サイムダン(師任堂)実在像!最高額紙幣5万ウォンに選ばれた訳

この記事は6分で読めます

サイムダンアイキャッチ

実在する人物としてイヨンエの13年ぶりドラマ
復帰作として話題となった師任堂(サイムダン)。

サイムダンは朝鮮時代に生きた天才画家として
その名を残した人物ですが、その存在は韓国
最高額紙幣の顔に選ばれる程の人物でもあります。

美しすぎるイヨンエ演じるサイムダンの生きた
時代とサイムダンの実在像とは?

どんな女性だったのか有り余る才能を持ちながらも
良妻賢母としてその名を遺すサイムダンという女性
の実在像を追ってみました。

Sponsored Link

サイムダン(師任堂)プロフィール

氏名:シン・サイムダン(申師任堂)
生年月日:1504年12月4日
没年月日:1551年6月20日(享年47歳)
父:申命和
母:龍仁季氏
夫:李元秀(イ・ウォンス)

サイムダンの生い立ち~

1504年10月29日時は朝鮮王朝真っただ中に
誕生したサイムダン。

日本での時代背景は室町時代にあたる時代を
生きた人物です。

5人姉妹の次女として誕生。

教育熱心な父と模範的な賢母として知られた
母、そして何より母方の祖父に溺愛された
サイムダン。

サイムダンの父親は官職にはついていません
でしたが従兄弟らは官職につく家門は名門
と知られる生家に誕生。

祖父や両親の後押しもあり、朝鮮時代の女性
としては、かなり珍しい環境で自由闊達な精神と
教育方針に育ったといわれています。

早くから絵画や詩歌、漢詩など多彩な分野で
才能を開花する聡明な少女だったようです。

朝鮮王朝11代・中宋の時代の人で(日本の室町時代)
結婚後四男三女をもうけますが、三男のイ・イは
朝鮮で有名な儒学者、政治家として知られています。

サイムダンは絵師としての逸話

絵師の才能

サイムダンは幼い頃から絵画の天才と
称されるほどの腕前で、絵師としての
逸話が残っています。

7歳の時に現在も名画として知られる案堅
(アンギョン)
絵師の水墨画を模写し、その
仕上がりが実物を上回る程の出来栄えだった
事から周囲を驚嘆させた事もあります。

サイムダンが描いた鳥や虫は本物のような
出来栄えで、虫の絵を外で乾かしていたら
ニワトリが本物の虫と間違え食べようとしたとか、

花の絵には蝶が集まってきたという話も
あるほどでした。

彼女の描くものは命が吹き込まれているかのよう
な写実性や躍動感にあふれており、早くからその
才能は皆が認めていたことがわかります。

Sponsored Link

サイムダン7人の母の顔

47歳の短い生涯でサイムダンは7人の
子供を出産しています。

4人の息子と3人の娘に恵まれたサイムダン。

中でも長女の李梅窓(イ・メニャン)
と四男の李璃(イ・ウ)

は教育熱心だったと言われるサイムダンの教育と
才能を引き継いで現在でも江陵のオジュッコン
博物館
に二人がそれぞれ書いた絵が一緒に保存
されているそうです。

そして三男の李珥(イ・イ)は絵画の世界では
なく儒学者や政治家として、著名な人物として
その名を国家に刻まれ後に母親と同じく国の顔
である紙幣5千万ウォンに選ばれています。

幼少時から絵画や詩歌で才能に恵まれた
サイムダンでしたが、結婚後は生活が苦しく
工夫をこらし節約し子供達にみじめな
思いをさせないよう努力していました。

サイムダンが絵画、儒教や古典にも才能を持って
いたこともあり、子供たちへの教育にも熱心で、国で
有名な儒学者や女流画家に育て上げたその教育にも
注目が集まっています。

紙幣
三男のイ・イは朝鮮最高の儒学者とも言われ、
5千ウォン札の肖像画にもなっており母親である
サイムダンが韓国紙幣最高額の5万ウォンの顔に。

三男である息子イ・イが5千ウォン紙幣に使わ親子
二代にして韓国紙幣の顔となるほどの名誉を得て
いるから驚きです。

7人の子供を持つことでも大変なことですが、良き
教育を与え育てるというサイムダンの立派な母親の
顔には圧倒されます。

16世紀という時代背景もあり47歳での寿命を全う
したサイムダンですが、当時の三男イ・イは母親
が死去した当時16歳。

母サイムダンとの別れを悲しんだ彼は一時は僧侶に
なろうとしたほどのショックを受けたと言われています。

母親としても絵師としての母も敬っていたことが
良く分かるエピソードと言えるでしょう。

そして長女、李梅窓(イ・メニャン)の息子であり
サイムダンの外孫にあたる人物、趙ヨン氏も書画に
定評ある人物で「君山二友図」なる書画を残して
いるそうです。

サイムダンの有り余る才能は脈々と引き継がれて
いるようですね。

サイムダン妻の顔

妻としても良妻賢母として名高いサイムダンは
夫のイ・ウォンスに尽くした良妻としても知られ
ています。

当時の出世の登竜門である科挙の試験に合格するまで
帰らないと都へ旅立った夫が、すぐ挫折して帰って
きた時には、その行為に落胆し、はさみで死のうとします。

『あなたが約束を守れないというなら、この世に未練はない』

そういって夫の根性の無さを嘆いて改心させたと
言われています。

夫の改心を狙っての思い切った行動ですが、そうした
妻の大胆ともいえる態度に、自分の意思の弱さを詫びた
夫は再び旅立ち合格するまで帰ってこなかったと言われて
います。

また舅姑や実母の介護や献身でも知られ、人の為に
尽くすことを忘れない優しい人だったようです。

サイムダンが47歳で夫より早く死期を迎えた時、自分が
死んでも夫に再婚しないでくれ
と頼んだといいます。

16世紀当時は、日本でも同じだったように当時、妻の
早逝に際し新しい妻を迎えるのが一般的だったため、
異例の願いでもありました。

とは言え夫は、サイムダンとの今わの際の約束を破り
再婚したようですが…

再婚を願わなかった理由は、夫を愛するが故ではなく
残された7人の子供を想っての願いだったサイムダン。

再婚して継母と前妻との子供達が上手く行かず
イジメられるという風潮は当時からあったようで
案の定、元々浮気相手であった居酒屋の女将との
再婚後は子供達は大層形見の狭い想いをさせられた
と言われています。

とは言え死期が迫った今わの際まで7人の子供の
将来を夫に託したサイムダン。

最期まで夫を支え、子供や家族を守ろうとする
けなげで賢明な妻の顔が見えてきます。

Sponsored Link

サイムダン最高額紙幣5万ウォンに選ばれた理由

5万ウォン
2009年6月23日以前までは韓国で最高額の紙幣は
一万ウォン札でしたが、より大きな高額紙幣が
必要になり2009年6月23日から5万ウォン札が新たに
発行されました。

その国家の象徴として韓国最高額紙幣の顔に選ばれた
のが韓国では良妻賢母として知られるサイムダン
だったのです。

サイムダンが選ばれた理由は、朝鮮王朝時代に
良妻賢母として知られており韓国でも、彼女が
発揮した才能と共に特別な存在であったからと
いわれています。

サイムダンを起用するにあたり、韓国社会の男女
平等意識の向上や女性の社会参加を背景に、教育と
家庭の大切さを国民に喚起する効果が期待できる

韓国銀行が伝えたといいます。(2007年11月)

女性の社会進出も著しくなりつつあった当時、勉学で
培った才能を生かし、文人として成功しながら子供への
優れた教育力を発揮したサイムダンという教育者モデルは、
新しい韓国の時代にふさわしいものであったようです。

従順なだけでなく、自身の主張もはっきりとできる
サイムダンの意思の強さを伝統的に受け継いでいく
ねらいがあったと思われます。

サイムダン~色の日記が素晴らしい

イヨンエが大ヒットドラマ「チャングムの誓い」
以降、自身も結婚して2人の母親になり復帰作に
選んだドラマ「サイムダン~色の日記」
素晴らしいです。

13年ぶりのドラマ復帰で見せるイヨンエの
サイムダンは、まさに韓国紙幣になった象徴を
演じるべくふさわしい魅力的なサイムダンを好演。

実在したサイムダンの才能と語り継がれる
良妻賢母な姿と、それプラスドラマを彩る
美しすぎる非恋の相手にソンスンホンが登場。

儚くも美しい恋模様から、自らの気持ちを強引に
封印し懸命に7人の子供の良き母親であった事。

ドラマ内では4人の母親を演じていますが実際は
7人の子の母親でした。

望まない結婚生活ではあるものの、じっと耐えて
放蕩癖のある夫を支え続けたサイムダンを、現在も
変わらぬ美貌を誇る韓国を代表する女優イヨンエが
見事好演しています。

とにかく理屈抜きに美しいイヨンエとソンスンホン
とドラマティックなドラマ内容にサイムダンの実在
した人物像がリンクされて引き込まれる内容の
ドラマになっています。

本国韓国では17年に公開された「サイムダン~色の日記」
是非まだご覧になった事の無い方にはおススメです。

イヨンエの尋常ではない美しさだけでも見る価値が
あるドラマと言っても過言では無いドラマです。

兎にかく、唯一無二の存在感と、この復帰作として
「サイムダン」を選んだ理由に納得のドラマだと
言えるでしょう。

「サイムダン~色の日記」をまだ見てない人は
U-NEXTの31日無料視聴期間キャンペーンんが
おススメです。

たっぷり1カ月無料御試しキャンペーン期間なら
見たかった韓流ドラマがバッチリ視聴できます。

解約も簡単なので是非この機会にU-NEXTの
31日無料視聴期間で伝説の人「サイムダン」を
見てみてくださいね。
韓流観るなら<U-NEXT>

おわりに

遥か彼方にも思える16世紀の朝鮮時代に、有り余る才能を認められつつ母親として夫の妻として最大の努力を惜しまなかったサイムダンが韓国民主化後の最高額紙幣の顔に選ばれたという事実は韓国社会の大きな変動期の中でも良妻賢母として理想の女性像であった事の最大の象徴だと言えるでしょう。
今も語られるサイムダンは誰もが認める才能を持ちつつも、そこに奢る事無く女性としての人生もまっとうした素晴らしい母親でした。今も昔も確固たる理想の女性として語られるサイムダンは国を超えて語られるレベルの韓国民にとって崇拝するべき存在なのでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ソンスンホンアイキャッチ
  2. スジアイキャッチ
  3. 恋愛遍歴
  4. コンユアイキャッチ
  5. ソインググアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて