GACKTの仮想通貨スピンドルが臭い?逮捕の可能性と売り逃げ疑惑

この記事は4分で読めます

GACKTアイキャッチ

GACKTの仮想通貨がかなり胡散臭く逮捕の可能性
もあり得るかもと話題になっています。

野田聖子総務相の夫を介しての繋がりや圧力などで
騒がれている仮想通貨スピンドル通称GACKTコイン。

いつもなら言わないGACKTがコイン売り出し前に妙な
仮想通貨アピールをツイッターでしていたことは周知の
事実です。

GACKTコインを自身がアピールして吊り上げし暴落前に
売り抜けていたとの噂や、今後のスピンドルが
どうなるかなどGACKTの逮捕の可能性も含め追ってみよう。

Sponsored Link

仮想通貨スピンドル、通称「GAKCTコイン」とは?!

 

GACKTコインと言うのは、運営元が「ブラックスター」
という会社で、ここが発行する仮想通貨
「SPINDLE(スピンドル)」の事です。

芸能人のGACKTさんがプロデュースして応援している
事で有名となり、通称「GACKTコイン」と呼ばれています。
 
なぜ、ミュージシャンであるGACKTが仮想通貨の
ビジネスを始めたのか?という疑問に、ネット上で
考察されていたものがあります。

その理由というのは簡単で、恐らく金銭的、経済的な
問題
があるだろうということです。

GACKT自身のブログにも書かれている様に、また様々な
事業に手を出しては失敗しているところから、音楽の
収入源もなく困っているのかもしれないと見られています。

ここ数年は音楽活動も特に目立ってはいないため、何とか
起死回生を狙ったのではないかと言われています。

それでツイッターで仮想通貨について宣伝するような
発信をしていたのですね~何か可笑しいな~っと思ってましたが・・・

GACKTが仮想通貨プロデュースは本当か?

 

運営会社「ブラックスター」の平井政光CEOが
指摘した問題に答えつつスピンドルへの思いを
語っています。

新規コイン発行にあたってGACKT氏の存在感が
大きいようにみえるが、メリットとデメリットは
何かという質問にたいして、

「GACKT氏がいることで注目され、関心を持ってもらい、スピンドルを知ってもらうことができたのはいいこと。ただ、注目度が高い分、過剰な期待をかけられ、それが批判につながることもありました」
 
また、GACKTコインと呼ばれることもあるこのコインだが
GACKT氏は広告塔としての参加ではないのか?
との問いには

「(GACKT氏も)スピンドルのプロジェクトメンバーの一員です。私も含め、主要メンバーはBtoBの世界で生きてきた。それに対し、GACKT氏はエンターテインメントを通じて、お客さんと直接、接してニーズを掴んでいます。それだけにプロジェクトマネージャーとしての実力は高く、能力は優れています」

 
と、中心メンバーとしてGACKTが参加して
いたことを明かしています。

GACKT自身も自分のブログやツイッターでスピンドルの
すばらしさを熱く伝えていました。

正直第三者としては結構気持ち悪い宣伝の仕方でしたが・・・汗

Sponsored Link

GACKT崖っぷち!逮捕までのカウントダウン?

 

こうして発行されたGACKTコイン、前売り段階で
220億円ほど売れたようです。

 
しかし2018年8月3日時点では、上場前は1コイン
30円だったところ、現在は0.3円切りそうなほどに
暴落していました。
 

大暴落した理由としては、金融庁から野田聖子を介しての
圧力問題が問題視された事から始まります。

仮想通貨を発行するには金融庁に登録が必要なのですが
ブラックスターは登録していなかったようで、資金決済
法違反の状態だったそうです。

そこへ金融庁から登録要請と、登録がないままなら
捜査するとの警告がされていたようです。

そして先日、野田聖子総務相との関連などが
報じられ、いよいよきな臭い噂が真実味を
帯びてきます。

スピンドルにはロックアップという特徴があり
上場して一定期間は売却を制限される仕組みが
あるそうです。

これは上場後の仮想通貨の急激な変動を防ぐために
売りや送金が出来ないように凍結する仕組みの事なのだとか。
 

運営側は、その通貨の価値が上がるタイミングを知っていて
そのタイミングで一斉に運営が通貨を売り、価格が下落
することを防ぐという効果もあります。

 
しかしここで重要になってくるのが、運営は価値変動
タイミングを知っているというところです。

 
運営側の中心に居たGACKTさんは上場直後に
数千万円分売り抜けていたという噂があります。

これは草コインと呼ばれる無名の仮想通貨を使った
ICO(資金調達)でよく見られる手口で、

『上場後に100倍になる』

『あの有名人も出資している』

などの売り文句で出資を募り、上場後に胴元側だけが
抜いて荒稼ぎするという、バックに半グレや反社会的
勢力がいることも多いとのこと。

警察関係者は

「東スポや複数の週刊誌が取り上げたことで、当局も無視するわけにはいかなくなったようです」

「現在、警視庁生活安全部内のサイバー犯罪対策課がスピンドルの件を調べていると聞いている。当然、GACKTも捜査対象だ」
 
と話しています。
 

このGACKTコイン騒動に関して、ネット上では
GACKT逮捕まで秒読み!

という噂で持ちきりです。

しかし、これはホントに笑い事じゃなくなって
いるかもしれませんね。

それが証拠にこれまでのように批判の対象となった時
しっかりブログやツイッターで反論してきたGACKT自身が
これほど報道されながら無言を通しているのが論より証拠では
ないでしょうか・・・

GACKTの逮捕は本当にカウントダウン状態なのかもしれません。

まさか逮捕となったら芸能界がまたも大荒れですね・・・

Sponsored Link

おわりに

この騒ぎを眺める立場では、ひとつのニュースとしてとらえるだけですが、実際にGACKTコインを購入されている方は多大な損害で笑い事じゃありませんよね…何とか損失を軽くする方法があれば良いのですが…。しかしGACKTさんはこれから芸能界活動はどうなるのでしょうね。まだまだ続報から目が離せません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 高見沢俊彦アイキャッチ
  2. 大友康平アイキャッチ
  3. 宇多田ヒカルアイキャッチ
  4. 高見沢俊彦アイキャッチ
  5. 加藤ミリヤアイキャッチ
  6. YOSHIKIアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて