杉浦広一の評判がケチ?やり手スギ薬局会長夫妻の経歴と巨額資産

この記事は4分で読めます

杉浦広一アイキャッチ

愛知県に本社を置くスギ薬局の杉浦広一会長のコロナワクチン優先接種問題をめぐり、地元の名士と言われる大富豪で、有名実業家の彼ならではの上級国民扱いを受けているという批判が世間をにぎわせています。

杉浦夫妻はスギ薬局を開業し、一代で巨大なグループにしたやり手の経歴がありますが、意外にケチな評判も見えるようです。

杉浦広一スギ薬局会長の上級国民優先問題、夫妻の経歴と巨額資産についてお伝えします。

Sponsored Link

杉浦広一スギ薬局会長の上級国民優先問題

愛知県に本社を置き、全国で「スギ薬局」を展開する「スギHD」創業者の杉浦広一会長(70)、昭子相談役(67)夫妻の新型コロナワクチン接種の予約枠確保について、西尾市が便宜を図った問題で、これは「“上級経営者”の特権ではないか」という猛烈な反発が広がりました。
(ヤフーニュース:引用)

5月11日の市の謝罪会見では、予約確保の判断は「部長が副市長に相談」し「副市長が便宜を図るよう指示した」と説明しましたが、市健康福祉部部長の簗瀬貴央氏はスギHDからの予約枠依頼を明確に断りそれを報告したと伝えています。

副市長の近藤芳英氏が、現場の判断をききながらも政治的判断に傾き、スギHDの地元への大きな貢献から「何かの形でお返しできないか」と考え便宜をはかったとされています。

同市はスギ薬局創業の地で、スギHDはグループで1200店舗以上を展開し、連結売上高5000億円超と影響が大きく、スギ薬局1号店跡地に「西尾市民げんきプラザ」を建設し市に無償譲渡するなどし多大な地域貢献していたことが背景にあったといわれています。

また肺がんで手術経験のある妻の昭子相談役のため、秘書が杉浦会長の知らないところで、使命感から予約確保に動いたといいます。

「杉浦夫妻は薬剤師で医療従事者枠でできないか」という強い要請が複数回あったようです。

西尾市は副市長の判断で予約枠を2人分確保し、当日夫妻は接種会場に向かう途中でしたが外部からの指摘で予約を取消しています。

ワクチン接種についてはスギ薬局の出した謝罪文で、杉浦会長は(過去にアナフィラキシーショックを経験したため)ワクチン接種を希望していないといった文言が強調されたため、秘書に責任転嫁する上級国民という批判がさらに広がりました。

平等に国民が接種すべきワクチンが、このような行政にコネのある企業幹部ら上級国民優先ということになりかねないケースが浮上し、国民からも厳しい目が注がれています。

杉浦広一プロフィール

氏名:杉浦広一(すぎうらひろかず)
職業:薬剤師・実業家、スギ薬局創業者。
生年月日:1950年7月22日(70歳)21年5月時点
出生地:愛知県西尾市
学歴:岐阜薬科大学薬学部製造薬学科
配偶者:杉浦昭子

杉浦広一会長の評判はケチ?

杉浦会長は地域密着型薬局として創業当時、ビジネスにおいて熱心で仕事に励み周囲の評判は良かったようです。

愛想もよくお客さん第一の丁寧な対応をし、スタンプをためると景品がもらえるなど当時にしては新しい試みもうけ、朝7時から夜11時まで夫婦2人だけで働きどおしで経営していたそうです。

その当時は夫婦二人三脚での営業で多忙だったからか奥様の激しい言い合いのような文句も近所では良く聞かれたそうです。

とは言え夫婦で地盤を作った商売が軌道に乗ると瞬く間に商売の規模は大きく成長。そうした過程ではバブルで成長拡大するスギ薬局グループに対し批判的な声も。

「とにかく気前はよくなかったです。お祭りだからと寄付をお願いしても、たった100円とか。だからお金持ちになったのでしょうけど・・。」(夫妻の知人の話・ヤフーニュース:引用)

小さなお店一軒から、中部地方を中心にドラッグストアを約1400店舗展開し巨額資産を持つに至った杉浦氏が、たった100円の寄付とは、その人格さえ疑われるようなものです。

ビジネス、金儲けにおいては手腕を発揮し財をなす実業家であっても、その裏は自身本位でケチな人という評判もでており、今回の保身とも取れるワクチン接種確保の件でまたさらに風当たりが強くなりそうです。

Sponsored Link

杉浦広一会長夫婦の経歴

杉浦広一夫婦
杉浦広一会長は、一代でスギ薬局を大手ドラッグストアに築き上げたやり手の実業家であることでしられています。

●1974年4月 鬼頭天昌堂薬局入社
●1976年12月 スギ薬局創業
●1982年3月 株式会社スギ薬局(現スギホールディングス株式会社)設立・代表取締役就任
●2008年9月 株式会社スギ薬局からスギホールディングス株式会社に商号変更
●2009年5月 スギHD代表取締役会会長就任
●2011年9月 一般社団法人杉浦地域医療復興財団設立
●2015年7月 杉浦記念財団発足
●2021年5月 スギホールディングス顧問就任予定

大学卒業後、薬剤師として鬼頭店昌堂薬局(小規模の地元薬局)に入社し2年半ほどでスギ薬局開業、以来5年で株式会社にするハイスピードで成功を収めています。

2000年代前半当時のジャスコ(現イオン)やドラッグストア大手ツルハと資本提携したあたりから勢力拡大し、現在業界5~6位といわれています。地元への貢献も高く、財団法人設立などで医療分野での研究助成金を出し、研究やフォーラムを開催するなどしています。

広一氏の大学の後輩だった妻昭子相談役については以下のとおりです。

●1976年 スギ薬局創業
●2008年 スギホールディングス代表取締役副社長就任
●2011年 一般財団法人杉浦地域医療新興財団を設立し、理事長を兼務。
●2015年 公益財団法人杉浦記念財団理事長

このように同じく薬科大学の後輩だった奥様の昭子夫人も、巨大スギグループを構築する上で欠かせない存在であり、当然やり手として評判の奥様のようです。

夫婦共にスギ薬局を創業し事業を展開、昭子夫人は西尾市シティープロモーション特命大使に今年4月就任するなど、夫婦そろって活躍しています。

杉浦広一会長の巨額資産に絶句

杉浦夫妻は地元の超有名人で、4月の米経済紙「フォーブス」が発表した「日本の富豪」によれば、杉浦広一会長の資産は約1550億円というから驚きますね。

2021年フォーブス日本長者番付41位にランクインしており、その巨額資産に注目が集まっています。

愛知県の医療に貢献度も高く、県の高額納税者ということで西尾市が便宜を図りたくなるのもそういう事情なのですね。

スギHD会長の杉浦氏の2021年総資産は前年比1.6倍で(2020年は970億円)ずいぶんな上り様ですが、コロナ渦でマスク、消毒液などの売上が増えたためといえそうです。

2月期連結決算で売上高、純利益ともに過去最高となり好業績の立場にありながら、一般国民を顧みず自らの身を守ろうとワクチン確保にやっきになったことに批判が殺到するのも当然です。

自宅もかなりの広さで立派な豪邸といわれており、上級国民というのは見てわかるような存在だったといえるでしょう。

他にもいる巨額資産を抱えた上級国民たちがワクチンの確保に動いているのではとも噂され、特権階級が何事も優先されることへの憤りは収まりそうにありません。

Sponsored Link

おわりに

スギHDの杉浦広一氏の評判はビジネスにおいてはやり手の実業家といわれていますが、周囲では富豪なのにケチとも取れる噂もあり、今回の水面下でのワクチン接種確保についても上級国民のすることかという批判が高まっています。
杉浦夫妻の華麗な経歴や巨額資産にひかれ便宜を図った行政側にもあきれますが、一般国民は後回しかのような対応がほうぼうで起こっている不安を大きく抱かせるものとなっておりやるせなさを感じます。コロナ渦で守られるべき命は平等な扱いを受けるべきで、このような事例を見逃すべきではないといえるでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 長与千種アイキャッチ
  2. 水野泰三アイキャッチ
  3. 箕輪厚介アイキャッチ
  4. こんまりアイキャッチ
  5. 松村厚久
  6. 野崎幸助アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて