茂木敏充は人望がないと言われる理由や性格!経歴は文句なしの英語力

この記事は4分で読めます

茂木敏充アイキャッチ

第4次安倍第2次改造内閣で、以前より新たな
外相として噂されていた茂木敏充氏が見事外相
に任命されました。

過去に外務大臣としても活躍した茂木敏充氏
の外相任命は、その華やかな経歴からしても納得
の英語力も持ち合わせた人物です。

ただ一角の人物にはありがちの、人望が微妙な
一面もある茂木外相の人望が無いと言われる理由や
性格も含めた評判などを追ってみようと思います。

Sponsored Link

茂木敏充プロフィール

氏名    茂木敏充(もてぎ としみつ)
生年月日  1955年10月7日(63歳)19年9月時点
出身地   栃木県足利市
最終学歴  米ハーバード大学大学院修了
所属政党  自由民主党(竹下派)
現職    衆議院議員(外務大臣)

茂木敏充の経歴

茂木敏充経歴
自由民主党所属の衆議院議員や内閣府特命担当大臣を
現職で勤め、過去には経済再生担当大臣などもにも
担ったことがある茂木敏充氏。

政治に詳しくない人でも、1度は名前を聞いたことが
あるはずです。

2019年9月11日の第4次安倍第2次改造内閣で新たな
外相に任命されると噂されていた人物ですが、予想
通りに外相に任命されましたね。

ここでは、茂木敏充の経歴についてご紹介していきます。

前外相の河野太郎氏から引き継いで外相に任命された
茂木敏充は栃木県足利市で生まれです。

栃木の県立高校を卒業後、東京大学経済学部に入学します。

東京大学卒業後、1978年に丸紅、1983年に読売新聞社に
勤め、その後ハーバード大学ケネディ行政大学院に留学
しました。

天下の東大卒業で丸紅などの大手企業に勤めて、いた
だけでも凄いのに、ハーバード大学に留学なんて…

どこまでも政治家は、やはり経歴を見ても一目瞭然の
モノ凄い人で一般人を凌駕する経歴だと言えます。

その後、帰国してマッキンゼー・アンド・カンパニーに
入社した茂木敏充は1992年に同社の会長で多くの著書を
持つ大前研一が代表である「平成維新の会」の事務局長に
就任しました。

この事務局長の経験が、きっかけで、茂木敏充は
その後、政治家を志すことになります。

そして1993年7月、茂木敏充は衆議院議員に初当選し
茂木敏充の政治家人生はスタートしました。

超高学歴で一流の大企業に勤務経験があり、とんとん
拍子で政治家となっていた茂木敏充はただ者じゃない
ことがよくわりますね。

第4次安倍第2次改造内閣で、前外相として存在感
ある活躍ぶりが話題だった河野太郎氏に代わる新たな
外相となった茂木敏充氏の今後の日韓関係の手腕も
見物ではないでしょうか。

茂木敏充の人望が無いと言われる理由

しかし政治家たるもの、一角の人物は、その人となり
までもが良いわけではなさそうです。

経歴でもお伝えしたように、茂木敏充は、とんでもない
高学歴のハイスペックな男性と言えるでしょう。

しかし、この茂木敏充氏は既に外相の噂が浮上した頃から
言われていたのが「人望がない」とウワサになっています。

仕事もかなりできるみたいですし学歴的にも頭の回転が
良さそうなに、相反するように浮上した、微妙な噂の
人望はないとは事実なのでしょうか?

そう言われる理由の一つとして茂木敏充氏を知る人物曰く
「とんでもなく怖い人物」らしいのです。

わずかなミスでも厳しく叱責し、部下だけでなく他の
議員にまで怯えられている様子です。

自分が「責任感が強くて、できる男」だからなのか
周りにも同じレベルのことを要求してしまうのでしょうね。

厳しく真面目に仕事に取り組んでくれるのは
国民としてはありがたいばかりですが、一緒に
仕事をする人からすると困った人と言えます。

誰しも独りで達成できる事は限られ、茂木氏のように
経歴に堂々と記載できる勉強などは独りで達成できても
事ビジネスシーンでは独りでは、そうそう物事が進められる
モノではありません。

周囲の助けが必要な場合はいくらでもあることから
自分と同じステージの内容を他人にも求める。

それが不可能な相手を罵倒する~となると、いつか居た
安倍チルドレンの東大出身者らと変わり無くなって
しまいます。

何かが吐出して優秀過ぎる人物は、得てして、こうした
話は珍しくありませんが、やっぱり最終的には政治家として
は人となり(人望)もまったく無視することはできないのでは
ないでしょうか。

今後、こうした人望も含め茂木氏の活躍ぶりで、どんな
影響が出るのか、楽しみな政治家の独りかもしれませんね。

Sponsored Link

茂木敏充の性格

先ほどもお伝えしたように、茂木敏充氏は、自分にも
周りにも厳しくとても怖い人だとウワサされています。

官僚にすら怯えられているとは、相当迫力がある
人物であることが考えられます。
性格

そんな茂木敏充の性格は、自信家で女性好き
言われています。

仕事ができるキレ者なので自信家なのはわかりますが、
女性好きとは意外ですよね。

英雄色を好むとは言いますが、茂木氏も例外では
無いのかもしれません。

その証拠に、茂木敏充の番記者はとても女性が多く、
インタビューされると男性記者と比べると、ついつい
発言も多くなるようです。

一見そうゆう意味では、人間味ある男性ともいえる
のではないでしょうか。

茂木敏充の英語力が凄いらしい

英語力
ところで新しい外相に任命された茂木敏充氏は、その
華やかな経歴から最終学歴が東大卒業からのハーバード大
ケネディ行政大学院を卒業しており前外相の河野太郎氏に
引けを取らない程、英語力に定評があるそうです。

ちなみに河野太郎氏も慶應義塾大学を中退してジョージ
タウン大学に留学したツワモノで英語はペラペラです。

外相として活躍する傍ら、様々な国での外交で通訳無し
でインタビューに答えるシーンも珍しくありませんでした。

それは茂木氏も同じようで英語の長文インタビューに
対しても、通訳を介することなく即座に回答している
場面もあり、頭の良さや海外経験が活かされていることが
よくわかりますよね。

リスニングができるだけでも凄いですが、しっかりと
自分の口から英語で回答できるというのも素晴らしいものです。

やはり日本の政権を牛耳る外相に任命されるだけの人物は
現代ではグローバルな会話や活躍を期待されるだけあった
英語はペラペラが基本なのかもしれません。

正直言って現在の茂木氏の年齢(63歳)を考えると
尚更物凄い人なんだな、と思わざるえません。

Sponsored Link

おわりに

今回は、第4次安倍第2次安倍改造内閣で、新たな外相として迎えられた政治家の茂木敏充氏について

・東大卒でハーバード大学への留学経験もある
・1992年に平成維新の会の事務局長に就任したのがきっかけで政治家を志す
・とても厳しくて怖い人で、人望があるとは言えない
・自信家で女性好きな性格
・長文英語のリスニングができて、難なく回答できるほどの英語力がある
学歴も経歴もとても素晴らしく、仕事もできる茂木敏充は日本にとって心強い存在でしょう。
厳しくて怖いところは玉にきずですが、これからの外相としての手腕が見物ですし期待したいと思います。
日韓関係も瀬戸際の今後新たな外相として、どんな手腕を見せてくれるのか目が離せませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 石破茂アイキャッチ
  2. 片山さつきアイキャッチ
  3. 松野頼久アイキャッチ
  4. 石原慎太郎アイキャッチ
  5. プーチン大統領アイキャッチ
  6. 中曽根康弘アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて