西村康稔経済再生担当大臣の経歴や評判にはベトナム売春疑惑が?

この記事は4分で読めます

西村康稔アイキャッチ

今だ収束しない世界的パンデミックとなった
コロナウイルス担当となった経済再生担当大臣の
西村康稔氏。

連日テレビで見る西村康稔氏のデニムマスクも
話題になるほどのイケメン大臣です。

改めて西村氏の経歴や意外な評判にベトナム
売春疑惑というハレンチな報道がされた真相まで
今もっとも注目される西村康稔大臣を追ってみよう
と思います。

Sponsored Link

西村康稔プロフィール

氏名:西村康稔(にしむらやすとし)
生年月日:1962年10月15日(57歳)
出生地:兵庫県明石市
血液型:B型

学歴:神戸大学付属明石中学校(生徒会長をつとめています。)
・灘中学校・東京大学法学部卒・メリーランド大学大学院
現職:経済再生担当大臣・新型コロナ対策担当大臣
・全世代型社会保障改革担当大臣・内閣府特命担当大臣
(経済財政政策)
趣味:秘境めぐり・マラソン・俳句・茶道・映画鑑賞・観劇・写真など

西村康稔経済再生担当大臣までの経歴

1985年:通商産業省入省
アメリカ合衆国メリーランド大学大学院で国際政治経済学を専攻し後に修士号取得
2003年:衆議院議員総選挙に無所属で兵庫9区で出馬し初当選
2008年:外務大臣政務官に任命される
2012年:内閣府副大臣に任命される
2014年:内閣府副大臣に再任
2016年:衆議院内閣委員長に就任
2016年:自民党総裁特別補佐に就任・併せて筆頭副幹事長・選対副委員長就任
2017年:政務担当の内閣官房副長官就任
2019年:経済再生担当大臣、内閣府特命担当大臣(経済財政政策)に任命される
2020年:新型コロナ政策担当大臣に任命される。

西村康稔経済再生担当大臣は、通産省入省後官僚と
しての限界を感じ退官しますが、

「政治が変わらなければ、日本は変わらない。」

と一念発起し政治家の道に進み重い役目を歴任しています。

安倍首相のお気に入りの一人とも言われており、
3月には新型コロナ政策担当兼任に抜擢され
その手腕が注目されています。

西村康稔大臣の微妙な評判

西村康稔大臣は大変なエリートで、経済再生担当、
新型コロナ政策担当という現在の日本最大の危機的
課題を一手に任されるほど頭の切れる人と思いきや、
世間の評判はやや冷ややかで人選ミスとも噂されて
います。

人々が西村大臣に疑問を呈す理由は、大臣が医療や
介護のことには素人で経験が浅く信頼を欠くこと。

2018年7月西日本豪雨被害の最中に衆議院赤坂宿舎で
あった宴会の写真を自身のツイッターで発信し批判を
受けたことによるものといえます。

近畿や四国、北陸で記録的豪雨となり甚大な被害と
なったことは記憶に新しく、不安な時間を過ごす国民を
よそに行われた政府与党の首脳勢ぞろいの飲み会に誰もが
あぜんとしたものでした。

他にも今年2月25日夜、西村康稔経済再生相が他の
2閣僚と共に、女性蔑視などの発言で話題となった
自民党水田水脈(みお)衆院議員の政治資金パーティー
に出席
したことで周囲の不信が再燃します。

この時も政府の専門家会議が新型コロナウイルス感染
拡大予防のため、国民に立食パーティーや飲み会を
避ける呼びかけをした後のことでした。

危機を予測し慎重な行動を取るべき人が、このあり様で
危機管理は大丈夫なのか、コロナ担当でいいのかなど
批判が殺到しました。

自然災害や新型コロナなど不測の事態が人の命を脅かす
不安な世の中が続いていますが、多くの人々は国民
ファーストで行動し、勇気を与えてくれるような
リーダー資質のある大臣を心から望んでいるのでは
ないでしょうか。

Sponsored Link

西村康稔大臣にベトナム売春疑惑も

評判ベトナム
調べてみると数々の不信を抱える西村康稔大臣に
ついて、一番ショッキングでイメージダウンとなった
出来事は、2012年7月公務で訪れたベトナムでの
買春疑惑でしょう。

現地ホステスを高級ホテルに連れ込み売春した
疑惑が報道されとても話題になりました。

報道されたのは2013年週刊文春によれば、西村大臣が
ベトナム現地のカラオケクラブから7人のホステスを連れ、
自身が宿泊するホテルのスイートルームに入った事が
明らかに。

そのうちの女性3人と売春行為に及び、対価として
600ドル払ったという証言をホステスや関係者らから
得ているといいます。

西村大臣は事実を否定していますが、このスキャンダル
記事はほぼ事実と言われています。

あんな素敵な雰囲気のイケメン政治家が4P売春疑惑
報道されているのです…

自民党総裁特別補佐から内閣官房副長官に登用された”安倍首相の子飼い議員”である西村康稔氏だ。西村官房副長官の疑惑とは、2013年に「週刊文春」(文藝春秋)に報じられた「ベトナム4P買春」だ。

「週刊文春」では西村氏と関係をもったとされるベトナム人女性が告白しているのだが、それによると、西村氏は2012年にベトナムを訪問した際、ホーチミン近くにあるカラオケクラブで別料金を払い、その店に在籍する7人の女性をハノイの5つ星ホテルのスイートルームに”お持ち帰り”。3人を選び、一緒にシャワーを浴び、マッサージをしてもらい、セックスをしたという。相手をした女性のひとりは、こう告白をしている。

「私たち三人は部屋にあった大きなソファーに寝そべった彼をマッサージしてあげた。頭や胴体、足をそれぞれね。それからベッドルームでセックスしたわ。とにかくニシムラはジェントルマンだった。最後は私たち三人にチップもくれたのよ。三人あわせて六百ドルに満たないくらいだった」

 もちろん、ベトナムでも買春は違法行為だ。本人はホテルに女性を連れ帰ったことを否定したが、「週刊文春」は複数の女性に話を聞いており、確度はかなり高い。
excite:引用

そうした信憑性の高い噂からも世間がこのような人を
順調に出世させ大抜擢した国家に幻滅し、日本の危機を
救うに値する人とは言えないと炎上したのももっともですね。

とにかく西村大臣には、見た目の爽やかイケメンな見た目
とは裏腹で、よくない噂が多く、日本の政治家の品位と
人格はこういうものなのかと考えさせられます。

現在新型コロナ政策担当大臣としてメディアに盛んに
登場していますが、大臣としてどこまで真剣にこの
大惨事を救ってくれるのだろうかとやはり不安に
かられるばかりです。

Sponsored Link

まとめ

コロナ担当大臣として連日見ない日は無いという程テレビでも姿を見る西村康稔大臣ですが、その軽快で誠実そうな受け答えに見た目もイケメンな西村康稔氏。学歴も、なるほどのケチの付けようがないレベルの高学歴を誇り、経歴も申し分のない経歴ですが、その裏には残念な評判がある事も分かりました。色々な噂の中でも信憑性の高いと言われるベトナム売春4Pの噂にはご本人否定とは言え、あまりの信憑性の高さに愕然とするほかありません。
とはいえ未曽有のコロナウイルス担当である西村康稔大臣には給付金含め数々の噂を払拭する活躍を期待したいと思うばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 習近平アイキャッチ
  2. 梶山弘志アイキャッチ
  3. 馴れ初め
  4. 井上信治
  5. 田畑毅アイキャッチ
  6. 蓮舫アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて