丸川珠代の浮気の真相は?夫も納得させた手練手管は流石の学歴か

この記事は3分で読めます

丸川珠代アイキャッチ

森友問題での佐川氏に対する証人喚問が茶番だと
話題の丸川珠代さん。

過去にはヤジ将軍と揶揄される程の国会での
質問が個性の強い言葉の数々で話題にもなりましたが
そんな彼女のイメージにそぐわない浮気の噂もある
みたいです。

高学歴で有名な彼女のスキャンダルや浮気の真相に
夫も納得させた理由とは何なのかを追ってみよう~
Sponsored Link



丸川珠代の浮気騒動相手は誰?

元アナウンサーでありながら政界に進出して
着実にその存在感を示し16年には第三次安倍
再改造内閣よりは五輪相に任命された丸川珠代さん。

そんな彼女のイメージに浮気や不倫なんて微塵も
なかったのでこの『浮気』キーワードには正直ビックリ
しました。

所がです2007年に現在の夫と選挙応援で知合い
翌年2008年に結婚された丸川さんですが浮気は
浮気でも過去の話だったようです。

つまり夫ある身となった結婚以降の話では無く
それ以前のもう少し若い時の妻帯者ある男性との
浮気騒動
として話題になったことがあるとの事。

丸川珠代の浮気の真相

その真相は一部週刊誌やスポーツ紙に報道された
1998年に『不倫略奪婚』としてテレ朝ゴルフ
番組担当のプロデューサーとの不倫疑惑が浮上した
事があったらしいです。

1998年なので彼女自身もアナウンサーとして
第一線で活躍していた時代で2008年の現在の
夫との結婚より10年前の疑惑のようですね。

実際不倫疑惑はあったそうですが、彼女自身は独身
時代だったので、不倫は不倫でも彼女の夫に対しての
やましい行為ではありません。

とはいっても胸を張って暴露出来る話ではありませんが
(相手に家庭がある以上)

今となってはそのプロデューサーとの不倫を立証出来る
証拠は何一つないのですが噂では当時の彼女自身の口から

『(F氏の離婚問題が)落ち着き次第、入籍する予定』
聞いた同僚が見えたとの事です。

もしかしたら~そんな関係の妻帯者の男性との交際が
あったのかもしれませんね。

またその不倫疑惑の相手上司Fさんとの前にも親密
な仲として不倫疑惑がありH専務や元テレ朝報道局
政治部長との関係も親密な仲として噂があったそうです。

結構この手の話題がアナウンサー時代には多かった
ようで逆にビックリ。汗

そのほかにも意外なスヤンダルとして彼女の
東大時代に強〇されたビデオが存在している等
のいかがわしい噂もあるようですが・・・

真相はいかに~って感じですので話半分くらいに
とどめておきましょう。

何と言っても元アナウンサーであり現在はバリバリの
政治家でもある丸川さんは超の付く有名人です。

ある事ないこと言われてなんぼみないな所が
ありますので有名人の有名税?位に捉えないと
本人達もやってられないでしょう・・・
Sponsored Link


/ins>

丸川珠代夫も納得させた手練手管

これほどのブラックな噂がありながら
結婚された旦那様が大塚拓さんと言われる
男性ですが、この方の実家もかなりのお金持ち。

実家が「大塚製靴」と言うシューズブランドの
御曹司との事で完全に玉の輿婚だったようですね。

実際の大塚氏も現役の政治家として衆議院議員で
活動されてますし、いちいち過去のスキャンダルを
持ち出して話題になる事もなかったのかもしれません。

説明無用~みたいな感じではないでしょうか・・・

二人の間には待望のご長男にも恵まれて2012年6月23日
大塚晴正君が誕生しています。

子はかすがいとの事、もともと有名人だった嫁の
過去の噂話など話題にならないのではないでしょう。

何て言っても東大出身の元アナウンサーの丸川さんです。

旦那の大塚さんの経歴も彼女に全く引けを取らない
経歴なのでお互いそんな過去の色恋の噂話など
関係ないね~って感じなのでしょう。
Sponsored Link



おわりに

丸川珠代さんの意外な過去の不倫疑惑が浮気のキーワードとなって浮上していたのが今回の真相でした。それにしても今となってはヤジ将軍と言われる程存在感のある丸川さんに過去とは言え色恋の噂が結構あったことに個人的にビックリしています。今回の森友学園問題の佐川氏の証人喚問も茶番と失笑された彼女ですが今後どんな活躍を見せるのかますます目が離せませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 安倍晋三アイキャッチ
  2. 蓮舫アイキャッチ
  3. 杉田水脈アイキャッチ
  4. 森喜朗アイキャッチ
  5. 小泉進次郎アイキャッチ
  6. 穴見陽一アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて