松野頼久夫人松野素子元ホステスの小川直也にの乗っ取りがやり手過ぎ

この記事は3分で読めます

松野頼久アイキャッチ

元維新の党の代表を務めた松野頼久氏の夫人松野素子
の暴走天使が止まりません。

元ホステスで華やかな経歴で知られる夫人松野素子が
あの小川直也との密会を続けています。

今や小川直也も骨抜き状態にされていると言われる
松野頼久夫人の魅力とそのヤリタイ放題な女の悪評とは?

夫松野頼久に三行半で小川直也に華麗なる乗り換えを
目論む松野素子とは一体どんな女性なのか?

過去の経歴と華麗なる男性遍歴を追ってみよう~

Sponsored Link

松野頼久夫人松野素子は元ホステスの評判は悪女?

松野頼久氏自身も政治家の中では異例の人物と
して華やかで派手なイメージを持つ人が多いと
思うが、松野頼久と夫人の松野素子の出会いは
高級スパーでの買い物中に夫人が頼久氏に一目ぼれ
した事
がきっかけだったともいわれていたり・・・

はたまた六本木の元ホステスとして勤務していた過去
松野頼久氏自身が、婦人に惚れぬいて通い詰めたとも
いわれたり・・・

嫁
そんな二人は見事にゴールインするのですが当時
既に再婚同士。

松野頼久氏の元嫁情報は調べた範囲内では分かりません
でしたが、婦人の元夫は仕手筋として名を馳せた不動産
会社の社長
だったというから驚きます。

その前夫から父親や祖父にバリバリの政治家と言う
御家柄の松野頼久をゲットするだけの美貌と魅力が
あった松野素子夫人。

それが何故今になって、別居状態が続き離婚を視野に
入れた話し合いをしていると言われているのか・・・

松野頼久の夫人松野素子が小川直也を乗っ取りのヤリタイ放題

そればかりか、この数ヶ月は元日本代表の柔道家と
しても活躍している小川直也との密会が報道されている。

何と小川直也(50歳)が松野素子(58歳)に夢中に
なって周囲が心配している程の関係だという。

松野頼久嫁
熊本を地盤に衆議院議員を6期務めて民主党政権時代には
鳩山由紀夫総理の側近として官房長官まで務めた頼久氏も
去年の総選挙で落選。

かれこれ選挙となれば、ハイヒールを履いて選挙運動に
駆けつけるなど、ミニスカにハイヒールでの選挙運動は
地元熊本でも語り草に成程派手で有名だった素子夫人。小川直也

去年の選挙でも憶する事なく
『代議士じゃなくなったら離婚する』と豪語していた
と言うから・・・まさに落選後の公言続行と言う所か。

そして既に離婚を前提の話し合いと言われる中の
小川直也との横浜密会報道・・・

物凄い分かりやすい言動一致をモットーとしてるのか
定かではありませんが・・・

完全吹っ切ってる風の素子夫人の強心臓と行動は他を
寄せ付けない迫力で世間の目など馬事雑言といった風~

半端じゃありません・・・

松野頼久も打つ手なし?やり手夫人の三行半

離婚前提とは言っても華麗なる政治家一家だけに
留まらずかなりの資産家でもある松野頼久氏との
間には娘を二人授かっている。

そして松野家の資産は
富洋の賃貸し収入が年間1億5千万円に東洋冷蔵の
売り上げも1億はくだらない収入が年間にして入って
くる家系。

夫人のおねだりで建てられたと言われる松濤の松野邸は
5億円だと言われる超豪邸で、愛車はベンツやベントレー
フェラーリを買い与えられ乗り回している素子夫人。

前夫も仕手筋の不動産社長、現在の夫も政治家3世。

そしてその現夫が選挙落選から政治家としての陰りが
見え始めてキッパリと次のブランドとして柔道界の
重鎮小川直也を術中に収める辺りが・・・

物凄い美人とは思うものの、かなりのやり手夫人で
ある事は間違いないでしょう。

今の夫の力に陰りが見えたら三行半!

そして財産分与だってどっちゃり頂きます~的な
松野素子58歳が凄すぎる・・・

一応誉め言葉として~ですよ・・・

Sponsored Link

おわりに

松野頼久氏も頭を抱える夫人の暴れん坊将軍も顔負けのヤリタイ放題は惚れた弱みなのか?男女の仲は他人には分からないとはいうものの、これ程分かりやすいブランド男をゲットして還暦前でも堂々離婚成立前に次のターゲットへとめぼしを付けてデートを繰り返す強心臓ぶりが夫人の何よりの強みなのかもしれませんね。美人であるこを最大限マックス利用している松野素子夫人の今後に益々目が離せません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 茂木敏充アイキャッチ
  2. 船後靖彦アイキャッチ
  3. 世耕弘成アイキャッチ
  4. 石破茂アイキャッチ
  5. 石原慎太郎アイキャッチ
  6. 緒方夕佳アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて