オ・ナラの経歴に劇団四季!あだ名も意外な熱愛彼氏と整形疑惑も

この記事は4分で読めます

オナラアイキャッチ

ドラマSKYキャッスルで主人公ソジンの友人として専業主婦を演じたオ・ナラ。

劇中で1番美しく華やかな女性として存在感を示したオ・ナラの経歴によもやの劇団四季がある事に驚く人も多いと思います。

オ・ナラと劇団四季の関係や、あだ名や意外な熱愛彼氏との関係に整形疑惑までドラマ「skyキャッスル」で存在感を示したオ・ナラの現在までをプライベートから女優キャリアまで追ってみようと思います。

Sponsored Link

オ・ナラプロフィール

名前:オ・ナラ
生年月日:1974年10月26日46歳(21年6月時点)
出身地:韓国ソウル特別市
身長:164㎝
体重:47㎏
血液型:O型
干支:寅年
最終学歴:慶煕大学 舞踊科、壇國大学 文化芸術大学院 ミュージカル科

オ・ナラの経歴に劇団四季!

ドラマ「skyキャッスル」でも1番良い意味で富裕層の韓国美女として、ちょっと我がままでヤンチャな雰囲気で存在感を示したオ・ナラ氏ですが実はその経歴には日本でも有名な劇団四季があるのだそうです。

王道の韓国美人女優に何で日本の劇団四季が?と思いますよね。

その経緯には成程の彼女の経歴を見れば一目瞭然、実はオ・ナラさんは舞台女優として1997年「シムチョン」のミュージカルでデビューしています。

この経緯と自身の最終学歴のミュージカル科も関係あったのでしょうか。

劇団四季に所属していた時期が2001年~2004年の3年間ですが劇団四季に所属するきっかけとなったのが当時の代表で劇団四季創設者である浅利慶太氏が韓流ブームの走りであった当初、韓国俳優らに関心を持ち、既にミュージカル俳優として活動し実力も認められていたオ・ナラを韓流女優の第1号としてスカウトしたのだそうです。

韓国でも知られた存在だった劇団四季とはいえ韓国を舞台に活動していたオ・ナラさんは当時当然日本語も全く離せない状態でした。

片言の日本語も離せない状態にも関わらず、韓国でも新人女優だったのに劇団四季でのオファーを引き受けます。

その当時を振り返って自身でこう話しています。

『日本語も一言もできないのに、どんな度胸で行ったんだか分からない。行った先でスパルタ式に日本語を覚えた』

と話しています。

約2年間で日本語を覚えたんだそうですよ、凄いですよね。

当時の年齢25歳前後だった事を考えると、物凄い度胸が居る決断だったと思いますが言葉が分からない国に来ての舞台女優のチャレンジは想像以上に凄い決断だったと思います。

劇団四季では「マンマミーア」に出演、四季での初回の挨拶でも「私の名前はおならです」など笑いを取っての自己紹介をしたんだそうです。

あの美貌で「おならです」だなんて自己紹介はギャップとインパクトが凄かったでしょうね。

そうした努力が実ってか韓国ミュージカル対象の女優主演賞や第一回ザ・ミュージカルアワーズ・女性人気賞2007年にもミュージカル大賞をチョ・スンウさんと受賞し舞台女優としてのキャリアでは相当な実力を認められている存在です。

ちなみにチョ・スンウ氏は大学時代の後輩で当時高校生だった彼に演技指導をしたこともあるんだそうです。

とにかく舞台女優とはいえドラマ「skyキャッスル」でのツンデレ高飛車な元ヤンお嬢キャラとは違いロマンスコメディー系の「アイラブユー」「シングルス」「ますます」などコメディタッチのラブロマンス系に多く主人公として出演し母国韓国ではロコクィーンと呼ばれる程の存在なのだそうです。

そうした経緯にギャップを感じつつも、日本でも劇団四季は超人気の舞台劇場なので見た事がある方も多いと思いますが、あの舞台で活躍するには相当な日本語の実力と演技力も兼ね添えないと活躍できないハズです。

劇団四季のオーディションや競争力の激しさは有名なので、そう考えると言葉の知らない国で第一線の舞台に立って活躍していたオ・ナラさんは想定外に凄い女優さんって感じがしてきます。

実際凄い人なのでしょう。

オ・ナラのあだ名は何?

ところで日本でのの3年間の自己紹介はギャクから入って「私の名前は”おなら”です」が第一声だったようですが彼女にはあだ名もあったのだそうです。

あんな綺麗な顔で「おならです」の自己紹介も相当なインパクト大だと思うのですがあだ名も気になります。

調べたところ、あだ名と言ってもドラマ「skyキャッスル」での役柄チン・ジニを演じた由来から劇中で「チンチン」と愛称として呼ばれたんだそうです。

確かにあだ名ですが…かなりアットフォームな現場だったのでしょうね。チンチンって…笑

Sponsored Link

オ・ナラの意外な熱愛彼氏

美しい美貌と女優としてのキャリアも素晴らしいオ・ナラさんですが熱愛彼氏の存在も気になります。

これほど美しい女性を韓国の男性もほかっておくはずがありませんよね。

調べたところ想定外に20年来の熱愛彼氏キム・ドフンさんとの交際が現在進行形であるようです。

20年来と言う事で何故そこまで長年交際して結婚されないのか不思議ですが…オ・ナラさん曰く『非婚主義者ではありません』

結婚しようしようと思いつつ20年が経過してしまい今となってはわざわざ結婚する必要があるのか?と言う領域に達してしまったようです。

結婚するとなると、物凄い準備が必要になるし40を過ぎた娘に両親も無理に結婚を要求することがなくなったのだそうです。

それでも彼氏であるキム・ドフンさんはオ・ナラさんにとってのベストフレンドであり息使い一つで理解してくれる存在であると話しています。

ちなみにキム・ドフンさんも元舞台俳優としてミュージカルなどに立っていた俳優というだけありなかなかの二枚目。

超美男美女の2人ですが現在ドフン氏はYGケイプラスアカデミーに所属する俳優の卵たちに演技指導をしているそうです。

第一線からは引いているドフン氏ですが、元々はミュージカルの共演がきっかけで熱愛関係に発展しただけあり良い時も悪い時も支えあっての20年の交際のようで時に激しい喧嘩もあるようですが3~4日経つと何事もなかったようにクールに接してくれるソウルメイトなんだそうです。

結婚にこだわらないと言う点も比較的古い思考が強い儒教の国韓国では新しい今風の思考回路なのかもしれませんね。

オ・ナラの整形疑惑

さて最後に美しいオ・ナラさんの整形疑惑について調べてみました。

46歳にしてあの美貌と透き通るような美肌っぷりで「skyキャッスル」でも存在感だしまくりのオ・ナラさんでしたが美容整形はしているのでしょうか。

やはり綺麗な人を見ると気になってしまいますね。

調べたところ、若い頃から充分綺麗な方ですが、徐々に鼻筋が通り、少し目もほんの少しですが大きくハッキリした感じかな?と言うコメントがチラホラ見受けられました。

もちろん見る人にもよりますし20年以上第一線で活躍している方なので年月と共に変化するのも当たり前です。

個人的な感想では大幅な整形はされていないものの、微調整レベルで目鼻は多少されているのかな~と言う印象です。

でも若い頃から充分美形ですし、劇団四季で日本に移住していた経緯から日本旅行にお母さまと来た時の画像(Instagram)などを見るとお母さまも充分美人。

だから何とも言えませんね。

元々美人なのは言うまでもありません。

Sponsored Link

おわりに

大ヒットドラマ「skyキャッスル」でのチンジニ役が板に付いてついつい高飛車ツンデレキャラが本来の性格なのかなと思えるオナラさんですが若い頃から努力家で日本で劇団四季の舞台に立った経験もある韓国女優の中では稀有な女優さんだと言う事も知り改めてビックリです。
20年来のパートナーとの新しい形と充実した女優キャリアで今後はどんな女性像を見せてくれるのか楽しみですね。
年々美しい美貌で更なる活躍を楽しみにした女優の1人だなと思いました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コンヒョジン
  2. ソンテヨン
  3. キムへジャアイキャッチー
  4. キムダミアイキャッチ
  5. キムソンリョンアイキャッチー
  6. チョ・ジェユンアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて