小倉実里のエステ経営が謎?高村良と被害者にした残忍行為は鬼畜の仕業

この記事は5分で読めます

小倉実里

まさに鬼畜の仕業とはこの事と言えるような残忍な
行為を知人女性に行っていた小倉実里容疑者と高村良
容疑者。

エステ店経営をしていたと言われる小倉実里の画像
公開で驚愕の事実が明らかとなりました。

事件の凄惨過ぎる内容もさることながら、小倉実里と
高村良が被害者にした残忍行為の詳細と今月末に明らか
となる判決の行方を追って見ようと思います。

Sponsored Link

小倉実里と高村良の千葉県酒々井町の同居人傷害事件

30年5月に近隣のコンビニエンスストア店員により警察
に通報された事で発覚した千葉県酒々井町の元エステサロン
経営者の小倉実里容疑者とその内縁関係にあった高村良容疑者
の同居人障害事件。

小倉実里
高村良
二人は、当時小倉実里容疑者が経営するエステサロンで
働く知人女性が、交際する男性と喧嘩した事をきっかけに
行き場を無くした被害者女性が、元々知り合いで姉妹の
ように仲良くしていた小倉実里容疑者に同居を頼みます。

29年5月頃「一緒に住ませて欲しい」と願い出た従業員
でもあり姉妹のような関係だった被害者女性を受け入れて
二人の同居生活が開始。

当初良好にも見えた女性二人のの同居生活に亀裂が
入ったのは小倉実里容疑者と交際相手だった高村良
容疑者も、この女性二人の同居に加わって関係が徐々
に一変する。

29年10月から同容疑者らとの同居生活が開始された
三人の生活は、同居から1ヶ月後の同年29年11月に
高村良容疑者が最初に被害者女性に平手打ちした
事から始まる。

最初のきっかけは
『約束を守らないから』が原因で、当初は小倉実里
容疑者も、高村良の暴力を止めていたが、徐々に
歯止めが効かなくなったのが、酒々井町内の一戸建て
住宅に引っ越した30年3月頃からがエスカレートする。

当初の暴力の始まりで、充分可笑しいので逃げる事も
出来ただろうが結局、当時26歳だった被害者女性の
子供まで持ち出して

「子供にも同じ事をするからな」の脅しに怯え被害者
女性がマインドコントロールされる中、30年5月に
コンビニ店員が3ヶ月くらい顔を異様に腫らした状態の
被害者女性を見兼ねて警察に通報。

コンビニ店員が不審に思うのも無理が無いレベルに異様に
腫れていたと言われる被害者女性の顔は当時バスケット
ボール並みに腫れていたそうです。

恐らくまともな判断が付かない状態まで心身衰弱状態に
陥っていた被害者女性の事件はコンビニ店員のまともな
感覚により発覚し被害者が保護されるにいたります。

そして今回、事件から1年の月日が経ち、ようやく
裁判となり、小倉実里容疑者と高村良容疑者は互いに
被害者を脅かしているところを見た事も無い、の主張や
お互いが被害者女性に暴行している所を見た事も無いと
主張。

だが、現在に至り強い障害が日常生活にも残る被害者
の傷害状態を加味しても、二人が口裏合わせしていた事は
明らかで、検察側は論告で共謀関係が成り立つと主張。

両被告に懲役7年を求刑しています。

この懲役が長いとみるか、短いとみるかは、その暴行の
内容にもよると思いますが、どうやら被害者女性が
この二人から逃亡することが出来なかった理由とは
その暴行の内容が想定外に壮絶だったから故の心身衰弱
も疑われていたのです。

Sponsored Link

小倉実里と高村良の被害者残忍行為が鬼畜レベル

その小倉実里(28歳)と高村良(29歳)が被害者女性
(26歳)に行っていた暴力の数々を紹介しましょう。

まさに鬼畜レベルで、小倉実里に関しては従業員でも
あり7年前から姉妹の如く仲良くしていた被害者女性に
対して行った行為としては、異様な暴力だったのです。

29年11月の三人の同居生活から1ヶ月後のはじめの
高村良容疑者の平手打ちから、当初は止めに入って
いた小倉実里容疑者も、その後すぐに殴る蹴るの暴行
に加わるようになります。

暴力のエスカレートはその後、当時住んでいた場所から
一戸建ての酒々井町内に引っ越してから更に内容が鬼畜
レベルにエスカレートします。

休日に釣りに出かけて道案内する約束を車で居眠りした
事に激怒した高村容疑者は、

「嘘ばかり付く、口を開けろ」と言い釣り用のベンチで
歯を折った
そうです。

既にこの辺りから、高村と小倉両容疑者のタカは外れて
いたのでしょう。

その後も「お金を盗んんだ」と言いがかりを付けては
ベンチで口や耳をつかんで出血させる。
額火傷
ある日には小倉実里がポットの熱湯を額に当てて三回に
渡り熱湯を顔にかける。

当然赤く腫れあがり完全に火傷状態になった被害者女性は
顔の火傷をファンデーションの厚塗りで赤みや傷を誤魔化して
いたそうです。
火傷

額から流した熱湯は身体にも流れ、ひと時は洋服も着られ
無いほどの火傷を身体にも負ったとの事。

この他にも、正座した状態で太ももに竹串を刺されたり
コードで背中を鞭打ち、左目眼球を網膜剥離、(はくり)
心的外傷後ストレス障害(PTSD)の診断を受けています。

また突っ張り棒が折れる程の強さで身体のアチコチを
打たれるなど、異様なレベルの、まさに鬼畜な仕業で
被害者女性を徐々に追い詰めて極限状態にまで陥らせて
いた事が分ると思います。

また、これ程の暴行を繰り返した被害者女性にまともな
食事も与えず、どれほどの借金が小倉容疑者にあったかは
定かではありませんが、その借金返済を理由に、それらの
暴行を繰り返しつつもエステで勤務させた給料は一切与えて
いなかったそうです。

その上、警察や病院で暴行発覚を恐れる二人は万が一の
時には「自分でやったと言え」と嘘を強要。

プラス子供が居たとされる被害者女性に子供も利用して
「お前の子供にも同じ事をするからな」と執拗なまでに
口止めしつつ、離れられない状態にマインドコントロール
して暴力の限りを尽くしていた。

これが小倉実里容疑者と、高村良容疑者の二人のしてきた
暴行の限りです。

これだけの暴力の限りを5ヶ月に及び尽くして懲役7年
正直短すぎるのではないでしょうか・・・

法治国家である日本とは言え、鬼畜レベルのこの暴行に
僅か7年の懲役では正直他人でも納得できる人は居ない
と思います。

短すぎる!

この一言に尽きます。

Sponsored Link

小倉実里がエステ経営が謎の驚愕本人像!

そして既に逮捕されて1年の月日がたった小倉実里
と高村良容疑者の画像もネットで確認出来る状態です。

高村良容疑者はともかく・・・小倉実里容疑者の画像に
驚愕をした人が多いのではないでしょうか?

元エステ経営者との情報を聞いていたので、どんな女性
かと思ったら・・・・・??と言うのが世間の感想だった
ようです。

エステでも今は色々な種類がありますが・・・

自称エステ経営
この小倉実里容疑者のエステは一体どんなエステだったのか
気になりますよね。

この体系でまさか痩身ではないでしょう・・・汗

ネットで出ている情報では小倉実里容疑者が、どんな
エステを経営していたのか内容は明らかになっていない
ようです。
自称元エステ経営者との事らしいですが、一応被害者女性
も、この小倉実里の経営するエステを無償で働かされていた
ようなので、エステ経営は間違いなさそうなのですが・・・

失礼ながら小倉容疑者の容姿とエステが結び付かない
職業に驚いた方も多かったのではないでしょうか。

おわりに

小倉実里容疑者は被害者女性の姉の友人として被害者と知り合っています。姉妹のように仲良くして頼られた上での同居生活からの暴行に何故歯止めが効かなかったのか?被害者女性の受けた傷は心身共に深く今も苦しんでいるだろうことは想像に容易い事件だと言えるでしょう。判決が6月26日に発表されますが、正直懲役7年は、彼女らのした犯罪を考えると、明らかに短すぎる、というのが感想です。プラス10年でも良いと思える程、卑劣な行為で人を苦しめた二人に極刑を持って挑んで欲しいと願うばかりです。被害者女性の心の平穏の為にも。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 大橋利雄アイキャッチ
  2. 飯塚幸三アイキャッチ
  3. 佐野太アイキャッチ
  4. 上倉崇敬アイキャッチ
  5. 稲葉秀明アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて