塚原千恵子のパワハラと評判!若い頃から朝日生命で女帝で勘違い?

この記事は5分で読めます

塚原千恵子アイキャッチ

またも新たなスポーツ界のパワハラが被害者であるはずの
選手宮川紗江本人からの「処分が重い」発言と女子強化本
部長塚原千恵子に対するパワハラ発言が波紋を呼んでいる。

日本体操協会の女子強化本部長でもある塚原千恵子の
明らかとなったパワハラ内容と過去の評判が悪評過ぎて
体操業界の闇まで浮上している状態だ。

若い頃から朝日生命で女帝として君臨している塚原千恵子と
その夫光男氏の言い分は果たして通るのか?

世間を敵にした体操業界の闇を追ってみよう~

Sponsored Link

塚原千恵子の宮川紗江へのパワハラが止まらない!

問題となったのは2016年リオ五輪日本代表選手
宮川紗江(18歳)のコーチであった速水佑斗コーチ
が宮川紗江の指導中に暴力行為があったとして
日本体操協会が無期限の登録抹消処分を下した。

これに真っ向から反論したのが加害者であるはずの
宮川紗江(18歳)
宮川紗江
コーチ(速水佑斗)氏からの暴力はあったとし認めるも
目標としていたのが

『速水コーチと一緒に東京五輪で金メダルを取るのが夢』

だったとし「処分が重すぎる」と反論したのだ。

そしてそれに至る経緯が日本体操協会と女子強化本部長
である塚原千恵子からのパワハラ発言と圧力が関係している
事を記者会見の場で18年8月29日に発言している。

塚本千恵子のパワハラ疑惑がリアル過ぎ

内容です。

宮川紗江選手が直接塚原千恵子強化本部長に呼び出された
のが先月の7月11日。

部屋に呼ばれ「速水コーチは合宿に参加できない」

その上で
『速水コーチの暴力を認める事。そうでないとあなたが厳しくなる。あのコーチはダメ。だから伸びない。私が教えれば100倍良くなる。このままでは東京五輪にも出場することが出来なくなる』

この塚原千恵子強化本部長のパワハラに負けじと
宮川紗江さんも反論。

『怖くて何も言えなくなる先生でなく、言いたい事が言える先生です。これからも家族と先生を信頼して一緒にやっていく』

この毅然とした言葉に対して

塚原千恵子強化本部長は更なる逆襲として
ムカついたのかこう言い放つ。

『家族でそういうのはおかしい。宗教みたい。オリンピックに出られなくなるのよ』

この有無も言わせぬモノ言いに宮川紗江は
強化本部長の塚本千恵子に
『精神的限界・・・帰りたい』と合宿途中で塚本千恵子に
言うもそれ以上は言えなかったらしい・・・

これらの内容を全て29日の会見で明かした宮川紗江
は全てを自らの口で打ち明け
『権力に支配されない協会になって欲しい』
訴えまたこのような強化本部長の強引なやり口に
辟易したのと練習環境が信頼関係のあった速水コーチ不在
である事から世界選手権代表選手でもあったが辞退も表明
している。

当然無期限の登録抹消処分を受けた速水佑斗コーチも
今月20日に処分無効の訴えを東京地裁に仮処分として
訴えている。

Sponsored Link

塚原千恵子の若い頃

1947年8月12日生まれの現在71歳の塚原千恵子
強化本部長は1967年全日本学生体操競技選手権
大会で個人優勝、全日本選手権でも5位入賞の
好成績を残す当時の体操界のカリスマとして活躍。

1968年メキシコオリンピックでは女子個人総合19位。

女子団体では4位入賞。
塚原千恵子
悪いけど著書まで出してるみたい・・・

この時代の女子体操界を牽引する活躍をした女性の
一人である事と夫である塚原光男氏もまた男子体操で
オリンピック3大会で金メダルを獲得。

鉄棒では(ムーンサルト)を編み出し跳馬では(ツカハラ跳び)を
編み出した男子体操界でも第一人者として活躍した日本
代表選手を夫に持ち。

息子はアテネ五輪で男子団体メンバーとして金メダルを獲得
し親子二代にわたり日本史上初の父子金メダリストとしても
知られる体操一家でもある。

千恵子強化本部長自身は1972年に現役引退と同時に
光男氏と結婚。

その後は体操界の指導者として1984年ロサンゼルスオリンピック
1988年ソウルオリンピック、2008年の北京オリンピックと
体操女子の監督を務めるなど体操界では知らない人がいない
レベルの活躍と活動を今に至り行っている。

尚朝日生命体操クラブは1974年発足。

塚原体操センター副校長としても名を連ねている。

塚原千恵子の悪評の数々

自身が女子強化本部長として女子監督を務める
朝日生命から強い選手、2020年のメダリストを
排出することこそ強化本部長としての腕の見せ所
なのは言うまでもない。

ただ、塚原千恵子強化本部長のやり方は今回の
告発者である宮川紗江(18歳)と無期限登録抹消
された速水佑斗監督のような関係を築いての選手
を誕生させるつもりはないらしい。

というのも、今回のまさかの被害者宮川紗江本人の
パワハラ告発によって明らかとなった体操界では
強く育った可能性に満ちた選手を、朝日生命体操
クラブに引き抜くのは多々あった事だという。

8月29日の宮川紗江選手の告発記者会見から
翌日の30日にバルセロナ五輪銀メダリストで
タレントでもある池谷幸雄さんも自身が主催する
体操クラブに所属する日本代表選手の村上茉愛選手も
引き抜かれそうになった事があると告発。

『朝日生命に引き抜かれ入っているという選手がたくさんいるのは把握している』
とハッキリ告白している。

またロサンゼルスオリンピックの金メダリスト
森末慎二さんも情報番組「ビビット」で同日

『30年前くらいからこうゆう噂はありました。出て欲しいとは思ってましたが、なかなかこうゆう発言をする選手はいなかった』

塚原夫妻に対しても
『協会の中で夫婦でこの立場にいるのも普通に考えておかしい』

『NOという人を排除してイエスマンだけ残していくって事でしょう』

二人とも塚原夫妻を庇う気ゼロらしいW

これだけ体操界で活躍した言うなればレジェント的
存在である池谷幸雄さんと森末慎二さんのリアルな
発言からしても、もはや庇いきれない~の悪評・・・

池谷幸雄氏は千恵子本部長の事をこうも評している。

女子体操界の『完全なるドン』

何だか今年はドンとかカリスマとか世界のとか・・・
凄い色々出てくるから怖いです・・・

まだまだ本当なら現役選手から、ダメ出しの一声が
欲しい所ですが・・・

現状悪評はいくらでも出てきそうな雰囲気と言えるでしょう。

塚原千恵子の朝日生命での女帝ぶりとKY?

女子体操界の完全なる『ドン』的存在である
塚原千恵子本部長の盤石の地位を確保するためにも
必要なのはやっぱり著名な実力選手と未来のメダリスト。

宮川紗江選手自身もこう会見で言っている。

自分では言いにくいが私は世界選手権や五輪でメダルが取れる選手。
私が朝日生命に入る事で注目され利益を得ると思う。私を入れる為に
速水コーチが邪魔で、そうゆう力が動いたのではないか・・・

まさにその通りだよ!としか言いようがない見え透いた
塚原千恵子本部長の汚すぎるやり口。

それをまた夫である光男氏が宮川紗江選手(18歳)の
勇気ある発言を、こう一括した事がまた更なる沼の
始まりかもしれません。

『全部嘘』・・・

悪っって突っ込みたくなる反論がかなり寒いです。汗

おいッって突っ込みたくなる微妙過ぎる反論に
世間の疑惑はより一層濃厚になる事には気が付いて
いないみたい。この夫婦・・・・

妻千恵子夫妻は夫婦でドン状態で千恵子強化本部長は
女帝でそんで塚原夫婦はかなりのKY?なのかな・・・

この場に及んで何の利益もない18歳の未来ある
選手が「全部嘘」言って何の得があるのですか???

これが分からないのかな~と残念なお知らせを聞いた
気分です・・・

Sponsored Link

おわりに

この後の展開が益々読めない体操界のひと悶着はどう決着をつけるのでしょう。でも思うのです。どうか若く才能のある宮川紗江ちゃんの才能の芽を摘む事だけはやめて下さい。そしてそれを真摯に育ててきた速水佑斗コーチを登録抹消とか意味不明です。もうこれは世界の山根明同様退任してもらうしかないかも~と思えたりしますが結末から益々目が離せそうにありませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 片山晋呉アイキャッチ
  2. 荒川静香アイキャッチ
  3. 坂本花織アイキャッチ
  4. 片山来夢アイキャッチ
  5. 村主章枝アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて