英祖(ヨンジョ)の母は淑嬪崔!王の子供じゃない噂と数々の疑惑

この記事は6分で読めます

英祖アイキャッチ

朝鮮王朝21代王である英祖(ヨンジョ)は、
52年ものあいだ座位した朝鮮王朝最長の在位
期間を誇る王です。

彼は韓流時代劇ドラマ「秘密の扉」や「イ・サン」
では主人公や重要人物であり、韓流ドラマ好きな人なら
「ドラマではあんまりいいイメージはないけど、
史実ではどんな人物だったのかな」と気になるところでしょう。

英祖(ヨンジョ)の有名なエピソードの1つに
我が子である思悼世子(ヨンジョの後継ぎ)を
米びつに閉じ込めて餓死させたという
おそろしいものがあります。

この一件以外にも横暴なところがあり暴君として
名を馳せる英祖(ヨンジョ)ですが実際はどんな
生い立ちを持つ人物だったのでしょうか?

今回は、朝鮮王朝21代王の英祖(ヨンジョ)に
ついてをまとめましたので、ぜひご覧ください!

Sponsored Link

英祖(ヨンジョ)プロフィール

名前:李昑(イ・グム)
在位:朝鮮王朝21代王・英祖(ヨンジョ)
在任期間:1724~1776年(52年)
生年月日:1694年10月31日
死亡:1776年4月22日(81才)
両親:父は朝鮮王朝19代王・粛宗(スクチョン)、母は淑嬪崔氏
妻:王妃は貞純王后、側室は5人
子供:2男7女

朝鮮王朝21代王 英祖(ヨンジョ)の時代の日本は?

500年以上も続いた朝鮮王朝の王の中でも
27人の王の中で最も長く王座に座った英祖
の生きた時代の日本は何時代だったのでしょう。

英祖は座位52年を誇り、1694年生まれで
81歳の長寿を全うした王でもあります。

1694年から1776年の時代において81歳の長寿は
かなり珍しく短命な王が多いだけに群を抜いて
長寿だった英祖の人生もまた波乱に満ちた人生
でした。

21代王英祖の生きた時代は日本は江戸時代
でした。

ちなみに江戸時代は265年続いた徳川幕府で
1603年から1868年265年もの間続きます。

それ以前の戦国時代が終焉して始まった徳川
幕府による江戸時代は一般的に太平の世として
文化や芸術も栄えた時代です。

ヨンジョの母は淑嬪崔(スクピン)トンイだった

スクピン
朝鮮王朝21代王であるヨンジョの生母は、
韓国時代劇ドラマ「トンイ」の主人公でもある
淑嬪崔(スクピン)でした。

スクピンが王宮入りした経緯は朝鮮王朝19代王・粛宗
(スクチョン)
の正室である仁顕王后の女官として
王宮入りしたなど諸説あります。

しかし中でも有力なのが、身分の低い女性が就く
水汲み係として王宮入りしたという説です。

残された史実には王室の下働きだったのは
間違い無く記されているそうです。

雑用をする下女でしたが、たまたま王宮内で
スクチョンに見初められて側室にまで登り詰めた
シンデレラガールだと思うと魅力的でステキな
女性だったのでしょうね。

スクピンは1693年にスクチョンの子である長男を
出産しますがわずか2ヶ月でこの世を去り、その
翌年1964年にヨンジョを出産します。

ヨンジョが王(粛宗)の子供じゃない疑惑

スクチョン
王の子であるヨンジョは朝鮮王朝内では高貴で
尊い存在であるはずでしたが、あるとき
「スクチョンの子ではないのでは?」という
疑惑が出てきました。

かつてスクチョンの後継者を決める際にヨンジョの
兄である景宗(キョンジョン)か、ヨンジョら家臣の
間で議論になった際キョンジョンを強く推す小論派が
ウワサしたのが疑惑のきっかけでした。

また、スクチョンの側室である張禧嬪(チャンヒビン)
が産んだ子(ヨンジョからすると腹違いの兄)に
ヨンジョが全く似ていないというのがウワサの1つの
原因でもありました。

さらには朝鮮王朝時代から存在したと言われる、顔の
相を見る「顔相」という朝鮮王朝にいた専門家から見ても
ヨンジョは父である19代王スクチョンに全然似ていなかった
と言っていたことあり、そうしたことから

「スクチョンの子ではないのでは」という疑惑が
さらに深まっていきました。

兄弟とは言え、似ていない子は、たくさん、
いるものですが血筋を重んじる朝鮮王朝時代では
「王や兄弟に似ているか」というのはとても
重要なことだったようです。

とはいえ兄弟とは言え全くの腹違い、父親のスクチョン
に似てないのは疑惑のネタになったのは理解できますが
腹違いの兄ヨンジョに似てないは少々無理があるのでは
と思えてしまいます。

実際男兄弟でも女兄妹でも得てして似てない全く
似てない兄弟の方が多いと思うのですが…

当然ならが当時は現代のようなDNA鑑定がなかったので、
顔が似ているかどうかというのは王の遺伝子を継いでいるかが
もっともわかりやすいポイントとされていたのですね。

仕方無いと言えば仕方ありませんが、様々な事で疑惑の
対象となったのがこの時代の王室では日常茶飯事だった
のでしょう。

Sponsored Link

ヨンジョの政治思想は母スクピンの教え

とはいえ生涯を通して52年もの間、政権を握り
当時としては異例の81年と言う長寿を全うした
ヨンジョは朝鮮王朝の中でも、大きな功績を
残した王として英祖の名を受けついています。

王には亡くなった後に付けられる名として

大きな功績を残した王にはの字を

徳のあった王にはの字を付けられています。

ヨンジョは英祖として今に語り継がれる王でしたが
その功績は母のスクピンからの影響が大きいと
言われます。

冒頭でも説明したように母のスクピンが庶民の中でも
最も身分の低い賤民だったからこそ幼い頃からヨンジュの
教育に常に弱い者や庶民の気持ちが分かる王となるよう
教えました。

その甲斐あってヨンジョは52年の王座位の間、様々な
疑惑がかけられる中でも政治思想は、それまでの王に
比べると比較にならないレベルで庶民に寄り添った政治
をしたと言われています。

自身の生活も王族と言えど派手な生活を好まず常に
質素倹約を心かげ、不正を働く官僚を厳しく対処し
徴税負担の軽減も取り入れた
王でした。

また不当な判決には王に直訴できるシステムや罪人への
最低限の人権や過酷過ぎる刑罰を廃止するなど、それまでの
王が手掛けなかったシステムをどんどん取り入れて王室を
改善していきます。

こうした政治思考の影響に母スクピンの影響が
大きかったのは間違いないと言われています。

ヨンジョの悩みは母スクピンの賤しい身分

とは言っても建て前と本音の紙一重の所で
身分制度の明確だった朝鮮王朝では常に自らの
出生は何かと取りざたされる世界でした。

前述しましたが、ヨンジョの母であるドラマ「トンイ」
のヒロイン、スクピンは、スクチョンの側室になる前は
王宮の水汲み係の下女だと言われています。

「トンイ」でも、賤民から水汲みとして王室に入室
した様子が描かれていました。

だから27代続いた朝鮮王朝時代でも最も身分の低い
生まれから王に見初められた女性としてスクチョン
は語り継がれてもいるのです。

ただ身分制度が現在の比ではなかった朝鮮王朝時代に
王であるスクチョンの子を産みこそはしましたが
元々は賤しい身分の娘であったため、ヨンジョは
そのことについて引け目を感じ常に悩んでいたそうです。

前の章でもお伝えしたように、ただでさえ
「スクチョンの子なのか」と疑惑されている上に、
母の低すぎる身分…

民から尊敬される高貴な存在であるはずの
ヨンジョは大層悩んでいました。

本来であれば子は無条件で母を愛するものですが、
素直に「母である」というだけでは母を愛せないのは
彼の置かれている立場や時代であることを感じますよね。

Sponsored Link

ヨンジョの兄景祖殺害疑惑

ヨンジョ兄殺害
ヨンジョの兄であり朝鮮王朝20代王である景宗
(キョンジョン)
は即位からわずか4年でこの世を
去っています。

元々幼い頃から身体が弱かったと言われている王ですが
そんなキョンジョンの死因には弟であるヨンジョが深く
関係していると言われています。

ズバリ言うと、キョンジョンはヨンジョに殺害
されたのではと言われているのです。

1724年8月20日に体調が悪化を訴えて医官の診察
を受けたキョンジョンですが結局5日後の25日に
死去しています。

刻一刻と病状が悪くなった直接の死因は20日夜
に食べたケジャン(蟹の醤油漬け)と言われて
います。

そしてそのケジャンと共にキョンジョンの食卓に
上がったのが当時から食い合わせが悪いとされて
いた柿だったそうです。

このケジャンと柿をキョンジョンに出す事を
反対する医官を退け押したのがヨジョンだった
事から、いくら身体の弱かった王でも食べ合わせで
死ぬのは可笑しいとしてヨジョンが進めたケジャンや
柿に毒が入れられていたのでは、と兄殺害疑惑
浮上したそうです。

実際キョンジョンは36歳の若さでこの世を去って
います。

そしてキョンジョンには世子なる王位継承する
息子が居なかったこともキョンジョンが亡くなれば
嫌が王腹違いの弟ヨンジョんに王位継承される事が
既成事実となっていたので尚更疑惑が濃厚とされて
いたようです。

こうして振り返ってみると、この背景からして
ヨンジョンには兄キョンジョンを殺害する動機は
充分にありました。

500年以上の朝鮮王朝の中でも、やはりヨンジョンの
兄殺害疑惑の確率が低いとは言い難い条件が揃って
いる事が分かります。

兄弟でありながらも、王位が絡むキョンジョンと
ヨンジョの関係は微妙で、家臣の間で常に
「どちらを支持するか」で揉めていたことも
大きく関係あるのでしょう。

その際はキョンジョンを王に推薦する小論派が
勝利を収める形になりましたがキョンジョンは
即位からわずか4年でこの世を去ります。

そして小論派であった重臣の李麟佐(イ・インジャ)
「ヨンジョがキョンジョンを殺害した」と告発し、
ヨンジョが王になった4年後の1728年3月に反乱を
起こしています。

本当に殺害されてたのならキョンジョンの無念を
晴らす目的もあったでしょうが、己らが支持していた
君主が亡くなって自分たちの立場が危うくなっているのに
危機を感じたのもあったのでしょう。

反乱の際には、いかにヨンジョが王に相応しくないかを
訴えるかのように先ほどお伝えした

「ヨンジョがスクチョンの子ではない」という疑惑も
一緒に告発されました。

結果としてはこの反乱は鎮圧され、小論派は粛清
されたのですがヨンジョがスクチョンの子ではない
という疑惑は闇に葬り去られました。

21代英祖ヨジョンの生涯はドラマ「秘密の扉」「イサン」
ヨンジョのルーツ母スクピンは「トンイ」がおススメです。

U-NEXTの31日無料トライアルがお得です!
韓流観るなら<U-NEXT>

さいごに

朝鮮王朝21代王のヨンジョは、長い朝鮮王朝の歴史の中でも最長の座位期間を誇ると同時に、暴君としても語り継がれてきました。
異母兄弟と顔が似ていないことから「父の子ではない」と言われ母は賤しい身分の出という中、彼なりに葛藤があったのではと想像できます。
我が子であり後継ぎである世子(思悼世子)を米びつに閉じ込めたて餓死させた事件は彼が暴君である様子をより強調させた一見ではありましたが、ヨンジョは後にこの事件を後悔していたと言われてします。
とはいえ、歴史に名を刻むほどの暴君だった彼の心の歪みは相当のものだったのでしょう。
王の子ではなく平民の子であれば政治的な争いに巻き込まれることもなく彼の苦しみや葛藤は少なかったのかもしれませんね…。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 朝鮮王朝アイキャッチ
  2. タンジョンアイキャッチ
  3. 英祖アイキャッチ
  4. イバンウォンアイキャッチ
  5. 紀子様アイキャッチ
  6. ヨンサングンアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて