大橋秀行の現役時代の戦績や結婚した嫁や子供に兄も元ボクサー?

この記事は3分で読めます

大橋秀行アイキャッチ

あの怪物の異名を持つ井上尚弥の所属事務として
知られる大橋事務の会長である大橋秀行さんが
今夜『ジャンクスポーツ』に出演します。

言われてみたら彼も元ボクサーらしく現役時代は
かなり期待されたボクサーだったとか・・・

そんな大橋会長の現役時代の戦績やプライベート
の結婚した妻や子供さんに兄弟の話題も同時に
追ってみよう~




Sponsored Link

大橋秀幸プロフィール

氏名   大橋秀行(おおはし ひでゆき)
生年月日 1965年3月8日(52歳)18年2月現
出身地  神奈川県横浜市
スタイル 右ファイタータイプ
現在   大橋ボクシングジム会長

大橋秀行の現役時代の戦績も凄い

今となっては怪物井上尚弥のボクシングジムの
会長として顔を知られる大橋秀行会長ですが
言われてみたらそりゃそうだろうと思える
元プロボクサーだったようです。

しかも現役時代は100年に1人の逸材と言われた
具志堅用高さんを凌ぐ愛称で『150年に1人の逸材』
と呼ばれた過去をお持ちの元ボクサーだったとか・・・

現役
出典:http://gokanno.hatenablog.com/entry/2016/12/07/020717
やっぱ現役時代はカッコいいですね~痩せてますW

その戦績は24戦19勝5敗12KO!

タイトルは第12代日本ライトフライ級王座、第14代日本
ライトフライ級王座、第4代WBA世界ミニマム級王座
第4代WBC世界ミニマム級王座。

5敗の負けは当時最強と言われた韓国の張 正九
(チャンジョング)
やメキシコ最強と言われた
リカルドロペスなどとの競合とも戦ってきたらに
過ぎず、当時の二人の強さはかなりの戦績でしたので
負けも仕方なし~とも思えたりして・・・

だって張 正九(チャンジョング)は韓国の鷹と呼ばれ
1980年代に一世を風靡したボクシング界のスターです。

そしてメキシコのリカルドロペスも66戦無敗の
伝説化される程のボクサー。

あえて言えばこれほど強い選手とマッチメイク無し
で対戦してきた過去があるだけ、今の井上尚弥の
大橋事務入所の条件に挙げた『強い選手としか戦わない』
じゃないですが、マッチメイクありきの選手ではなかった
事がわかるというもの。

現役生活は9年と短く短命でしたが最終的には
眼疾が発覚したことで1994年2月に引退表明
同時に現在のジム開設を記者会見して現在に至った
経緯があります。

大橋秀行の結婚した嫁はどんな人?

現在52歳で通常であれば結婚されてると
思いますがコレ!と言った確かな情報がネット
でも出回っていないみたいです。

まさかの独身主義者か?と思った頃一つ
出てきた情報が奥様が旅館の娘さんでは~との
情報が一つありましたので、ご結婚は恐らく
されて見えると思います。

他の情報が一切見つかりませんでした・・・

また新たな情報が出てきた追記しますね。




Sponsored Link

大橋秀行の子供や兄もボクサー?

そしてお子様の情報も皆無です・・・汗

ただ実のお兄さんは大橋克行さんと言われる方で
プロボクサーとして活躍。

兄弟してプロボクサーだったようで現在も恐らく
大橋ジムの関係者として運営をサポートしてみえる
のではないでしょうか?

年齢は大橋秀行会長より5歳年上で高校三年で
プロデビューして84年に引退されているので弟の
秀行会長より10年ほど早く引退されているみたいです。

おわりに

家族の情報があまりに無いのでちょっと寂しいですが、有名人とは言え一般人の領域かもしれませんので公表する義務もありませんもんね。大橋秀行会長には是非怪物井上尚弥を世界の井上に育てるべく奔走して益々日本ボクシング界を盛り上げて欲しいと思います。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 井上尚弥アイキャッチ
  2. 比嘉大吾アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて