三原じゅんこ夫中根雄也の結婚は野心から?元旦那の経歴と子供も

この記事は4分で読めます

三原じゅんこアイキャッチ


ヘアヌードも出した事もある元女優とカーレーサーと言う
異色の経歴を持つ国会議員の三原じゅんこさん。

踊るさんま御殿に今夜出演して24歳歳の差婚の
真相をお話しされるそうです。

彼女が16年に3度目の結婚をすると発表して世間を
震撼させた夫が中根雄也氏の経歴や関係が気になります。

彼の経歴と年齢差がありながら結婚に至った理由に
歴代の旦那の経歴やその子供達についても追ってみよう~

三原じゅんこの現在の夫中根雄也の年齢歳がヤバい

16年10月26日に3度目の結婚を発表した
お相手が24歳年下の夫中根雄也氏です。

3度目の結婚もさることながら24歳年下の男性
と国会議員との結婚と言う事で世間でも話題と
なりました。

現代に置いてもはや姉さん女房が今どき珍しく
ない事は誰もが知る所だが3度目の結婚にして
24歳年下・・・

そして何より結婚した当人である三原じゅんこさんが
元女優でカーレーサーと言う一般人では無かった経歴
からも世間の興味の対象になったことは明らかです。

個人的にも結構驚きました。

一体何があったの?的な感覚です。

10歳から12歳の一回りまでは何とか許容範囲かな~と
個人的には思いつつ、さすがに24歳の二回りとなると
正直親子で完結する年齢差です。汗

男女の愛情に年齢など関係ないことは重々理解しつつ
やっぱり下世話にも凄い純粋な愛情だけで結婚に至った
のかが気になる所・・・・

三原じゅんこの夫中根雄也の経歴

と、そんな野次馬根性でお下劣にも夫となった
中根雄也さんの経歴を調べてみました。

夫
出典:http://deai-wakare.tokyo/2016/07/10/miharajyunko2016/
彼は1988年生まれの29歳です。

そんな彼は駒沢大学経済学部を卒業後ユニクロなどを
経営するファーストリーディングに2011年に就職。

13年に退職する。

その後は星野剛士衆議院議員の秘書として勤めた後
2015年地元の神奈川県藤沢市議会議員選挙から
出馬するも落選する。

2016年9月から三原じゅんこ氏の運営する三原事務所
で公設第二秘書として勤務する。

国会議員秘書給与法では配偶者を秘書とすることが禁止
されていることからも同年10月の24日に二人の結婚
持って同日付で公設秘書を辞任としている。

三原じゅんこと夫の結婚は野心から?

日刊スポーツによると二人が知合ったのは
結婚する前の1年前で、先ほど紹介したように
三原事務所に公設秘書として9月から勤務しだし
その翌月の10月の末には結婚と言う2ヶ月での
スピード婚だった二人。

相当なビビビがあっての結婚なのでしょう~と
当然思いますが・・・本当にそれだけ?とも
思えてしまうのが年の功で悲しいです・・・

現在は三原じゅんこさんの私設秘書として地方の
講演にも仲睦まじく随行しているらしい夫の中根雄也
さんですが永田町の中では特に被害もないことから
「バカだなぁ~」と笑われる位でお咎めは無いみたい。

でも実際の所は夫の中根雄也氏が1度落選している
地方議員選挙に自民からの公認が欲しいみたいらしく
今では私設秘書となった夫の中根氏を連れまわっては
長老議員に
中根雄也
出典:https://historia.work/nakaneyuya/
『うちの夫をよろしくお願いします』と言い歩き
頭を下げまくり宣伝しまくっているらしい・・・・

なるほど、結局夫の中根雄也氏も今や自民党の
人寄せパンダ的存在感を発揮している三原じゅんこ
の知名度を利用しての公私混同が婚姻関係になった。

また妻の三原じゅんこさんもまた2010年の初当選
から次の選挙を見越しての地元活動も全く稼働してない
らしく、その経緯から自民からの公認はかなり厳しい。
(らしいです・・・)

でも地方議員として夫の中根氏の選挙運動で街頭演説で
妻の三原氏が立ち応援すれば夫の中根しが次こそ当選する
可能性は前回の選挙より格段に高くなる。

そしてそれに便乗して妻の三原氏も夫当選の地方議員を
拠点として自民からの公認を得てまた国会議員として出馬して
当選する・・・・

この二方にとっての超絶公私混同利害関係
バッチリ合う事こそ、二人の結婚に意味を成すのでは
と思ってしまいますが、みなさんはいかがでしょうか・・・

結構恐ろしい絵ですが、二人がこの絵を想像さえしなかったわ
とは言わせないぞ~って感じに思えて仕方ありません。

実際三原じゅんこさんが24歳年下男性に2度に渡り
フラれたと公言されていたそうです。

相当力説してこの絵(利害関係)を説明して夫の中根氏の
野心に火を付けたのかもしれませんね。

それにしても女性としても政治家としても「客寄せパンダ」
と言われながらも生命力の強すぎる三原じょんこ様です。

よくよく考えたら相当意味やり手?・・・ですね(笑)

年下夫の中根氏に
『私に任せなよ~』って感じだったのでしょうか・・

夫の中根雄也氏は人生を賭けたチャレンジャー
どこまでも勝つ可能性の高い賭けに出た~と言う意味では
この結婚がもたらす賭けや野心は実りあるものになるのかも
しれませんね。

三原じゅんこの元旦那の経歴

三原じゅんこさんは現在の結婚で3度目
最初の結婚は1990年当時レーサーとして
活動していた彼女は同じレーサーの松永雅博と
結婚。

1999年に離婚。

同年お笑い芸人として活躍していたコアラ氏と結婚
するも07年にコアラ氏の浮気によって離婚されてます。

コアラ氏も三原さんより5歳年下でかなりの甘えん坊
だったそうです。

最初の旦那のレーサーの松永さんは何歳下か不明でした。

結婚当時から浮気癖とヒモ夫のイメージが拭えないコアラ
さんでしたがこの三原さんとの離婚後は港区で中華料理店
の雇われ店長として働くなどお笑い芸人の活動はいずこ状態です。

その後も仲間とイタリアン料理店の経営を銀座で
開店したものの現在では閉店・・・

どうやら芸人も飲食店も上手く行ってないみたい・・・

対照的に三原じゅんこさんは今回の2016年に
3度目の再婚・・・

またどなたも年下なのが彼女のぶれない好みを象徴
するように男性を褒めて育てる事に異議を見出して
いるのでしょうか・・・

強気な姉御に年下男と言うところでしょうか・・・

ちなみにこのコアラ氏との離婚後さっさと切り替えて
政界進出を目指すじゅんこ姐さんですが、この2010年の
初当選の時にも11歳年下のミュージシャン山口智之氏
引きつれ堂々の政界入り。

当時内縁関係と言う山口氏は周囲が困惑するほど何もしない
秘書だったらしく、その為今の24歳年下の中根氏など問題
にならないくらい周囲からのバッシングが絶えなかったそうです。

じゅんこ姐さんは男を切らさないタチらしく、しかも
内縁関係でも11歳の年下で公設秘書にあてがっての
初当選新人議員の立場からしたら、相当ブットい神経を
持ち合わせた大人物とも言えなくありません。

調べながら結構凄い人なんじゃないかと思い始めています。

恐らく他人の目なんてどこ吹く風~ってタイプなのかも
ですね。

三原じゅんこに子供はいるの?

そんなじゅんこ姐さんは3度の結婚と言う見事な
結婚歴にも関わらずお子様はどの元旦那との間にも
設けられなかったようです。

詳細ははっきりしてませんが過去に2度の流産
子宮ガンも経験されている三原じゅんこさん。

旦那様にはご縁があっても子供さんは望まれたものの
ご縁がなかったのかもしれませんね。

おわりに

三原じゅんこさんの現在の夫や元旦那達の情報を調べてみました。やっぱり政界で何と言われても女性としては3度の結婚をしている三原じゅんこさんですので魅力も馬力もあるのだな~と言うのが素直な感想です。ある意味かなり元気じゃないと二回り年下の男性と結婚んはどんな利害が一致してもなかなか出来るものではありません。今後の議員としても同姓としてみ三原じゅんこさんから目が離せそうにありませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 池坊保子アイキャッチ
  2. 穴見陽一アイキャッチ
  3. 米山隆一アイキャッチ
  4. 昭恵夫人アイキャッチ
  5. 麻生太郎アイキャッチ
  6. 岸田文雄アイキャッチ
  1. いえ、この方達、世の中に実害があるのです。
    「子犬は8周令までは親兄弟と過ごさせ、社会性を身につけ、安定した精神に育ててから、販売する。あまりにも小さなうちに親から離して店頭に並べておくと、買い手はつき易いが、成犬になってから情緒不安定で問題行動を起こすことが大変多く、処分されたりする。」
    劣悪なパピー工場で子犬を大量生産して大量販売、どんどん消費するような商売
    は、先進国では日本だけ。このような命の扱いは止めようと、数々の保護団体や個人が著名を集めて政府に提出し、三原じゅん子さんが、その窓口担当だったのです。
    が、今の若い男と結婚してから、態度がガラッと変わり、「そんな事は議題にも上ってない。知らない。」とか言い出して、皆の努力を踏み躙りました。
    皆、人間の勝手でどうにでもされてしまう社会的弱者を酷い目から守りたいと言う思いで努力してきたのに。
    三原じゅん子さんは、ペット販売業界から相当な袖の下を貰うようになり、
    弱者を守る立場をかなぐり捨てました。
    この事で裏切られた人々は、三原じゅん子は若い男とくっついてから、金と色欲に支配された女になったとガックリしています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて