小川和男の職業はキャバクラ経営?青梅市強奪家族の存在や評判が闇

この記事は5分で読めます

小川和男アイキャッチ

年の瀬も迫る師走に起きた東京都青梅市で
起きた小川和男さん殺害事件。

兼ねてより自宅に置く現金を見せては富豪
であることを吹聴する癖があった事で知られる
小川和男氏の謎の包まれた現金強奪殺人事件。

小川和男氏の職業はキャバクラ経営だったのか
競馬で一山充てたのか?

謎に包まれた小川和男氏の家族の存在や近所の
評判など生い立ちも含めて追ってみようと思います。

Sponsored Link

小川和男の青梅市1億円強奪事件

1億円強奪
12月14日未明、東京都青梅市成木で無職の
小川和男さんが自宅で鈍器のようなもので
殴られ殺害される事件が起こりました。

小川さんは常々から周囲に一億円という大金を
見せびらかすことで広く知られる有名人だった
そうで、事件はお金目当ての犯行ではないかと
推測されていますが、未だ捜査中です。

2019年12月14日午前1時54分、東京都青梅市
成木に住む無職小川和男(67)さんから
「寝ていたら音がして、中年で小太りの男が泥棒に入ったようだ」

などと110番通報があり、10分後警察官が駆け付け
ますが何者かに頭を殴られ倒れていたといいます。

間もなく死亡が確認されますが、小川さんが一億円の
入ったジュラルミンケースを広く周囲の人たちに
見せていたことがわかり、お金目当ての犯行なのは
明白ではないかと言われている事件です。

110番通報の前に側を行き来するシルバーの車や、
同時刻ごろ路上で携帯で話をする不審な人も防犯
カメラに写っており複数の犯人によるものと
考えられています。

小川和男プロフィール

名前   小川和男(おがわ かずお)
年齢   享年67歳
在住   東京都青梅市成木4丁目
職業   無職

小川和男の職業はキャバクラ経営者?

キャバクラ経営者
殺害された小川和男さんの職業は死亡当時は
無職とニュースで出ていますが、ネット上では
キャバクラ経営者ではないかという声も出ていた
ようです。

実際本人談では都内でキャバクラを6,7件経営
していると友人に話していたといいます。

自宅を訪れた人も高価なものがたくさんあったと
言っており、本人が有馬記念で2億5千万当たったとか
競輪、競馬、競艇などのギャンブルで儲けた
話していたとも言われています。

他にも競馬で1億当たった金でキャバクラを経営しだした
や中国株で儲けたなど小川和男さんにはお金にまつわる
自慢話がとにかく多いのが特徴です。

持っていた札束の帯封に「あさひ銀行」の文字が見え、
現在は合併によりりそな銀行となっていることから
16年以上前の古いものと言われています。

3年前に行われた中学の同窓会では驚く事に一億円
入りのジュラルミンケースを持ってきており
、今回の
事件では母屋の離れ2階から3個あったケースのうちの
1個に複数の札束が入ったものが見つかっています。

内部は紙の束で底上げ、されていたそうで謎が
深まっており、キャバクラ経営者の真偽も不明です。

Sponsored Link

小川和男に家族の存在は?

職業

大金を持っていることを本人が言い歩く事から
1億や数億の現金を所有している事は誰もが
知っていた小川和男さんですが、家族については
情報が出されておらず同居者がなかったのでは
ないかと思われます。

事件当時の年齢(67歳)から考えても通常は家庭
を持っていてしかり~と考えられる年齢ですが
事件現場となった一軒家には本人独り暮らしの
痕跡しかなかったようです。

結婚歴があるか無いか、お子様がいるか居ない
かも現時点では明らかにはなっておりません。

ただ事件当時は独身で独り暮らしだったのは
間違いないようです。

小川和男の生い立ち

生い立ち

小川和男さんは中学卒業後、神奈川県相模原市の
運送会社に勤務
していたようで、働く傍ら親戚の
仕事の手伝いもされていたといいます。

これが本当なら県外に親族がいたということに
なりますがどのようなつながりがその後あったかは
わからずというところです。

ただ小川和男さんの自宅近隣にある牛頭天王神社
のお祭りに過去には参加して、その際近隣住民の
子供達にお菓子を配るなどの地域との関係も良好
だった事が分かります。

何らかの理由で稼いだお金をもとにクラブや
プラスチック会社を経営していたとも言われて
いますが、自治会にもあまり顔出しする事なく
その辺りの詳細はまだ、あまり出ていません。

そんな中でも小川和男さんのご実家が資産家
だったと言う情報は無いので巨額の大金は自ら
が何らかの形で稼いだと考えられます。

今後の事件の真相と犯人の捜査が待たれるところです。

小川和男の評判が闇レベル

評判

家族だけでなく本人についても大金所持の
経緯や友人などへの証言がまちまちで、実際の
仕事や、どんなことにお金を使っているのかなど
も実際の本人像は分かりません。

ただ事件現場となった一軒家に一人暮らしだった事。

常に大金を所持していることを吹聴すると言う非常に
珍しい癖があった事。

実際に大金を見せて自慢する癖もあった事は地元でも
大変有名で、その事実(大金所持)の事を近隣住人で
知らない人は居ないレベルだった事も明らかになっています。

つまりは御年67歳にして、自らのアイデンティティを
1億や大金所持であることを他人にアピールすることで
自らを大人物かの如く大きく見せる事が好きなタイプで
合った事は間違いなさそうですが…

小川和男の趣味はギターのコレクターの一面も

ともかく大金に関する逸話が多い小川和男さんですが
その他に事件後話題となったのは趣味への尋常ではない
投資です。

事件現場の自宅には200~300本のギターがあることでも
話題を呼びました。

何でも戸建ての自宅ワンフロア一面にギター専用
ルームとしていたのか200~300本のギターが確認
されています。

安い物は5000円から効果な物だと数百万と言われる
ギターをそれ程の数を所有していたとの事。

恐らくは職業というより趣味の世界でコレクターだった
のではと思われますがお金に糸目を付けず購入していた
だろう様を考慮しても並々ならぬ拘りがあったのは
間違いないでしょう。

Sponsored Link

小川和男の驚愕資産の目撃談

1億円
ニュースでも報道され冒頭でも説明したように
とにかく大金があることを吹聴することを良し
としていた小川和男さん。

実際は株なのか競馬なのか、その後の飲食店
(キャバクラ経営)の成功なのかは明確には
なりませんが、ともかく大金だけはあったのは
事実のようです。

先に紹介した中学当時の地元同窓会での1億円
持参で参加した行為にも驚きますが、小川和男
さんの資産はその1憶だけに留まらなかったようです。

ツイッターでの証言ですが4~5年前に小川和男
さんの自宅に招かれた人の話では実際に6~7億
現金が積んであったとの証言もあるそうです。

本当に様々な人に金がある様を説明し吹聴し実際
自宅にも招き入れて見せていた小川和男さん。

その行動は、まるで泥棒を手招きしているのでは?
と思えるほどでもありますが、総合しても、そうした
言動の数年から週十年にわたる言動が自ら招いた事件
だったのかもしれません。

小川和男さんの性格や普段の様子など詳しいことは
見えませんが、これほどのお金を他人に見せまくるのは
尋常ではない行為ではあります。

周囲には一億円を持っている人としてのイメージが
まとわりついており、一般人の心情としては関わりを
持ちたくても何か怪しいような近寄りがたさも
あったのではと思われます。

そんな事(1億をもっている)や(大金を持っている)
など吹聴するなどと言う行為は事実であったとしても
まるでこんな世知辛いご時世に

『取ってくれ!』と自ら言って歩いていたようなもの
ではないか?と素人目に考えても、いささかの理解も
し難い個性を持ち合わせた人物だったのは間違いなさ
そうです。

だとしても現金を強奪されて殺害されると言う末路
には悲劇意外の何物も感じません。

ただただご冥福をお祈りします。


おわりに

東京都青梅市の1億円強奪事件で殺害された小川和男さんの職業はキャバクラ経営かという噂があり、実際本人が店舗経営していたと話していたらしいのですが詳細はまだわかっていません。
小川さんの家族の存在や評判もはっきりとした情報が出ておらず闇に包まれたままですがおそらく一人で暮らしていたのではないかと思われます。
防犯カメラに写っているわずかな犯人につながる証拠から、捜査の大きな進展が期待されるところです。
大きなお金がもたらした悲劇の恐ろしさを感じるばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 氏家美穂アイキャッチ
  2. 橋本貴仁アイキャッチ
  3. 久保木愛弓アイキャッチ
  4. 石原信明アイキャッチ
  5. 稲葉秀明アイキャッチ
  6. 大橋利雄アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて