神林勇太の陸王出演画像や動画が見たい!出身中学や高校と成績も

この記事は3分で読めます

神林勇太アイキャッチ

いよいよ大学駅伝注目の三大駅伝ともいわれる
全日本大学駅伝が始まります。

もはや連覇を賭けて注目される青学の全日本2区を
走る予定の神林勇太君。

彼はあの去年の大ヒットドラマ「陸王」にも出演
した事で話題となった去年のルーキーとして注目
の選手でもありました。

今年の箱根は土壇場で選手交代となり夢の舞台箱根
駅伝を走る事は出来ませんでした。

そんな彼が今年こそは激走を誓っているであろう
神林勇太君のプロフィールと出身中学や高校に
経歴なども追ってみようと思います。

Sponsored Link

神林勇太プロフィール

氏名    神林勇太(かみばやし ゆうた)
生年月日  1998年5月8日(20歳)18年11月現
出身地   神奈川県川崎市
身長    172㎝
体重    56㎏
学部    青山学院大学 地球社会共生学部、地球社会共生学科

神林勇太の陸王出演画像と動画が見たい!

去年大ヒットしたTBSのドラマ「陸王」に出演していた
事でも話題となった神林勇太君。

ちょうどドラマ出演の去年は青学1年だった神林勇太君
が何故ドラマ出演になったのか?

それこそはここ数年の青学陸上部の立役者でもある
原晋監督が同ドラマで陸上総監修を務めた関係では~
との情報がありました・・・

そりゃーそうですよね。

まさか青学で陸上部に在籍しながら俳優として
オーディション出て合格~だなんて訳ないな~とは
思いましたが・・・

今や青学陸上部の看板男と言っても過言ではない
原晋監督は朝の情報番組からお昼から、引っ張りだこ
状態の人気コメンティターでもあります。

その関係上去年、ドラマの陸上総監督にと声掛け
された事から現役陸上選手の借りだしに、自らの
青学若手選手に声をかけた~

これが正しい流れかとおもいます。

ところで肝心のドラマ出演の動画が見たいですよね~
陸王
ちなみに出演は3話らしく、主役の役所広司さんや
山崎健人さん、竹内涼真さんらとどんな写り方してる
のか超気になりますよね。

と思いつつ、神林君は、出演はされたものの、やはりと言うか
想定内のチラッっとの超ちょい役だったらしいです。汗

それは・・・そうでしょうね。

ってことで画像しか無いし、画像も分かるかな?

ともかく出たと言う事が全国区なので重要です!

Sponsored Link

神林勇太の出身中学と高校

そんな神林勇太君の出身中学は地元神奈川県
宮前平中学校出身のようです。

高校は何と神奈川から九州の駅伝で有名な
強豪校の九州学院へまさかの陸上留学をしています。

と言うのも中学からかなり陸上では活躍していた
ようで成程の戦歴をお持ちの選手みたいです。

去年1年で青学ルーキーと言われるのも納得の
経歴を紹介しましょう。

神林勇太の戦績

彼の場合全国中学駅伝から驚異的な戦績を残す選手
でかなり当時から注目の選手だったようです。

それもそのはず、何年の全国中学駅伝か、分かりませんが
同駅伝でまさかの10人抜きをして、当たり前の区間賞を
受賞。

10人抜いて一気に1位に浮上して次の選手にタスキを
渡したそうです。

当時の10人抜きのタイムは3㎞を9分4秒!

九州学院でも全国区高等学校駅伝競走大会に
出場して3年連続出場に区間賞も2位3位の
成績を残しているようです。

その経歴から青学原晋監督のお目がねにかなったのか
青学でのデビューは去年の17年10月の出雲駅伝で
5区を任されて区間3位の成績。

奇しくもこの大会で東海大学の三上選手に激走されて
付き離された事が、優勝を逃す結果となりましたが、
その後その屈辱を果たすべく箱根の選考レースと言われる
ハーフマラソンでは学内3位の成績を残しています。

今年の18年の箱根駅伝も1年でただ一人のエントリー
でしたが、当日の選手交代で残念ながら箱根デビュー
はなりませんでした。

だからこその今年2年目の出雲での優勝と、全日本大学駅伝
でしっかり2区を走り切って平成最後の19年箱根駅伝に
向けてしっかり区間賞を取りたい意気込みだと思います。

Sponsored Link

おわりに

競争力の激しい青学陸上部で見事出雲と全日本の出場切符を手に入れた神林勇太君のリアル「陸王」に是非注目したいですね。出雲で去年の屈辱を果たした青学の全日本大学駅伝と箱根の5連覇が今からメンバー共々目が離せませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 鈴木亜由子アイキャッチ
  2. 森田歩希アイキャッチ
  3. 林奎介アイキャッチ
  4. 石川末廣アイキャッチ
  5. 湯原慶吾アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて