大坪寛子の家族に夫も絶句!華麗なる経歴と和泉洋人のヤバ見な関係

この記事は3分で読めます

安倍政権の和泉洋人首相補佐官(66)と厚生労働省
幹部の大坪寛子審議官(52)が不倫関係にあることが
週刊文春で報じられました。

公費での出張で私的なデートを行ったとして話題に
なっていますが、これまでも銀座で手をつないだりする
現場が目撃されており長く不倫関係にあったのではと
推測されています。

大坪寛子厚生労働省大臣官房審議官の華麗な経歴や、
家族や夫も絶句するであろう和泉洋人首相補佐官との
ヤバ見な関係についてお伝えします。

Sponsored Link

大坪寛子プロフィール

名前:大坪寛子(おおつぼ ひろこ)
生年月日:1967年8月24日
住所:東京都千代田区在住
年齢:52歳(20年2月時点)
職業:厚生労働省大臣官房審議官
大学:東京慈恵会医科大学医学科
趣味:旅行・ドライブ
信条:人事を尽くして天命を待つ

大坪プロフィール

医学部卒で、医師でもあり、国立感染症研究所など
医療関連の職を歴任し、厚生労働省に入省するなど
女性エリートとして若くして重用されている存在で
あることは間違いありません。

また2015年と2016年の厚生労働省採用パンフレット
にのるほどの美人官僚でもあります。

2019年に厚生労働省大臣官房審議官となり、同時に
和泉洋人首相補佐官との不倫デート現場にスポットが
あたり、今回の大きなニュースとなりました。

大坪寛子と和泉洋人のヤバ見な関係

大坪不倫
大坪寛子審議官と和泉洋人首相補佐官の堂々写真に
撮られるほどのヤバ見な関係が明らかになり、不倫を
通り越し政府や公費の使用などに大きな不満が
飛び始めています。

不倫デート
出張ついでに縁結びで知られる京都の貴船神社に行き、
揃って参拝したり、手をつないで歩いたり、カキ氷を
スプーンであーんと食べさせる
などかなりの親密さで
これは否定できないのではと誰もが想像するほど。

おまけに、18年に4度インドその他の海外外遊に隣の
部屋とつながっているコネクティングルームに宿泊

していたことも報じられ、密会不倫と同時に驚く事に
その宿泊費などを185万円を政治資金で賄っていた事に
国民の怒りをかって話題となっている状態です。

お堅い仕事にいる2人が私的旅行していたと
いわれても仕方がない事実まで判明しています。

官僚の行動や発言が、近年国民からも厳しく
チェックされていることを知っていながらの
大胆不謹慎な行動には呆れてしまうほどです。

Sponsored Link

大坪寛子の華麗なる経歴

大坪寛子審議官は、東京慈恵大医科大を卒業
していますが、その後の経歴は以下のように
なります。

1992~2006年 東京慈恵医科大学医師(腫瘍・血液内科)(2000年医学博士取得)
2006~2008年 国立感染症研究所研究員
2008~2011年 厚生労働省入省
2011~2013年 環境省総合環境政策局企画課特殊疾病対策室
2013年~2015年 厚生労働省医政局総務課医療安全推進室
2015年~内閣官房健康・医療戦略室参事官
現在    厚生労働省大臣官房審議官

医師、官僚と華やかすぎる経歴で、女性としては
かなりのやり手であり、現在は厚生労働省女性幹部特に
内閣官房健康・医療戦略参事官すなわち次室長の
立場にあります。

ここの室長が和泉洋人首相補佐官であり、ツートップ
としてパートナーであったことがわかります。

エリート同志が出会うべくして出会い、不倫関係に
なったといってもよいでしょう。

大坪寛子の夫や家族に子供は?

家族夫
大坪寛子審議官の家族については明らかに
なっておらず不明な点が多いのですが、現在は
独身
でいらっしゃるようです。

週刊文春の報道では、バツイチでシングルマザー
であると伝えられていますが元夫が一般人なので
詳しいことは確認できません。

大坪寛子審議官が慈恵医科大学の附属病院の
内科医として勤務中の2006年に結婚し、病院を
退職しているらしく夫については不明ですが、同じ
医療関係者だったのかもしれません。

シングルマザーということなのであれば、子供も
いたということになり、今回の不倫騒動にはきっと
元夫や家族も驚いていることでしょう。

Sponsored Link

和泉洋人首相補佐官の家族や嫁もドン引き?高学歴でも不倫の体たらく

おわりに

華麗な経歴をもつ大坪寛子審議官と和泉洋人首相補佐官の、エリート官僚同士の不倫騒動は、周囲も絶句するほどの親密さが暴露され、そのヤバ見な関係は国民を巻き込む騒動に発展しそうです。
大坪寛子審議官はシングルマザーのようですが、和泉洋人首相補佐官には妻や家族があるのを知っていながらの4年にわたる上司部下の関係で生まれた不倫関係にまつわる事実はもっと出てきそうです。
彼女の持つ信条である「人事を~」の言葉を裏切らない賢明な国民への説明が待たれるところです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 河野太郎アイキャッチ
  2. 穴見陽一アイキャッチ
  3. フジモリ大統領
  4. 劉少奇アイキャッチ
  5. 江青アイキャッチ
  6. 米山隆一アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて