イ・ジュンソク国民の力代表のWIKIと経歴!4年後の大統領候補

この記事は4分で読めます

イ・ジュンソクアイキャッチ

6月11日に韓国の保守系最大野党「国民の力」の党代表選が行われ、新代表に選出されたイ・ジュンソク氏に注目が集まっています。

党大会でイ氏は得票率43.8%で1位となり、韓国の主要政党で30代が代表に就くのは初めてだといいます。

イ・ジュンソク氏は36歳と若く、国会議員経験もないことに古い韓国政界に激震が走る一方、世代交代を実現したフレッシュな野党リーダーに韓国民は大きく期待を寄せています。

若手ホープのイ・ジュンソク国民の力代表の驚きのWIKIと経歴、未来の大統領候補の評判についてお伝えします。

Sponsored Link

イ・ジュンソクWIKI

氏名:イ・ジュンソク
生年月日:1985年3月31日(36歳)21年7月時点
出生地:韓国ソウル特別市
出身校:ハーバード大
職業:「国民の力」代表
所属政党:国民の力
在任期間:2021年6月11日~

イ・ジュンソクの経歴

現在36歳と若いイ・ジョンソク氏のこれまでの経歴を追ってみましょう。

・ソウル科学高校(韓国随一の公立英才学校)・KAIST(韓国科学技術院)に入学(1年で中退)
・名門アメリカハーバード大学に進学、コンピューター工学と経済学を専攻。
・2011年:卒業後韓国に戻りアプリ開発のベンチャー企業を設立・経営。パククネ元大統領に抜擢され当時の保守系与党に26歳で入党。パククネ元大統領の弾劾に賛成し離党。
・2012年:野党の合併にあい最大野党に入る。
・2014年:革新委員長就任。
・2016年~20年:国会議員選挙に3度出馬しているが落選、国政経験なし。
・2021年:6月11日「国民の党」代表に選出。

イ・ジュンソク国民の力代表への経緯

国政経験もなく、派閥や組織もないイ・ジュンソク氏が、なぜ最大野党代表となれたのか、当然ながらその経緯に注目が向けられています。

彼の出馬当時、まさか彼が党代表となるとは誰も思っていなかったといいますが、出馬宣言後YouTubeやFacebook等のSNSに彼の活躍するテレビ討論の番組などがアップされると、たちまち脚光を浴びることに。
(ニューズウィーク:引用)

彼を見た20代、30代の同世代の若者が彼に惹かれ、大きく好感をもったのには理由がありました。

若者の立場を代弁できる優れた能力・話術

若者らは、意思表示が明確で、相手の年齢や経歴にかかわらず、その主張の誤りを理路整然と論じるイ氏に共感したといいます。また既存の政治家が、古風な儒教的思想により年寄りや先輩に配慮し発言を控えるのとは違い、イ氏のはっきり意見を出す姿に感動しました。

度を越えたクオーター制(特に女性)の実施に明確に反対

実力最優先を掲げ、女性の雇用拡大や差別改善のため行われたクオーター制(積極的雇用改善措置制度)の無理な拡大に反対したイ氏は、それに共感する主に20代、30代の男性の心をとらえ人気を拡大しました。

これまでの政治家はクオーター制についての言及を控えたり、選挙の女性票を気にして擁護する、などの発言を繰り返するだけでしたが、彼の明確な反対はクオーター制で立場を奪われそうな若者男子の強い味方となったようです。

若者たちは、強烈な印象を持つイ氏の毅然たる姿勢を流す映像をSNSに毎日のように投稿、そのおかげで30代の党代表が誕生したといわれています。

今時のSNS発信力を駆使したイ氏には、無名の存在から一躍次世代の大統領候補との声が高まっています。

Sponsored Link

イ・ジュンソクが未来の大統領候補?

韓国大統領選は来年22年3月ですが、韓国憲法の規定で大統領の被選挙権は40歳以上、大統領選前1年間は党代表を務めることができないことにより、イ・ジュンソク氏は来年の大統領選には出馬はできません。

イ氏はそれでも次の次となる近未来の大統領選では有力な大統領候補と早くも予想されています。

韓国では与党を野党が支持率で上回ると言う大きな異変が出ているのはもちろん、イ・ジュンソク氏の登場で若い人が政治に興味を持ちだしています。

そして彼の出現は、来年の大統領選の行方に大きく影響するのでは、ないかとまでいわれています。

2016年のパククネ前大統領の弾劾による分裂などで、「国民の力」は支持率の低迷が続いていましたが、ムン政権も不動産価格の高騰を招き若者離れが著しかったといいます。

韓国の保守勢力は60代以上の支持が厚いため、イ氏の若年層攻略は大統領選の大きな支えとなります。

イ氏は代表選出後の演説で「世の中を変えることに賛同し、固定観念を捨ててほしい」とし、「我々の至上問題は大統領選で勝利すること」、「さまざまな大統領選候補やその支持者と共存できる党をつくりたい」(Wow!Korea:引用)と語り、意欲を新たにしています。

イ・ジュンソクの評判

韓国最大野党「国民の力」の新代表となったイ・ジュンソク氏の評判は、どのようになっているのでしょうか。

イ氏は、世間では政治経歴が短いことが伝わっているものの、高いコミュニケーション能力や若さで派閥政治をきっぱりと批判し、既存政治改革を望む20代から30代の若い男性らの熱狂的支持を得ています。

イ氏の持論の「公平な機会」「公正な競争」の理念は、年齢や地位を問わず、皆に同じ機会が付与されるべきで、自身の能力のみで競争するということを指しています。

ムン・ジェイン政権のスキャンダルで偽善や不正にうんざりし、経済政策失敗により史上最大の就職難に直面する若者の怒りをくみ、それを見事に代弁し希望に導く救世主がイ・ジョンソク代表だったといえるでしょう。

また世間では彼の30代という若さ、行動力、ハーバード大卒ベンチャー企業出身などにも魅力を感じ新しい風を期待する向きが大きいようです。

現在の次期大統領最有力候補のユン・ソクヨル前検事総長も「国民の力」と接触し、入党の可能性が取り上げられており、公正を貫くにぴったりのユン氏とのタッグも見え、イ旋風の勢いはまだまだ増していくものと思われます。

Sponsored Link

韓国の腐敗政治が止まらない?
ユン・ソクヨルの経歴と家族!嫁が超美人の資産家の評判は硬骨漢
ムン・ジェイン末路はブタ箱?無能大統領の3大政策の結果が大悲劇
チョ・グクの問題は偽装工作がヤバい!韓国民疑惑の詳細と崩壊の闇

おわりに

韓国最大野党「国民の力」の新代表になったイ・ジュンソク氏。彼は名門ハーバード大学卒ベンチャー企業出身で、国会議員に3度落選と政治経験の少なさが話題になっていますが、36歳の若さとSNSを駆使した手法で絶大な若者の支持を得、4年後の大統領候補として期待されています。
現政権でひっ迫した経済下にある韓国に、変化を求める国民が声をあげニューヒーローとしてそれを先導するイ・ジュンソク氏の今後の手腕に熱い期待が集まっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. フジモリ大統領
  2. 木下富美子アイキャッチ
  3. カマラハリスアイキャッチ
  4. 中曽根康弘アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて