松坂大輔の現在は中日入団確定で年某予想は?引退までの花道なるか

この記事は4分で読めます

松坂大輔アイキャッチ

2014年に日本球界に復帰した松坂大輔さん。

当時、3年で12億円という巨額な金額で
福岡ソフトバンクホークスに移籍したが、筋肉疲労や
不調のせいで一軍の試合に登板されたのはたった
1試合。

給料泥棒と言われながらも今だ現役続行を望む平成の
怪物と言われた彼の引退の花道はかつて大活躍した
西武ではなくドラゴンズが用意するのか?

今月末にドラゴンズの入団テストを受ける彼は
既に入団ありきと言われる現在を追ってみよう~




Sponsored Link

松坂大輔プロフィール

名前     松坂大輔
誕生日    1980年9月13日
出身地    東京都
身長     183cm
体重     93kg
所属チーム  中日ドラゴンズ(正式契約は未定)

松坂大輔のこれまでの経歴

松坂大輔さんは東京都出身で、5歳から
小学校3年生までは剣道をしていたそうです。

野球とは無関係でしたが、小学校3年生から
地元のチームで野球をすることになりました。

松坂大輔さんは横浜高校に進学し、公式戦
44試合負けなし、松坂大輔さんは投手として
高校3年間で41試合先発出場し、40勝1敗
という成績。

甲子園では11試合で11勝という功績を残しています。

当時、横浜高校は高校野球界の無敵艦隊と言われていました。

その結果を認められ、西武ライオンズにドラフト
1位指名で入団されました。

その後は、WBCに日本代表として出場し
大会最優秀選手に選出されたり、アメリカに
移籍するなど野球選手として華々しい
野球人生を送っていました。
引退
出典:http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=002-20150406-08

この時のアメリカへの移籍金で西武ライオンズには
置き土産として60億円の落札額を残しメジャーへと
飛んでいる。

メジャー1年目の’07年シーズンに200投球回&200奪
三振をクリアし、15勝を挙げチームは世界一に。

当時の活躍はまさに飛ぶ鳥を落とす勢いの大活躍。

だがそんな現役最高潮の活躍も長くは続かずプロ生活
19年で日米通産164勝うち154勝は20代での記録だ。

メジャーで事実上の戦力外になった松坂を異例の待遇で
拾ったのがソフトバンクだった。

ちなみに2014年に3年契約12億円で
福岡ソフトバンクホークスに移籍。

この世間の意表を突く年某とその後の3年間の
松坂の成績で当然給料泥棒と言われるまでとなる・・・

当然の結果ではあるが・・・

松坂大輔ソフトバンクと契約終了。移籍先は中日?

松坂大輔さんは、日本に戻ってきてソフトバンクで
一軍登板は1試合のみで4億円という高額の年俸を
結果としてチームに返すことができずに、2018年は
育成選手orコーチ契約という形でソフトバンクから
契約を提示されました。

しかし、松坂大輔さんは現役選手にこだわって
ソフトバンクとの契約を打ち切り、再度新しい
チームを探して活動されているみたいです。

2018年1月末に中日ドラゴンズの入団テストを
行なうことになったと発表されました。

アメリカの大リーグでは、活躍したものの
最後ら辺はアメリカでも怪我に悩まされ活躍できず
日本に戻ってきて活躍を期待されたが、ソフトバンクでも
1軍登板は1試合のみと結果に悩まされていました。

その中で、中日ドラゴンズが松坂大輔さんに
目をつけて入団テストをすることになったそうです。

近年の結果は世間からは冷たいものですが、実力派
確かということで中日ドラゴンズの入団が濃厚で
はないかと噂されています。




Sponsored Link

松坂大輔の引退花道は結局ドラゴンズが作るのか?

福岡ソフトバンクホークス時代は年俸
4億円という金額で契約を結びました。

しかし、チームに結果を残せていないため
選手としてチームに割に合わない選手と
なってしまいました。

そのため、中日ドラゴンズに移籍することは
現実的に可能性はあるが、今までのような
高額年俸は期待できない。

ある予測では年俸2000万円+出来高となっている。

2000万円という金額でもサラリーマンからする
と高額だが、今までの功績を考えると少し低い気もする。

ただ、2000万円を支払う価値があるのかも
問われているが、松坂大輔のネームバリューは
世間からも高く、2000万円であればグッズの
販売金額やキャンプの集客だけでお釣りがくると
考えているそうです。

出来高制もあるので、結果に応じて年俸が上がるので
活躍すればするほど年俸は上がるみたいです。

現在37歳ということで、引退間近とも噂されていますが
今回が最後のチャンスとして2018年のシーズンを
挑むことになりそうです。

高卒入団で西武ライオンズに鳴り物入りで入団して最多勝獲得
してお立ち台で『自信が確信に変わりました』と屈託のない笑顔で
明るく自由に時に図太く言ってのけた彼のあのキラキラした
顔が忘れられません。

周囲のもう使い物にならないの声と実際思うように
動かない身体との闘いで一番もどかしく苦しい思いを
しながらも今だ現役続行を望む彼の最後の戦いの場を
どこでもいいので納得できるよう頑張って欲しい~

選手として有終の美を飾り、引退までの花道を
自分自身で切り開いてほしいですね。

まとめ

今回は松坂大輔選手について紹介しました。

一時期は、スポーツ番組やニュース番組で松坂大輔選手が取り上げらえることが多く、注目されていましたが、ここ数年は思う結果を残せておらず野球界の陰で活動をしていた感じですね。

2018年は中日ドラゴンズに移籍が濃厚ということで、今までの悔しさと実力を2018年にぶつけて活躍することを願っています!




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 清原和博アイキャッチ
  2. 清原和博アイキャッチ
  3. 清原和博アイキャッチ
  4. 大谷翔平アイキャッチ
  5. 村田修一アイキャッチ
  6. 上原浩治アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて