シンへソンはブサイクより並み平?顔は自前でスタイルキープ方法に絶句

この記事は5分で読めます

シンへソンアイキャッチ

数多くの韓国ドラマに出演する実力派女優である
シンへソン。

2019年には韓国ドラマ「ただ、一つだけの愛」に
ヨンソ役として主演し、高視聴率をキープ。

韓国ドラマでは欠かせない存在になっている
シンへソンですが、一部では「ブサイク」だなんて
酷いことを言われていたりすることもあるようです。

高身長であのスタイルをキープする方法も驚愕の
方法など話題上昇中のシンへソンの今を追って
みましょう。

パクシフとの共演でも話題の、おすすめドラマ
「黄金の私の人生」も紹介したいと思います。

Sponsored Link

【シン・へソン】過去出演ドラマを無料視聴で一気見する♡☟☟

主演最新作【黄金の私の人生】が面白い!

シンへソンプロフィール

氏名:シン・へソン(ハングル表記:신혜선)
年齢:30歳(2019年10月現在)
生年月日:1989年8月31日
身長:173センチ
体重:49キロ
学歴:世宗大学映画芸術学科
職業:女優
デビュー作:ドラマ「ゆれながら咲く花」
所属事務所: YNKエンターテインメント
家族:父、母、姉

シンへソンのデビューまでの道のり

シンへソン

日本の芸能界とは違い可愛いより綺麗、小柄な
女性より高身長な事が、より良しとされる韓流
芸能界。

そんな中でもドラマで見て分かるようにシンへソンの
身長は173センチもあり、女性としては、かなりの
長身ですね!

この身長で体重が49キロというのは、
スレンダーなモデル体型であることがよく分かります。

本人からするとこの長身がコンプレックスのようですが、
長身も1つの個性であり彼女の持ち味でもありますよね。

シンへソンは、幼いころは漫画家になりたいと思って
いたようですが小学生のころに「秋の童話」という
ドラマにハン・テソク役で出演していたウォンビンさんに
憧れて女優になりたいと思うようになったそうです。

両親の反対に遭いましたが何とか説得をし、
高校はソウル国楽芸術高等学校音楽演劇科に進学、
大学は世宗大学映画芸術学科に進学しました。

在学中も女優になるべく様々なオーディションを受け、
多くの苦労をしてきたようです。

大学卒業後に受けたオーディションに受かり、
デビュー作である「ゆれながら咲く花」の生徒役を
勝ち取ることができました。

その後もシンへソンは様々なドラマに出演して
メキメキと実力をつけてき、2017年には大ヒット
ドラマとなった「黄金の私の人生」で等身大の韓国民
一般女性を演じて高い演技力で実力を証明した事が
記憶に新しいと思います。

今や韓国芸能界では「実力派女優」として名が知れ
渡っており、各所から引っ張りだこの存在になったのです。

今後の活躍に益々注目が集まる存在の女優がシンへソン
だと言っても過言ではないでしょう。

シンへソンはブサイクより並み平だと思う持論

韓国芸能界で活躍しているシンへソンですが、
一部から「ブサイクなのでは?」なんて失礼な
ことを言われることもあったようです。

確かに、きらびやかで凄まじい美貌を持つ女優が
たくさんいる韓国芸能界の中ではシンへソンの
顔立ちは目立たない部類かもしれません。

ブサイク
しかし彼女は、自分の顔立ちをポジティブにとらえて
おり「平凡な顔が自分の武器」「色んな表現ができる」
語っています。

「眠たそうな目がチャープポイント」とも語っており、
美しすぎる女優さんよりも親近感が持たれやすいのも
彼女のいいところですよね!

また、彼女はブサイクなど容姿を指摘されるよりも
「演技が下手」と言われる方がショックだそうで、
真の実力派女優であることがよくわかります。

顔立ちに大きな変化はありませんが、経験や年齢を重ねた
ことによって昔よりもステキな雰囲気になっているなと
感じる人も多いでしょう。

顔立ちの美醜を競いあったら、あれほど美しい女性の
多い芸能界ではキリがないのかもしれませんね。

Sponsored Link

シンへソンの顔は自前?でスタイルは超絶のキープ方が絶句

韓国芸能界というと、何かとついて回る話題が
「整形疑惑」ですよね。

シンへソンはどうなのかと気になる人もいる
でしょうが、彼女についての整形の噂はほとんどなく、
自前と思っていいでしょう。

先ほどもお伝えしたように、シンへソンは自分の顔立ちを
気に入っていますし、それを個性としてたくさんの
オファーもあるのですから、わざわざ整形する理由は
ありませんよね。

日本より見た目市場主義の韓国社会では今や一般人でさえ
美容整形など当たり前のお国柄。

そうした意味では貴重なナチュラルフェイスで逆に
日本人の私達からしたら親近感が沸く韓国人美女って
感じですけどね。

明らかな西洋人のような鼻筋にクッキリとした目鼻
立ちをした女優が多く違和感を感じる美女の中でも
個人的には自前で勝負するシンへソンは逆に少数派の
魅力的な女優だと思います。

ブサイクだなんていう人は、ちょっと理解に
苦しみますねぇ…

また、プロフィールでもご紹介しましたが、
シンへソンは身長173センチの体重49キロという
誰もが羨むスレンダーなスタイルをしています。

同じ女性なら、この数値を見ただけでも
ビックリですよね。

この素晴らしいスタイルをキープするために
「どんな過酷な運動をしているのか…」と思う人も
いるでしょうが、なんと彼女は運動は一切していない
とのこと。

シンへソンはもともと身長が高いので、運動すると
さらに体が大きくなってしまうと考えた彼女は、
運動ではなく食生活でスタイルをキープすることに
したそうです。

そのスタイルをキープするための食生活とは
「1日1食しか摂らない」というものです。

寝ている時間を除いて13時間から15時間くらいの
空腹時間を持つようにするのがシンへソン流の
スタイルキープ方法だそうです。

あの高身長でスリムなボディをキープするのに
1日1食とは、やはり常人では、あり得ない涙
ぐましい努力をしているのですね。

凄いの一言です。

スタイル維持のためにここまでストイックに
なれるなんて女優意識の高さがよくわかりますよね!

Sponsored Link

シンへソンおすすめドラマは?

シンへソンと言ったら、やっぱり女優としての
確実な演技力を韓国民に納得させた主役ドラマ
『黄金の私の人生』ではないでしょうか。

韓国の一般市民として、様々な苦労をして世間と
家族の狭間で懸命に生きるシンへソン演じるジアン
は等身大の韓国女性には刺さる内容のハートフルな
内容のドラマでした。


一人の父親の娘として、二卵性双子として育った
頼りなく甘えん坊の妹の良き姉として、優しい
弟の頼りがいある良き姉として…

彼女を巡る家族の心情と、それぞれの立場での苦悩が
丁寧に描かれたドラマは、日韓ん問わず等身大のアラサー
女性の胸に響く内容のドラマだったと思います。

脇を固めるキャストもシンへソン演じるジアンの両親
にはチョンホジン氏らベテラン俳優を中心に恋愛関係と
なる相手役には不祥事からの本格復帰となったパクシフ
との恋模様も、見どころ満載です。

ジアンならず父親、母親など家族の視点から見た
現代の韓国社会が抱える、壮絶な学力社会や財閥との
完全なる格差社会など、現代韓国の今を象徴するドラマ
となっています。

格差社会の激しい世の中でジアンがどう立ち向かって
行くのか、どう両親や兄弟と向き合うのか?

恋をした財閥の男パクシフ演じるドギョンと、どう
恋愛するのか?

心奪われるハートフルドラマに仕上がっています。

シンへソンだからこそ等身大の韓国アラサー女子を
演じるのに違和感なく演じられたドラマ『黄金の私の人生』
は一見の見る価値アリのドラマですね。

是非シンへソンファンでまだ、このドラマを見て
無い人にはおススメしたいとおもいます。

【シン・へソン】過去出演ドラマを無料視聴で一気見する♡☟☟

主演おすすめ作品【黄金の私の人生】が本当面白い!

31日間無料トライアルで無料人気韓国ドラマ見放題!!

チョンホジン若い頃が意外?結婚した妻や家族愛におすすめドラマは鉄板
パクシフの結婚相手はキムソヨン?過去の熱愛疑惑と復帰の現在は?
パクシフの事件相手の画像に驚愕!女性の経歴からハメられた可能性

おわりに

今回のまとめは、次のとおりです。
・シンへソンは身長173センチで体重49キロという、かなりのモデル体型
・一部からブサイクと囁かれることもあるが、シンへソンは自身の顔を気に入っている
・「平凡な顔が自分の武器」「色んな表現ができる」ととても前向き
・シンへソンの整形はしておらず、自前の顔であると思われる
・シンへソンのスタイルキープのポイントは運動ではなく食生活
・食事は1日1回で睡眠時間以外の13時間から15時間は空腹の状態にする
・シンへソンのおススメドラマは『黄金の私の人生』がベスト!
シンへソンをブサイクだなんて失礼なことを言う人がいますが、彼女の演技や魅力を知ればそんなことは言えなくなるでしょう。
実力派女優として活躍するシンへソン、これからもたくさんのドラマに出てほしいですよね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. コドゥシムアイキャッチー
  2. チョンユミアイキャッチ
  3. J-HOPEアイキャッチ
  4. ソガンジュンアイキャッチ
  5. チャウヌアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて