ワチラロンコン国王の夫人や側室の女性遍歴!子供の数や後継者は

この記事は5分で読めます

ワチラロンコン国王アイキャッチ2

父はタイ国民に絶大に信頼されたラーマ9世の
後継者として王位継承したワチラロンコン国王。

世界一裕福な王室の国王でありながら、その話題は
ドイツでの奇行や度重なる女性スキャンダルの数々。

歴代国王とは異なる異例の存在として世界で注目を
集めるワチラロンコン国王の女性遍歴や歴代夫人。

そして法律状は認められているタイでの側室に
実際の子供や後継者問題まで話題のワチラロンコン
国王の現在までを追ってみようと思います。

Sponsored Link

ワチラロンコン国王の歴代夫人

歴代夫人
タイ王室の新国王ワチラロンコンは、その
かなり個性的な振る舞いや、派手な女性関係で
ドンファンといわれ話題を集めている人物です。

近年では国政よりも彼の女性問題に焦点が当たって
おり、夫人や側室との関係が度々ニュースになり
面白い様相を見せています。

国王らしからぬ評判や異様な奇行が話題となる
タイ国王の歴代夫人や女性遍歴を調べてみましょう。

ワチラロンコン国王の最初の妻は、いとこの
ソームサワリーで、娘がいましたが離婚します。

その後1994年には、スチャーリニーという女優
結婚し5人子供をもうけますが、1996年に離婚し
子供たちとも別れています。

元妻と子供は国外に追放となり、アメリカで
一般人として暮らしているようです。

養育費などの一切の援助をしていないとも
報道されていますが事実なら理解に苦しみます。

2001年にはナイトクラブの元ダンサーで3番目と
なるシーラットという女性と結婚し男児1人を
もうけましたが、2014年に離婚。

2019年5月に現在のスティダー王妃と結婚しています。

国王の戴冠式直前に4回目の結婚として発表さ
れており、彼女は元タイ国際空港乗務員でタイ
陸軍で陸軍大将も務めた才色兼備の方だそうです。

スティ―ダ王妃は40歳、現在は王室警護部隊の
副指令官だといいますが、子供はないようです。

とは言え21年1月時点の現在で68歳の
ワチラロンコン国王母である皇后曰く

『ちょっとしたドンファン』と息子を揶揄する
レベルなので奔放な女性への興味はまだまだ尽きない
ようです。

離婚すると元妻や子供は国外追放が基本という
ことのようなので、これだけ婚姻歴がありながら
次々と相手を変えてきており、今のスティ―ダ王妃も
長くはないのかもなどと気になりますね。

ワチラロンコン国王には側室と愛人20人も?

昨年9月にタイ王室はワチラロンコン国王が
王妃とは別の女性に「高貴な配偶者」の称号を
再び与えたと発表し話題になりました。

元陸軍看護師シニーナートさん(35)は、2018年に
タイでは100年ぶりに側室として正式に任命された女性。

ただ、その後王妃のように振る舞った事にワチラロンコン
の逆鱗に触れたことから国王不誠実ということで称号を
はく奪
されていました。

それにも関わらず、またもワチラロンコン国王の機嫌
一つで、この側室の称号復活に批判が飛んでいます。

資産430億ドル(約4.6兆円)とイギリスのエリザベス
女王の80倍ともなるリッチな資産王でもある
ワチラロンコン国王の放蕩も世界で話題となります。

昨年3月コロナ渦でありながらドイツで愛人20人
側近数百人とともに高級ホテル貸切で豪遊したことが
明るみになり世間をあっと言わせました。

面白いのは1987年の訪日時、妻ではなく愛人を連れて
こようとして日本政府に拒否されたことがあったといい、
随分前から愛人を抱えていたことは確かのようです。

Sponsored Link

ワチラロンコン国王の側室の過去に驚愕の過去

側近
100年近く誰も得ることが無かった、タイ国王の
妻ではない伴侶に与えられる称号「国王の高貴な配偶者」
を受け注目された側室のシニーナ―トさん。

愛人たちのトップに立ち認められたことで名を広めました。

彼女は王妃とライバルでもあり、元陸軍看護師でしたが、
2019年10月21日にその称号をはく奪されました。

理由は国王への不忠、野心のためスティ―ダ王妃即位に
反発したことなどがあげられています。

シニーナートさんは新しい王妃が即位した後も王室の
称号を求め続け、国王の命令と偽って臣下に指示を
出したりと王妃のように振る舞う態度が国政や王室への
破壊行為として非難されました。

そして驚きの過去もあらわになったのです。

一時はワチラロンコン国王に拒絶され反逆罪
告発され、約1年間バンコクの女性刑務所に収監
されていた彼女は釈放されます。

2020年10月10日国王と王妃と共にヨーロッパを
経由しタイに帰国し、王室の一員に返り咲きました。

ワチラロンコン国王の側室として、やはり正妻に
登りつめたい気持ちは高かったようですが再び王室で
国王や王妃と共にメディアに映る姿に、ハラハラ
させられる気がします。

ワチラロンコン国王の子供の数とその関係

ワチラロンコン国王の4度の結婚を紹介しましたが
彼には少なくとも男女合わせて7人(男5・女2)
実子がある事が分かっています。

このうち王位継承ができる王籍を持つのは3番目の妻
シーラット元王妃との間に生まれたティパンコーン
ラッサミチョ―ト王子だけといわれています。

この王子は現在ドイツに留学中だそうで、ワチラロンコン
国王も皇太子時代から何度も訪問するなどし親子の時間を
過ごしているとされています。
(SankeiBiz:引用)

二番目の妻とは5人の子をもうけ、うち4人は息子で
あり長男が王位継承第1位だったはずですが、離婚に
よりその王位継承権をはく奪され、さらに国王が5人の
子たちの親権放棄をするというひどい仕打ちとなっています。

ドイツで多くの時間を過ごしているワチラロンコン
国王ですが、この王位継承のかかった王子のために
側にいるのかどうか気になるところですね。

Sponsored Link

ワチラロンコン国王の後継者は?

4人目の妻であるスティ―ダ妃と結婚して間もない
ワチラロンコン国王ですが、2017年に出てきた
シニーナートという側室の存在もあり、先は
混とんとしています。

彼は王室歴代最多の婚姻遍歴を持っており、
長くはどの相手と続かない様子ですから、現在の
スティ―ダ王妃と側室が仲良くいるわけはなく、
あまたの愛人たちが消えるわけでもないならば
また即離婚も有りうるかもしれませんね。

ワチラロンコン国王とスティ―ダ王妃の間に
新たな子が誕生する可能性があることから、王室
周辺では後継国王についての議論が様々持ち上がります。

王位継承の規定では皇太子任命は国王の専権事項で、
罷免の権限も持つという強大なものであることが
知られています。

ドイツ留学中の王子にはまだ皇太子としての任命は
なされておらず、政治的にこの王子の任命を歓迎しない
勢力も少なからずあるといわれ、なかなか皇太子
任命には時間がかかる様子といえます。

現在最も親密と言われるスティ―ダ王妃との間に
王子が生まれた時、国王がどう判断するのか注目さ
れます。

国民に愛された自身の父ラーマ9世は母シキリット
王妃との間に誕生した唯一の男子だったゆえに
「神の子」としてあがめられ靴紐さえ自分で結ぶ
事なく大人になったワチラロンコン国王と当然の
如くその座に収まった国王です。

父とは異なる対極的な自身の女性遍歴や子供の
数からも今後、どんな指標を持って自身の後継者
を選ぶのか、現在68歳となったワチラロンコン国王
の今後の行方にますます目が離せそうにありません。

ワチラロンコン国王の巨額資産に絶句!世界一裕福な王室のカラクリ

おわりに

タイのワチラロンコン国王の現在の夫人は4人目で、側室や愛人も多くその華麗な女性遍歴は王室の歴史にとどまらず世界中のメディアが注視しており、王室批判でデモが繰り返されているタイの国政にも影響を与えそうです。
国王の後継者問題が長く取りざたされており、王妃を次々と変えることや側室を置いたことで破天荒極まるワチラロンコン国王の女性関係はこれからも何かスクープされそうな気配があり面白くなってきそうですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 朝鮮王朝アイキャッチ
  2. 世祖アイキャッチ
  3. 孝宗アイキャッチ
  4. 明宗アイキャッチ
  5. 愛新覚羅溥儀アイキャッチ
  6. イバンウォンアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて