追い込んだ真相とは何だったのか現在の判決までを
追ってみようと思います。

Sponsored Link

高岡由佳の歌舞伎町ホスト死傷事件

まず事件の全貌を振り返ってみましょう。

2019年5月23日午後、東京都新宿区のマンションで
男性のお腹を刺して殺害しようとしたとして、当時
21歳だった高岡由佳が逮捕されました。

刺された男性は、新宿歌舞伎町でホストをしていた
琉月るなさん(20)。

当時、高岡由佳とはホストと客という立場を超えた
親密な関係にあったようです。

高岡由佳は、琉月(るな)さんの為に借りたと言われる
自宅マンションで琉月さんのお腹を包丁のようなもので
複数回刺して殺害しようとしたようです。

琉月さんは病院に運ばれ重傷でしたが、奇跡的に
一命をとりとめました。

マンションの入り口付近で命からがら部屋から逃げた
琉月さんが血まみれで倒れている時、高岡由佳は
血がついた状態でその横に立っていたそうです。

高岡由佳に対して世間は「エキセントリックな女性」
というイメージを持ちました。

その後、高岡由佳は事情聴取で

「相手を殺して私も死のうと思い、お腹の辺りを包丁で刺しました」

と容疑を認め、逮捕されました。

先日の判決では被害者の琉月との示談(500万円)を
支払う事で成立してあることもあり判決は懲役
3年6カ月が判決として出されました。

高岡由佳の現在の初公判言い分に絶句

なぜ、高岡由佳は親密にしていた相手を
殺そうとしたのでしょうか。

彼女の供述にいると

「好きで好きで仕方なかったから」

ということです。

高岡由佳は、琉月さんに片思いをしていました。

彼は歌舞伎町でNO.3のホストで、事件の半年前に
偶然彼女が働くガールズバーに来店したのを
きっかけで二人は知り合います。

その後、高岡由佳が琉月さんの働くホストクラブに
通うことになり、彼はお店でNO.1のホストに。

その後親密な関係になっていたようです。

しかし、琉月さんには交際しているという意識はなく、
またホストという仕事柄、他の女性とも親密な関係に
なっていることに高岡由佳は嫉妬し、

「どうすれば私以外を見ないようになるのか。殺せばいいと思った。愛してます」

とスマホのメモに残し、琉月さんを刺したようです。

琉月さんへの片思いが高まる一方で、彼と正面から
向き合えないことで愛情が「殺人」というあり得ない
方向に行ってしまったようです。

Sponsored Link

高岡由佳の琉月るなの為にパパ活風俗で全てを捧げる

高岡由佳は、当時新宿のガールズバーの
店長として働いていましたが、経営不振により
お店が閉店してしまいます。

その後、渋谷の風俗店で働くことになったようです。

また、その一方でデートなどの対価として金銭を
もらう“パパ活”も行い、お金を稼いでいました。

そして、2日に1度ほど琉月さんの勤務する
ホストクラブへ来店し、琉月さんを指名して
一晩に数百万円使っていたようです。

1番多い月には1カ月で250万円もの大金を琉月の
お店で使い込んでいたようです。

稼いだすべてのお金を琉月さんのために費やし、
琉月さんをNO.1のホストへと押し上げたという
健気な愛情からは、少し同情もしてしまいますね。

高岡由佳はメンヘラの成れの果て?

裁判での供述内容である

「好きで好きで仕方なかったから刺した」

という言葉から垣間見える度が過ぎた愛情と、
相手を殺して自分も死ぬつもりだった自殺を
ほのめかす発言から、かなり精神的に病んでいた
と思われます。

愛情から「死」へと発展させる考え方は、
よく言われる「メンヘラ」と呼ばれる状態に
陥っているような印象を持ちますよね。

また、その異常な感情をよく表していたのは、
逮捕されて連行されていく際に撮られた笑顔です。
ホスト刺殺
人を一人殺したかもしれない状況で笑えるというのは、
どう見ても正常な精神状態ではありませんよね…。

大変ショッキングな瞬間でした。

今回の裁判での懲役3年6カ月の判決が呼ばれる
間も号泣して泣き崩れる姿を見せた高岡由佳容疑者。

21歳と充分に若すぎる彼女が、ここまでハマった
魅力が歌舞伎町でホストとして働く琉月にあった
のか?

彼女が恋愛体質だったのか?

恋は盲目とは言う物の、この事件が起きた背景には
やっぱり人の心をとらえる事の出来ない男女特有の
痴情のもつれは何時の時代もあるのだな~と思わざる
得ませんが、どうか高岡由佳容疑者には立ち直って
欲しいと思います。

刺したとはいえ、相手に更なる示談金も払い(500万円)
実刑での3年6カ月という年月を彼女は、どう乗り越えて
いくのでしょうね。

第三者から見てバカな事して~と単純に笑えない
事件だな、と思える事件でした。

Sponsored Link

おわりに

先日、この事件に関する裁判が行われ、「反省」の意を示していた高岡由佳。その裁判で、被害者となった琉月るなさんが、刑事罰を求めないという嘆願書を提出したことで世間は驚きましたよね。どうやら、裁判の前に高岡由佳から送られてきた手紙が、琉月さんの気持ちを動かしたようです。高岡由佳には自分の犯した罪と向き合って、もう一度正しい人生を歩んでいってほしいものです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 佐野太アイキャッチ
  2. 久保木愛弓アイキャッチ
  3. 足立朱美アイキャッチ
  4. 野原康佑アイキャッチ
  5. 飯塚幸三アイキャッチ
  6. 門田典子アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて