佐藤剛の同乗者特定!土木会社社長の華麗なる経歴と逃亡疑惑の闇

この記事は7分で読めます

佐藤剛アイキャッチ

昨年の9月に起きた猪苗代ボート事件で豊田瑛太君8歳が死亡、その母親が両足切断、兄が負傷、友人も重症と言う凄惨な水上で起きた事件の容疑者として丸1年後佐藤剛(44)が逮捕されました。

事件発生から1週間後、ネット掲示板の爆サイやインスタでも話題になっていたらしい佐藤剛容疑者の同乗者一同がだんまりを決めて逮捕が贈れたこの事件。

事件から1週間後に同乗者からの爆サイの書き込み内容や、彼の経営する福島県いわき市に本社のある土木会社も特定されています。

佐藤剛の土木会社本社の経歴、同乗者が10名も居ながら悲惨な事故現場から逮捕までの1年もの間何故黙認していたのか、爆サイ書き込みについてもお伝えします。

Sponsored Link

佐藤剛の猪苗代ボート殺人事件

2020年9月に、福島県会津若松市湊町地内にある猪苗代湖で水上レジャーを楽しんでいた男女4人が、プレジャーボートに巻き込まれ、8歳の豊田瑛大(とよだえいた)くんが死亡し話題となった猪苗代ボート殺人事件。

業務上過失致死傷の疑いで、土木会社会社役員「佐藤剛(さとうつよし)」容疑者(44)が1年の月日を経て逮捕されています。

2020年9月6日、福島県会津市猪苗代湖の中田浜アリーナで水上レジャーを楽しむため、豊田瑛大くん(8)ら家族4人はライフジャケットを着て水上に浮かび順番待ちをしていました。

そこに佐藤剛容疑者(44)が運転するプレジャーボート(クルーザー)が、豊田瑛大くんたちを巻き込み豊田瑛大くん(8歳)は頭部外傷で死亡。

豊田瑛大くんの母親である舞子さんは両足を切断し、豊田瑛大くんの友人である中澤翔愛くんは大けがを負い、豊田瑛大くんの兄も軽いケガを負いました。

翌年2021年9月14日、猛スピードで船を操縦し事故をおこした、として業務上過失致死の疑いで逮捕された佐藤剛容疑者は、「身に覚えがない」と容疑を否認しています。

関係者によると、事故当時の状況などから佐藤容疑者は、周囲の安全を確認するために法令などで義務付けられている「見張り」と呼ばれる監視役を設けずに航行していた可能性が高いといいます。
(ヤフーニュース:引用)

また彼は、この事件後明らかに事件隠ぺいの為に被害者を巻き込んだボートエンジンをつけかえ、ボートの加速や最高速度が上がるようにしていたそうです。

警察は、佐藤容疑者が必要な注意義務を怠ったとみて、当時の状況を詳しく調べています。

佐藤剛の「ヤバい」の動画と同乗者口止めに絶句

これほどの大惨事と無残にも8歳の瑛太君と、その母舞子さんの両足切断と言う大事故を起こした佐藤容疑者は、現場で第惨事となった被害者らを放置して逃げ帰っています。

事件当時同乗していたと言われる10人に対しても、「何もなかったよな。」と口止めをしていたことが判明しています。

彼のこの10人への口止めがきいて、約1年もの間事件の犯人として捕まらなかったことには絶句ですね。

また同乗者が撮影した航行中の動画には、船上で異変に気づき「やばい」と慌てる声も記録されていたといます。

そして船が瑛太君らを巻き込みはねた後、そのままその場を去る様子も同乗者の動画に写っていたそうです。

船に10人も乗っていながら事実逃れをし、1年経ってからの逮捕にあぜんとしますが、同乗者を従わせる立場にあった佐藤剛とはどんな経歴の人物なのでしょうか。

ひどい事故を起こした認識がありつつ逃亡した佐藤容疑者の責任は大きいといえます。

佐藤剛のボート事件後の隠ぺい内容に絶句

この悲惨な事故の凶器となったプレジャーボートは12人乗りの大型プレジャーボートです。

ただ現在明らかになっている情報によると佐藤剛は、このボートに最初から整備されているエンジンより大きくスピードが出るエンジンに取り換え乗っていたようです。

猪苗代湖と言う水上を走るボートは人を巻き込み死亡させても、猛烈なスピードと水との摩擦の中水上を走る為、車上を走る自動車事故より分かりにくい上に恐らくは船舶上も違法だったため佐藤剛はエンジンを丸ごと交換。

佐藤剛は事件前にプレジャーボートのエンジンの加速速度を最高速度を出す為に付け替えていました。

その為事件後、事故隠ぺいの為エンジンにあたるスクリューを、通常の物と交換していた事実も明らかになっています。

Sponsored Link

佐藤容疑者プロフィール

名前:佐藤剛(さとう ごう)
年齢:1977年(44歳)21年9月時点
職業:株式会社佐藤剛建(会社社長)
住所:東京都中央区勝どき

佐藤剛の土木会社いわき市本社の経歴が凄い

佐藤容疑者が役員を務める土木会社は、いわき市に本社を置く「佐藤剛健」(福島県いわき市泉ヶ丘3丁目43番地の10)といわれています。

足場資材の販売や買取専門会社を手掛け、いまや東京営業所や横浜営業所も抱える、大きな会社で、海外進出も進めているのかミャンマー営業所も開設準備中といいます。

その為、このボート事件後ミャンマーへの逃亡も視野に入れて佐藤剛容疑者が考えていたとも、伝えられています。

そして現在社長として代表を務めるこの土木会社「佐藤剛健」の創業者は佐藤容疑者の母親だったという噂があります。

なんでも「佐藤剛健」は、創業20年を超える会社だといいますが、母親がやり手で震災(東日本大震災)バブルで一気に会社を大きくさせた成り上がった会社だとか。

また。いわき市に本社があるこの会社が、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、今年2月に同市に空気清浄機を寄贈していたというニュースが出ていました。

市の担当者は「ぜひ医療機関で使ってほしいとのことだった。志のある人だと思ったのに……」と言葉を失っていたそうです。
(ヤフーニュース:引用)

いわき市内の医療センターでも、市を通して「佐藤剛建」から空気清浄機をもらった実績があるようです。

震災以降現在まで、地域に社会貢献して信頼を得ていたはずの企業の名声を、この事件で一気に落としてしまったといえるでしょう。

佐藤剛の同乗者特定明らかに

事件の主犯でありプレジャーボートの持ち主である佐藤剛が1番の容疑者である事に変わりはありませんが、それでも休日を利用してのウインタースポートとあり同乗者は10名いた事が明らかになっています。

その同乗者は全て会社関係者、恐らくは会社社長と言う立場上その地位を利用してボートの同乗者に強く口止めをしたのだろうと考えられています。

事故後、同乗者は一同に「わからなかった、知らなかった」と10名が口を揃えて話していました。

事件以降、ボート同乗者による動画撮影をしており佐藤剛容疑者の「ヤバい」と言う発言もしっかり入っていながら1年もの間事件の犯人として浮上しなかったのは、今回佐藤剛容疑者逮捕の結びとなったこの動画の要因が大きいからと考えられます。

要するに9月の猪苗代湖にてボートやジェットスキーなど人気スポットと言え7月8月の繁盛期と違い、数台のボートが出ていたにしても、どのボートが9月6日に猪苗代湖に出ていたのかは明確だったはず。

もちろん12人乗りの大きなボートで、そこに10人の同乗者が存在した事も、名前も既に分かっていた事でしょう。

この佐藤剛容疑者の仲間界隈では、佐藤剛はじめ、この事件当初の同乗者の名前も面子も、相当話題になっていた事でしょう。

ただ佐藤剛が事件を無視し、隠ぺいした事によって口に出して同乗者らも事件を語る事が出来なかっただけ。

今回1年もの月日が経過して逮捕の運びとなったのは、この同乗者による証拠動画がきっかけだった事からも、同乗者からの動画提供が警察にあったのは間違い無く、事件当初は佐藤剛容疑者の強い口止めで”だんまり”を決めていたこの動画。

でも1年後、同乗者らからの動画提供があった事で佐藤剛容疑者を逮捕となった事を考えても、如何に佐藤剛容疑者との力関係や、精神的な支配力があったかが分かります。

ビジネス上の関係で、力関係が佐藤剛の方に強くあったとしても10名もの大人が同乗していての、あれほどの大惨事。

この1年もの長きに渡り誰1人異論を、唱えなかったと言う事に驚きを通り越して怒りを覚える程です。

ちなみに証拠となったこの事件当時の動画は現在既に出回っていますが、顔が分かるのは佐藤剛容疑者のみ、他の同乗者にはモヤをかけてあり一切分からない状態に編集されているようです。

事故直前の「ヤバい」と言う発言も佐藤剛容疑者の「身に覚えがない」と言う言い訳が如何に虚偽に満ちた発言なのかが分かります。

事件後「警察から事情を聴かれて捕まるかも」と話していた佐藤剛。

この事件により1人の少年を殺害し、その母親、友人、兄を巻き込む大惨事な事件を起こしながら自らの逮捕のみに怯え、同乗者らを口止め事件を隠蔽。

明らかに事件によってほぼ即死と確認できる状態の我が子を目前に、自らも両足を巻き込まれ瀕死の状態だった被害者母親らを救済もせず、我が身の保身ばかりに走り1年もの間、無視を決め込み逮捕後も「身に覚えがない」と言い続ける佐藤剛容疑者のこの猪苗代ボート事件は、言うまでもなく、かなり悪質な事件です。

佐藤剛の猪苗代ボート事件は爆サイ書き込み

地元ネット掲示板「爆サイ」では猪苗代湖でボート事故を起こした犯人が、佐藤剛容疑者であったことが昨年の事故発生から1週間以内に既に噂されていたことが分かっています。

恐らくあれだけの事件、力関係のある佐藤剛が口留めした事により、公にして事件当時を語れないにしても同乗者らにも、罪の意識はあったはずでしょう。

同乗者らの中から事件後、匿名掲示板である「爆サイ」に佐藤剛が事件隠ぺいを扇動したと言う情報は仲間らがリークしていたと言います。

地域版「爆サイ」の書き込みに記してあった内容は、このような内容です。

・9月12日08:46 佐藤剛健まだ逃げてんのか

・9月12日08:55 引いたやつは確実に自覚してる
呪いでどうなることやら

・運転士はブイにぶつかったと思ったらしい

・そりゃそう言い訳するよな
夜な夜な枕元に立たれて苦しむぞ

匿名書き込みの為と佐藤剛からの強い口止めから最初の「佐藤剛健」を本来のから健にしたのは書き込み事体が同乗者からの情報だと言う事がバレないようにワザと間違えて書き込んだといわれています。

今年9月になって業務上過失致死傷の疑いで逮捕された佐藤剛容疑者は、約1年前の事故当時から爆サイで名前があげていたのです。

ネット上では、事件当時から佐藤容疑者が犯人との噂がみえ、彼が当時酒を飲んで運転してたとか、事故の替え玉もいたとかで地元で話が出ていたなど、かなりよくない評判があがっていたようです。

さらに、彼の会社名「佐藤剛健」についても、事故の起きた2020年9月には爆サイで特定されていたようです。

悪質な行いで死者、重症者を出しながら、同乗者共々事実を隠し、その結果1年もの時間を費やしてしまったわけですが、早急な事件解明が期待されます。

佐藤剛の性格もヤバい

佐藤剛容疑者の性格もヤバいという評判で、彼のインスタグラムではその豪遊ぶりや派手な交友関係が見え話題になっています。

社長らしさを誇示するかのように、高級な車やブランドを身に着け、豪華な食事をする様子などが投稿されていたといいます。

有名なスポーツ選手などと一緒の写真もあり、有名人との交友関係をひけらかしている場面も出されておりかなりフォロワー数も多かったとか。

ところが学生時代の同級生によると、彼は親の作った大きな会社のお坊ちゃまで、昔から調子のいいことを言い嘘ばかりつく人間で、友達もいなかったといわれています。

インスタなどでも佐藤容疑者の知人らが色々と彼について暴露しているところなどをみると、周囲の人たちにも何かしら不満があったものと受け取れます。

佐藤容疑者の大会社社長の華やかな顔とは別に、周りから疎まれる傲慢さや自信過剰な部分が消えず事件につながったと言えるでしょう。

Sponsored Link

おわりに

福島県の猪苗代ボート殺人事件で逮捕された佐藤剛容疑者は、いわき市で母親が創業したとされる土木会社の会社役員の経歴があり、爆サイでは1年前から彼が犯人らしいとの噂が出て話題となっていました。
誰もが犯人と連想できるほど彼の性格もヤバく、水上のひき逃げ事故の中でもあまりに悪質な事故と容疑者と同乗者のあまりに悪質な事故の逮捕は1年もかかり遅すぎると言う印象しかありません。被害者となった瑛太君と両足を失う事となった母親や他2人の被害者少年らの無念を果たす為にも逃げ得は絶対に許さないと言う姿勢で、法の規制も含めた厳しい処罰が下され今後の事故の抑制になればと期待します。
最後に、大人の身勝手な虚栄や慢心により起こった今回の事故で想像を絶する恐怖に、恐らくは一瞬で僅か8歳の若さでこの世を去る事になってしまった豊田瑛太君のご冥福を心よりお悔やみします、ご両親の無念が晴れます事を是非佐藤剛の起こした今回の猪苗代ボート事件を明確な殺人未遂事故として被害者が納得できる形で罰される事を祈りたいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 井上嘉浩アイキャッチ
  2. 佐野太アイキャッチ
  3. 野原康佑アイキャッチ
  4. 久保木愛弓アイキャッチ
  5. 吉田和人アイキャッチ
  6. 安保王子アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて