ビニール肌の原因にレチノール反応?エイジングケアとリスクの境界線

この記事は5分で読めます

レチノール反応ビニール肌

セルフケアでのアンチエイジングも確実に叶う現代で最も、効果がある成分として認知されているレチノール。

そんなレチノールには効果があるからこそのリスクとしてレチノール反応が無視できない問題です。

ビニール肌化に繋がる可能性のある、レチノール反応がもたらす副反応です。

アンチエイジングの効果は欲しいけどビニール肌のリスクは最大限避けたい人の為に、レチノール反応を避けるための境界線を考えてみました。



目次

ビニール肌とは?

ビニール肌はお手入れのし過ぎて肌に刺激を与えすぎて肌のキメが落ちてしまった状態をビニール肌と言います。

健康的に角質が整った美肌はキメが整って内側からふっくらとしたハリをかんじる肌状態ですが、ビニール肌は一見ツヤ肌に見えるものの、その肌状態は必要な角質まで削れ薄くなっている状態の肌を言います。

見た目はツルンとしたツヤ肌で、ピーンと肌表面も張り毛穴レスにも見える為ビニールを貼ったような肌状態の見た目からビニール肌と言われています。

毛穴レスでツルンとした肌状態なら一見、美肌に見えるから良いのでは?と感じる人も見えると思いますが、放置する事で徐々にその症状は悪化します。

薄くなり過ぎた角質を放置しビニール肌状態で、改善しないままお手入れを続けると更なる角質層が低下しバリア機能も低下する為、お肌はかなり過敏状態に傾き本人の自覚症状もどんどん強くなります。

ビニール肌の自覚症状

一見美肌に見えるビニール肌状態は、ビニール肌に傾いている本人にも通常の肌荒れとは違う為、自覚症状が出ていても無視してしまうケースも少なくないようです。

ビニール肌になる前には明らかなビニール肌の自覚症状を調べてみました。

・肌がつっぱる
・強い乾燥を感じる
・素顔が赤身を帯びている
・肌表面に微妙な痛みを感じる

これらのどれかに該当すると、ビニール肌に傾いている、またはビニール肌に陥っている状態だと思って良いと思います。

レチノール反応とは?

対するアンチエイジングの救世主として認知されているレチノールの、レチノール反応とは一体どんな反応なのでしょう。

ビタミンAの一種であるレチノールは同じ種類でシミ治療などにも用いられるトレチノインが最も高濃度ですが、レチノールにも低濃度から高濃度と濃度には幅があります。

トレチノインもレチノールも確実な効果が認められている成分ですが、逆にだからこその副反応としてレチノール反応A反応としてお肌に耐性(初めて使う)人程出る症状として知られた症状です。

レチノール反応・A反応で出ると言われる症状になります。

・乾燥
・赤身
・痛み
・痒み
・細かい湿疹
・皮むけ
・お肌の炎症

ビニール肌の初期の症状が、上の3つに当てはまる症状と重なります。

これらを無視して使い続ける事で、症状が進むと下3つの症状に変わる可能性があります。

ビニール肌の原因にレチノール反応

ビニール肌になる原因と言われているのがこれらのお手入れだと言われています。

・過剰な角質ケア
・洗浄力の高いクレンジングや洗顔料
・スクラブやピーリング剤の使い過ぎ
・強い摩擦を与えるスキンケアの使用法

アレもコレもと取り入れて幾つもの成分を重ねたり、濃度の高い美容成分を頻繁に使用する事で必要以上の角質が削れてしまう。

対するレチノール反応はお肌のターンオーバー促進効果がある成分でもあります。

レチノール反応は最もレチノールを始めて使用する人にレチノールの耐性ができるまでの2週間ほどが最も強いレチノール反応が出やすく赤身や、つっぱりを感じる人が多いようです。

もちろんコレは個人差もあるし、最初に取り入れるレチノールの濃度にもよりますが使い初めの2週間から2ヵ月かけてレチノールに耐性ができたら、程なくレチノール反応は治まってくる人が大半です。

ビニール肌の要因に関係するとしたら、自分の肌質のキャパを超えた高濃度レチノールを使用したりした場合、強い刺激となりい角質が削れ過ぎてしまいビニール肌の原因になる可能性はあります。

レチノールのアンチエイジング効果

ビニール肌の懸念がありながらも老化や劣化を抑制するアンチエイジング効果が確実に認められている、レチノールは2017年厚生労働省にシワへの抑制効果が明確に認められている成分です。

それらの効果をまとめてみました。

・小じわ・シワの予防効果
・皮膚の水分保持効果
・ハリツヤ効果
・ニキビ効果

当然ながらこれらの美肌要素に欠かせない小じわやシワ、皮膚のふっくらとした水分量の保持力など、肌の基礎力を底上げする効果のあるレチノールは冒頭の条件を満たす事で、透明感あるツヤ肌へと導いてくれます。

確実な目に見える変化を感じられる美容成分の1つと言えるでしょう。

 

エイジングケア
 

 

アンチエイジングケア効果は欲しいリスクは避けたい

レチノール反応と言うリスクを許容しても、若さの象徴であるアンチエイジング効果が得られるレチノールを如何にして取り入れるかが課題となります。

レチノールでアンチエイジング効果を得られながら、副反応であるレチノール反応はギリギリの所まで避けたい。

そう思ってレチノールの美肌効果を実感して使用している人は多いはずです。

そうレチノールはレチノール反応を見極めながら使用すれば、明確な美肌をもたらしてくれる最大のアンチエイジングケア製品です。

リスクヘッジの為にはレチノール反応を見極めれば長期使用でも副作用の心配はほぼ無いと論文でも発表されています。

レチノール反応の境界線と使い訳

まずはレチノールの耐性が無い(レチノール初心者)の人程、低濃度のレチノールから使用しましょう。

高濃度イコール高い効果がもたらされるではありません。

高濃度でレチノール反応が起きてしまい、直ぐに使用できなくなるより、低濃度でじっくり毎日レチノールでお手入れ出来た方が間違いなくエイジング効果が得られると思います。

そこでレチノール反応の境界線としての目安すを紹介します。

レチノールの濃度は初心者の人は0.1%以下の低濃度からスタートさせましょう。一般的なコスメブランドのレチノール濃度は0.3%以下が多く美容医療監修のドクターズコスメでも0.5%前後だと言われています。

初心者は当然レチノールに耐性が無い為、レチノール反応を極限まで少なくするためにも、まずは0.1%以下のレチノールからお手入れをスタートしましょう。

夜のみ使用しましょう。(朝晩使用できる)タイプの物もありますが、まずは夜からスタート。

その上でお肌がレチノールに慣れてきたら朝晩使用可能なタイプなら朝も使用して大丈夫ですが、その際は必ず日焼け止めを使用するようにしましょう。

慣れるまでは一日置きで使用してもOKです。

慣れてきたら少しずつ使用頻度を上げて使用していくのがベストだと思います。

まとめると

・最初は0.1%以下の濃度のレチノールを
・夜のみ使用
・慣れるまで1日置き
・徐々に慣れたら使用頻度を増やす

毎日使用するようになって冒頭で紹介したようなレチノール反応(違和感)を感じたら。

・レチノールの使用をストップ
・まずは1週間保湿のみのケアにシフトする
・肌状態が通常に戻ったら2日に1度や3日に1度の割合でレチノールを開始(夜だけ)
・1日置きに増やして保湿ケアもしっかり行う



レチノール選びの注意点

海外では日本より早くアンチエイジング効果の高さから、使用されているレチノールですが、海外の学会発表でも、レチノール自体には長期使用しても副反応となる要因は無いと言われているようです。

ただ海外製品に多く出回っているレチノールの中にはレチノール美容液に含まれる、界面活性剤が含まれている物が多いのだそうです。

その界面活性剤が含まれた製品だけは皮膚を強引に剥かせて(ターンオーバー)で肌の生まれ変わりを促進したかのような効果を見せるので注意が必要だと言われているようです。

この界面活性剤が大量に入ったレチノールを長期で使用するとそれこそビニール肌になりかねません。

レチノールを購入する際には、界面活性剤が少ないレチノールかどうかをしっかり見極めて購入する事をおすすめします。

ビニール肌は放置しないまとめ

とにかく今回紹介したレチノール反応でも、他の要因でもビニール肌の症状が出ているなと感じたら、通常の肌荒れと違うからと放置しない事が重要です。

理由は放置する事によってせっかくのアンチエイジングケアが台無しになるからです。

極端な症状ではなくてもお肌の違和感を感じるビニール肌は、シワやたるみ、シミなどの肌の老化をすすめる要因にしかなりません。

無視ぜず適切に保湿と日焼け止めなど、シンプルケアに切り替えて、また通常の肌状態に戻ったら日にちを空けてレチノールの使用を開始する。

この繰り返しや濃度のコントロールでレチノールを上手く利用して、レチノールの一番のメリットであるエイジング効果を最大に引き出しましょう。

エイジングケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 中国野味アイキャッチ
  2. 美肌
  3. コロナウイルスアイキャッチ
  4. チョンジヒョン
  5. 毛穴レス
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて