ユン・セアのプロフィールと旦那は誰に?年齢不詳の美貌の秘訣も

この記事は5分で読めます

ユンセアアイキャッチ

韓国でも日本でも爆発的な人気ドラマとなった「skyキャッスル」のSKYの住人として優雅で美しい専業主婦を演じたユン・セア。

skyキャッスルですっかりファンが増えたであろう彼女のプロフィールと結婚した旦那が誰なのか?熱愛関係にあった異性など年齢不詳の美貌の秘密まで話題の女優ユン・セアのプライベートから現在まで追ってみようと思います。

Sponsored Link

ユン・セアプロフィール

名前:ユン・セア
本名:キム・ボヨン
生年月日:1978年1月2日(43歳)21年6月時点
出身地:韓国大邱
身長:164㎝
体重:45㎏
血液型:B型
最終学歴:龍仁大学演劇映画科 学士号

ユン・セアの旦那は誰に?

現在43歳で大人の女性のユン・セアですがドラマ「SKYキャッスル」さながらの専業主婦とは違い、現在も独身で旦那様はまだ不在のようです。

あれほどの美貌を持ちながら未婚で独身との事、男性からの交際オファーやデートの誘いが絶えないとは思いつつ、過去の熱愛遍歴も気になります。

調べてみましたがコレと言うスキャンダルとなった目立つ熱愛遍歴は話題になっていないようです。

でも一般人などとの交際があったのかもしれませんね。

過去インタビューでは自身の恋愛観について、こんな発言をされています。

『仕事と恋愛を並行することが難しかったです。だから1人でいるべきじゃないかと思いました』

こんなに美しいのに、それは勿体ない、ただ一般人でもキャリアがある女性の場合仕事と恋愛との並行を器用にこなせる人と、並行できない人とやはりそれはその方のタイプにもよります。

きっと見た目の優雅さとは別に、生真面目で不器用な一面があるのかもしれませんね。

でも女盛りの43歳、まだまだ今後の熱愛に期待しましょう。

Sponsored Link

ユン・セアの年齢不詳の美貌の秘密

話題ドラマ「skyキャッスル」を見てユン・セアの存在を知った方も多いかと思いますが、このドラマの話題の中心は貧富の差が日本とは比較にならない程激しいと言われ、この近年話題とされている韓国の受験戦争を課題にしたドラマです。
skyキャッスル
Kstyle:引用
しかも限られた超富裕層が住人となる事を許される「skyキャッスル」と言う舞台で、超絶勝ち組の専業主婦を演じた母親の1人として注目を集めたユン・セアですが当然、韓流ドラマにありガチな熱愛やキラキラ要素はありません。

何が言いたいかと言うと、美貌をひけらかす雰囲気の内容ではないこのドラマでしたが、それでもひと際輝いて見えたのがユン・セアの美しさだったのではないでしょうか。

韓国の美の基準を全て制覇したかのようなスリムな贅肉一つない高身長165のスタイルの良さに、ツルツルピカピカのショートボブ。

そして真っ白過ぎるツヤツヤの美肌は、超富裕層にしても3人の子供の母親設定にアリなのか?

どんな優雅なファッションも見事にこなし、どんなシーンでもお肌と髪はピカピカ状態のユン・セア。

美しい女優は多いのですが、ひと際ビジュアルの華やかさと美しさではユン・セアが目立ちまくりで何でこんなにスタイルがいいの?と秘訣を知りたくなるのがファン心理です。

調べたところやはり持って生まれて美しいのもあるのでしょうが一角の努力をしている様子。

ユン・セア氏がスタイルキープの為に行っているのが歌手のマドンナなども実践しているピラティス。

胸式呼吸が基本のピラティスを取り入れる事でスリムなだけでないバランス良く筋肉も付けたスタイルを維持されているようです。

そして食事療法では無理なダイエットではなく、とにかく低塩を徹底して取り入れているようです。

食べないダイエットなどでは無く、食べる物を低塩食に徹底してこだわる事で、よく眠れて身体も軽く食べても太りにくい体質へと体質改善ができているそうです。

ただこの方法を取り入れるのは短期集中よりは1ヵ月以上は最低でも守る必要があるそうです。

1ヵ月以上取り入れてこそ効果が発揮するとの事。

低塩食と言う事は恐らく、かなりのオーガニックなどの食が多いのかもしれませんね。

韓国特有のキムチチゲやサムギョプサルなどは無縁なイメージ…

そして姿勢についての重要性も数秒であれ意識して姿勢を正す事で充分な運動効果があると発言しています。

確かに、これほど背筋がピーンとモデルのようなスタイルを維持するユン・セアさんが言われると姿勢も絶対大事っぽい、と納得せざるを得ません。

猫背やガニ股禁止令ですね。

背筋を伸ばして美しい姿勢を常に意識してみましょう。

でもだからこそのあのスリムボディなのでしょうけどね、美は一日にして成らずですね。

ちなみに「skyキャッスル」のドラマでユン・セアの双子の息子役を演じたチャ・ギジュンが母親役であるユン・セアの美貌を絶賛。

あまりに美し過ぎるが故、親子役にも関わらず、イップダーイップダー(綺麗だ、綺麗ですね~)の連発だったようです。

ユン・セアの美貌は年齢や親子設定を超えても、分かるレベルの美貌だったようです。

ユン・セアにも整形疑惑?

そして避けては通れない韓流スターの宿命?な整形疑惑にも迫ってみましょう。

個人的に韓流ドラマ大好きな筆者も、このところは何となく、あーこの人ココが整形してるっぽいなど何となく予想が付く人も多くなった今日この頃ですが、ユン・セア氏については整形?

そんな疑惑あるの?と言う感じです。

一応目が不自然では?と言われていた事があったようですが、どこが不自然なのかさっぱり分かりません。

「skyキャッスル」36話まで全部制覇しましたが、かなりのドアップも多かったユン・セアさんの目が不自然とは一度も感じませんでした。
(個人の感想です)

何だか過去のドラマ?では真っ黒なコンタクトを入れていた時にが不自然に見えた画像があったらしく、ソコが根源となり目の整形疑惑が浮上したようです。

過去のデビュー当時の画像も見てみましたが、美容整形はされていないと思います。ほぼ自前の天然美人だと個人的には思っています。

Sponsored Link

ユン・セアとSKYキャッスル旦那役との恋の行方!

ビョンチョル
ところで結果的に大ヒットドラマとなった「skyキャッスル」ですが、劇中でのユン・セア演じる専業主婦ノ・スンへは、その夫であり野心家の大学教授を務める夫チャミノクとの家庭内での対立も劇中での見どころの一つとなっています。

自然に子供らの自由や性格を尊重したい母のスンへと違い夫のミノクは自身も叶えられなかった更なる高みを目指すべく子供らを徹底的に教育しようと勉強の全てを強要しようとします。

それらの家族間の対立で最後は妻のスンへが強硬手段として子供らを引き連れ家出をしたりと、すったもんだするのですが、それらの対立シーンでのチャミノク演じる俳優キム・ビョンチョルと地味にイイ感じに見えたりするから不思議です。

全く美貌の妻であるスンへ演じるユン・セアですが、子供らの教育方針に対立しながらも夫ミノクは妻スンへを愛し、妻スンへもまた夫への愛情が伝わるやり取りのシーンがいくつもあります。

最終的には妻スンへや子供らの意思を尊重するべく夫ミノクが家族にあわせる形で家出騒動も収まりますが、なかなかいい家族でいい夫婦だなと思うこの2人はプライベートではユン・セアも独身。

キム・ビョンチョルもセアより4歳年上の1974年生まれながら独身との事。

そこでキム・ビョンチョルと俳優仲間の「skyキャッスル」でも共演者だったウ・ヤンク氏が友人であるビョンチョル氏に
「セアはどう?」と尋ねたんだそうです。

その問いビョンチョル氏は当然「イイよ」の返答。

周囲も驚くストレートなOKサインに2人はまんざらでもなかった様子。

その後セアの誕生日に「歌を歌って欲しい」のセアのリクエストにも電話であるにも関わらず歌ったり、ドラマ撮影中の誕生日だったからドラマセットの金庫をセア氏の誕生日にセットしたり、と結構イイ感じのアピール開始?

あれほどの美貌の女性ユン・セアだからこそ夫にはドラマ「skyキャッスル」同様ビョンチョル演じるミノクのような実直で3枚目な夫に溺愛されるのが凄くイイ感じに見えてしまったりするのですが…

ドラマ終了から既に2年半と月日は経っていますが、その後も友人関係は継続している様子。

もしかして、もしかしたらあり得るのかも?しれませんよね。

個人的には素敵だと思うので陰ながら応援したい気分ですが…ドラマの夫婦がそれくらいいい感じだったのでついついですね。

ドラマ「skyキャッスル~上流階級の妻たち」まだ見てない人は是非!
31日無料視聴キャンペーンのU-NEXTで1週間で視聴できます。笑

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

ヨム・ジョンアの夫の馴れ初めや子供は?性格や演技派女優の経歴は

おわりに

久しぶりに一気見してしまったドラマ「skyキャッスル」が面白過ぎてユン・セアにも興味を持ちました。
劇中の優雅で子供達にとっての優しい母を演じるユン・セアはプライベートでは独身のようですがskyキャッスルで夫婦役だったミノク演じるビョンチョル氏とイイ感じになって欲しいなと勝手に妄想しています。
今後の熱愛情報や出演ドラマにも益々目が離せそうにありませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. キムへジャアイキャッチー
  2. チョンユミアイキャッチ
  3. チョンダビンアイキャッチ
  4. ハンガインアイキャッチ
  5. ソンジュンギアイキャッチ
  6. チャウヌアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて