山口小夜子に夫は居ない!独身だった意外な理由とすっぴんが別人?

この記事は4分で読めます

世界で活躍するモデルの先駆け的存在だった
山口小夜子さん。

華やかな舞台で日本人初のパリコレモデル
として第一線で活躍し国内では資生堂との
専属契約が12年のキャリアを誇る彼女。

そんな一流モデルの彼女が、その人生で生涯
夫を持たず独身だった事はあまり知られません。

また東洋の神秘と言われたそのビジュアルと
すっぴんとの違いが別人レベルだったと言われる
噂の真相も同時に追ってみようと思います。

Sponsored Link

山口小夜子プロフィール

氏名   山口小夜子(やまぐち さよこ)
生年月日 1949年9月19日
享年57歳 2007年8月14日
出身地  神奈川県
身長   170㎝
職業   モデル
最終学歴 杉野学院ドレスメーカー女学院

山口小夜子に夫は居ない!

今もファッション界で活躍するデザイナー山本寛斎が
見い出した日本発のパリコレモデルとして一世を
風靡したスーパーモデルの山口小夜子さん。

当時センセーショナルにパリコレでデビューした
山口小夜子さんは、アジア特有の魅力を世界に認め
させた第一人者でもあります。
小夜子山口
欧米人やヨーロッパの女性達には無い唯一無二の
存在感を世界は称賛して”東洋の神秘”と言われ
今でいうスーパーモデルの先駆けとして活躍
されました。

華やかな世界で認知された彼女は日本に帰国
してもバブル一色だった当時の世相から一躍時代の
寵児となり資生堂では12年もの長きに渡り専属モデル
として契約を結んだ独りです。

それ程までに華やかな世界で活躍した山口小夜子さん
はスリムな高身長にエキゾチックで妖艶なメイク
が美しい彼女に、意外な事には居ませんでした。

生涯独身だった彼女ですが何故、結婚を
されなかったのか、少し不思議ですよね?

山口小夜子が生涯独身だった意外な噂

日本を誇るモデルとして活躍した山口小夜子さん
ですが、その57歳というあまりに短命な生涯に
人生の伴侶が居なかった理由は意外な理由だった
のです。

華やかな世界に生きてモデルの第一人者だった
彼女ですが当時から彼女には同性愛の噂もあった
そうです。

勿論、その噂だけが独身だった全ての理由とは
限りませんが噂の真相が本当であるならば夫を
持たなかった理由にも納得できます。

現代では全く珍しくない同性愛は当時の世相を
考えたら今よりもっとカミングアウトしにくく
特に有名人だった山口さんにも例外ではなかった
事でしょう。

Sponsored Link

山口小夜子と山本寛斎の愛人説も?

冒頭でも説明したように当時からデザイナーとして
飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍した山本寛斎氏に見初め
られてパリコレデビューした山口小夜子さん。

山本寛斎氏を皮切りにケンゾーやゴルチェ、サンローラン
と次々トップデザイナーがこぞって山口小夜子さんに
モデルのオファーを出したと言われています。

モデルとデザイナーとしても深い親交があった
山口小夜子さんと山本寛斎氏ですが、その関係は
公私にわたり愛人関係だったともいわれています。

山口小夜子さん自身も自身がトップモデルとして
活躍するきっかけとなった人物として山本寛斎氏に
拾われた事によってモデルで成功することが出来た。

とのコメントを生前残されています。
山本寛斎
お道化た顔した山本寛斎氏と一瞬メグミかと思った山口さん…

山本寛斎氏と言えば、デザイナでありながら個性の
強いキャラクターと見た目もなかなかの男前。

モデルとして惚れ込んだ山口小夜子と当時まだ
若かった山本寛斎。

今も健在なら山口小夜子さん69歳に山本寛斎氏が
75歳。

世界の舞台で活躍する二人がモデルとデザイナーと
して長きに渡った愛人関係だったと言われても何ら
何ら不思議ではありません。

個人的には冒頭でお話しした同性愛者の噂より
こちらの方が信憑性が高そうと思えてしまいます。

魅力的な女と魅力的な男が運命を左右するほどの
出会いがあったとしたら必然的に惹かれ合うのは
もはや自然の法則です。

山口小夜子さん亡き今はいずこな話ですが東洋の神秘
と言われた山口小夜子さんらしい謎に包まれた関係
だったのかもしれませんね。

だって当時の山口小夜子さんも当然素敵ですが
山本寛斎氏も正直俳優になっても良かったんじゃない?
と思うレベルの男前です。

山口小夜子のすっぴんは別人レベル?

日本人特有のアジア人としての魅力を世界に
認識させた第一人者だった山口小夜子さん。

すっぴん
今見てもまったく古臭くないけど当時は、物凄い
目立ったかもしれないビジュアルかも…

黒髪のストレートボブをアイコンとして切れ長の
目にキャットラインのような目の周りを黒いアイ
ラインでぐるりと囲んだメイクは当時とても
オリエンタルな美しさでした。

現代風のナチュラルメイクとは真逆の完璧な
フルメイクに目力メイクが定番だった山口小夜子さん。

そのメイクはまるで、すっぴんさえ想像も
付かないレベルのフルメイク
です。
すっぴん
本当のすっぴんかどうかは定かではありませんが
モデルとしてデビューする前の彼女なのでメイクで
作られたお顔ではないようです。

確かに、冒頭のメイクを決めた顔と比べると
かなり違っては見えますね。

そんな彼女のすっぴんは別人レベルで可愛く
可憐な少女を連想させる美しさだったとか。

クールでセクシーな眼差しのイメージが強烈な
彼女のすっぴんは、世間に見せてきたイメージ
とは全く異なる一面をメイクの下に持っていたと
言えるでしょう。

Sponsored Link

山口小夜子の晩年と早すぎる死

2007年8月14日に、わずか57歳の若さで独り
この世を去った山口小夜子さん。

その最後は独り東京の自宅でひっそりと息を
引き取ると言う孤独死だったと言われています。

死因は急性肺炎だったようで細菌などのウィルス
感染が原因で発見された時には既に死後3日を経過
した状態だったそうです。

彼女と交流のあった人物によると死後数日前から
体調不良を訴えていた状態で健康状態は良好では
なかったそうです。

ただ、そんな状況だったからこそ家族やパートナー
との誰かしらと一緒に暮らしていたのであれば
現代の医学を持ってすれば命は救われたのでは~と
想えると尚更いたたまれない気持ちになります。

お盆のさなかの真夏の盛りに、独り彼女は何を
思って息を引き取ったのでしょう…

僅か57歳の短すぎる生涯をひっそりと幕を閉じた
山口小夜子さん。

生前のファンらを集めて死後交流があった人達が
その死を惜しんで築地本願寺でお別れ会が開催
されたそうです。

日本を代表するモデルとして活躍した山口小夜子さん。

知らない人が居ないレベルの活躍ぶりだっただけに
あまりにあっけない最後に、どうしようもない人間
の孤独を感じざる得ません。

おわりに

昭和を代表するモデルで経済成長著しく日本の古き良き時代の寵児としてモデルの第一人者だった山口小夜子さん。
その短くも太い生きざまは現在に続く日本のモデルたちのアイコンとして今も憧れの対象として存在しています。
表舞台から消えた晩年と最期までがミステリアスな存在として活躍した彼女らしく、もしかしたら孤独だったのかもしれない、と連想させる寂しさもありますが、でも敢えて彼女はそうした最後を望んだのかもしれない、とも思えるのです。やっぱり唯一無二の存在だからこそ消えるように静かにこの世を去っていっただけで孤独ではなかった。
永遠に東洋の神秘として存在するのだから。安らかに~お眠りください…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 平子理沙アイキャッチ
  2. 渡辺早織アイキャッチ
  3. 滝沢カレンアイキャッチ
  4. 中村アンアイキャッチ
  5. 堀田茜アイキャッチ
  6. 冨田リカアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて