カジノ法案のメリットや候補地は?パチンコ業界への影響はある?

この記事は4分で読めます

カジノ法案アイキャッチ

カジノ法案の散々な反対意見を押し切る形で
可決を成立させた安倍政権。

可決が決定した今となってはカジノがどこに
できるのか候補地が気になりますよね。

そして巷でよく聞くパチンコ業界との影響も
懸念されています。

カジノ法案可決にって得られるメリットデメリット
またカジノの候補地予想など、を調べてみました。

Sponsored Link

そもそもカジノ法案って何?!

 

カジノ法案(統合型リゾート(IR)整備推進法案)
とは、正式名称を「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」
といい、簡単に言うと

「これから統合型リゾート(IR)を作っていきましょう」
 
という法律です。
 
カジノ法案と呼ばれていることから誤解されがちですが
単にカジノを作るための法律ではないのです。

この統合型リゾート(IR)はどういった施設かというと
国際会議場・展示施設といったいわゆるMICE施設
(会議(Meeting)、研修旅行(Incentive Travel)
国際会議(Convention)、展示会・イベント
(Exihibition/Event))、ホテル、劇場、映画館
アミューズメントパーク、ショッピングモール、レストラン
スポーツ施設、スパなどの温浴施設、カジノを一区画に
含んだ複合観光集客施設です。

カジノ法案成立のメリットデメリット

 

このカジノ法案を成立させた大きな目的というか
メリットとしてあげられる一つが、外国人観光客を
集客し、日本経済を活性化させることです。

 
中国人観光客が日本製品を根こそぎ買っていく姿を
「爆買い」と称して話題になったのはまだ記憶に
新しいですが、その経済効果は非常に高いものでした。

 
停滞している経済状態を打破するため、観光大国
としての地位を確立することを目指している日本として
もっと外国人観光客に日本に来てもらうには
どうすればいいか?

という問いの答えの一つとして
カジノ法案を提案したということです。

 
しかしカジノ法案には成立した今でも
根強い反対意見がデメリットとしてあります。

 
その理由として最も大きなものは
「ギャンブル依存症への懸念」だとされています。
 

日本で合法的にカジノが遊べるようになることで
ギャンブル依存症が増加するのではないかという
ことですね。

ギャンブル依存の他には、「治安悪化の懸念」
「マネーロンダリングの場となる危険性」
といった問題もあります。

こうした問題に対してどのような
対策をとっていくのか、政府の動きに
注目が集まっています。

とは言え、既にギャンブル大国と言っても過言ではない
日本にはパチンコはじめ競輪競馬、競艇などギャンブル依存症
の最たる原因や実際の依存症が一定数確認されている事を
放置して今更何を~との声が多いのも確かですが・・・

パチンコ業界への影響は殆ど無いらしい!

 

日頃私達が触れる機会がある賭け事っぽい事
(あえての表現)としては、パチンコや
パチスロがありますよね。

カジノ施設が出来る事でパチンコ業界には
影響ないのでしょうか?

 
カジノ法案が成立したことで

「パチンコ業界がダメージを受ける」

「カジノ法案の狙いはパチンコ潰しである」

という巷の声を聞いた人も多いかと思いますが
実際どうなのでしょうか。

上記2つの巷の声は、なんとなくもっともらしく
聞こえるのですが、結論から言えば

「カジノとパチンコは競合相手にならない」
 
との話があります。

その理由として大きく2つあり、そもそも
カジノとパチンコは狙っている客層が違う
というという点と、カジノでは全国各地の
パチンコ消費者を吸収しきれないという点
だといわれています。

 
パチンコは庶民向け、店舗の近隣に住む一般住民が
想定している客層であり、カジノは富裕層向け
外国人などの観光客用、と見られています。

 
カジノが付設される統合型リゾート施設が
検討されているのは全国で2-3か所のみであり
それらが仮に大成功を収めたとしても、さすがに
全国各地にあるパチンコの消費者はさばききれない
とみられます。

施設建設箇所をもっと増設しようとしても、全国で
見て10か所も出来るかどうかというところでしょう。
 

しかしパチンコは既に全国で1万以上の店舗があります。

これらの自宅近隣にあるパチンコを楽しむ消費者が
数か所しか存在しないカジノにばかり通うというのは
ちょっと考えられませんね。

 
パチンコが衰退するとしたら、カジノが原因ではなく
年々厳しくなっていっている規制によるものではないでしょうか。

個人的には別次元だと思います。

国内では(日本人)からは入場料を取る事ですし、むやみに
パチンコ産業から人が流れるとは考えにくいのでは~と思います。

Sponsored Link

気になるカジノの候補地は!東京大阪長崎?!

 

前述したカジノの想定客層の「富裕層と外国人などの観光客」
という面からも解るように、観光地としてふさわしい地域を
候補地とされると考えられます。

 

カジノ誘致の候補地として立候補している地域があり
それが北海道、東京都、神奈川県、大阪府、長崎県
沖縄県
などが挙がっています。

 
日本のカジノ設置は当面3か所までにするという事ですので
どこに誘致されるのか予想してみましょう。
 

まず東京は首都でありますし、アクセス関係も非常に良く
集客に関しては申し分ないと思われます。

しかしレインボーブリッジにより豪華客船が入港できない
などの不都合な理由もあるようです。

むしろ「東京ディスニーランド」があり、海にも
隣接している千葉県の方が有力なのかもしれません。

そして大型リゾート地を日本の中で固めて設置
することも無さそうだと考えれば、関東以外で言えば
「北海道」「関西」「九州」「沖縄」
くらいの
ばらけ方をさせる事になるかもしれません。

その「関西」では、大阪がアクセスの良さ、2025年の
国際博覧会の誘致決定など、関西全体の経済活性化
という面でも有力地でしょう。

 
既にある程度経済が潤っている都市よりも、地方都市に
誘致した方が地域活性化という面では効果があるのでは
という意見もあり、「九州」としては、長崎県でしょうか。

長崎県佐世保市のハウステンボス内へとの
話も聞こえてきます。

 
またカジノは室内施設での遊戯になりますので
気温変化が厳しい「北海道」でも十分経営できる
と思われます。

「沖縄」に関しては、観光で訪れた場合でも
アウトドア志向で観光に行くイメージから、あまり
カジノとしては合っていない気もしますね。

 
ディズニーランドが関東にありますので、あえて
関東を外して「北海道」「大阪府」「長崎県」
という3か所になる可能性もありますね。

 
どこに決まるとしても、すぐに建設してオープンなど
出来るはずもありませんよね。

2020年の東京五輪までに進めていきたい
というのも解りますが、現状では

「五輪までには不可能ではないか」

「早くて2025年以降ではないか」
 
との声も聞こえています。

Sponsored Link

おわりに

誘致候補地も気になりますが、頻繁にカジノに行けるほどの富裕層でギャンブルが好きなのであれば、どこに出来ても行く気がします。多くの人は、観光に行った記念に覗いてくる程度の遊びとして触れることになるのではないでしょうか。地域活性等については、楽しみですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 小室圭アイキャッチ
  2. 大塚家具アイキャッチ
  3. 眞子様アイキャッチ
  4. 眞子様アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて