那須川天心の彼女は浅倉カンナ?妹も顔激似で格闘家デビュー!

この記事は5分で読めます

那須川天心アイキャッチ

幼いころから格闘技に触れ、鮮烈な戦績を残す
総合格闘家である那須川天心さん。

向かうところ敵なしの彼の彼女と噂される
浅倉カンナさんとの関係や最近プロ格闘家として
デビューした妹那須川梨々さんの話など
調べてみました。

Sponsored Link

那須川天心の神童と呼ばれて

『神童』『キックボクシング史上最高の天才』
『ライトニングレフト』
などの異名をもつ那須川天心さん。

少し珍しいお名前ですので、リングネームかと
思いきや本名だそうです。

「天に心を持つ。天のような大きな心を持ち
感謝の気持ちを忘れない人間になってほしい」

という思いが込められているとのこと。

5歳の頃に極真空手を始めるも最初は嫌々で
稽古の途中で逃げ出すこともあったそうです。

幼稚園の時、初出場した大会で負け、それを
きっかけに父親のもと自宅での特訓を開始し
格闘技漬けの生活がスタートしたそうです。

その後の県大会で全て一本勝ちして優勝。

そこから空手が面白いと思えるようになったとか。

この県大会以降に、後に史上最年少で
オープントーナメント全世界空手道選手権に出場し
若獅子賞を受賞した南原健太さんと出会います。

南原健太さんには1度勝利しただけで他は全敗し
表彰台に上がれない状況が続く事になります。

そこから父親とともに試行錯誤を重ね
「当てさせずに、当てる」というスタイルを
構築していくこととなります。

2008年の小学校4年生の時に出場した大会が
体重無差別で組まれていた今までと代わり
小学校5年からは体重別に区分されてしまうため
南原健太さんと当たる最後のチャンスでした。

お互い別ブロックで勝ち上がって行き
全国大会の決勝という舞台で雌雄を決します。

・南原健太さん、身長151cm体重53㎏
・那須川天心さん、身長134cm体重30㎏

という、圧倒的に不利な体格差ではありましたが
見事那須川天心さんが勝利し全国大会優勝を
成し遂げました。
 

Sponsored Link

那須川天心のキックボクシングとの出会いと経歴

小学校6年の時にK-1と魔裟斗さんに憧れて
キックボクシングに転向します。

当初は空手との差異のため、打ち方やステップなど
全てを修正せざるを得ませんでした。

試行錯誤と練習を重ね、キックボクシングジムへの
出稽古などを経て修正していったそうです。

2010年8月ムエロークジュニア35㎏級トーナメントで
3-0判定勝ちによる優勝、キックボクシング転向後の
初タイトル獲得となりました。

その後多くの大会に出場して、好成績を残していき
アマチュアキックボクシング選手としては
105戦99勝5敗1分37KOという素晴らしい戦績となりました。

 
格闘技の練習に集中するために4年生の高校に進学し
2014年7月にいきなりRISEバンダム級7位の現役ランカー
であった有松朝さんとプロデビュー戦を行います。

1ラウンド58秒でKO勝ちするという鮮烈な初戦を飾りました。

その後連戦連勝を続け、RISE史上最年少記録の16歳
プロ6戦目で王座獲得に成功します。

この時のタイトルマッチでの下馬評では那須川天心さんが
負けるだろうとされていましたが、この試合で勝った
ことにより、周りの反応が変わり始めたと言われています。

2015年8月にはBLADE EC JAPAN CUP -55kg
トーナメント2015に参戦し、鈴木正彦さん・小笠原裕典さん
内藤大樹さんと対戦し、3名ともこれまでKO負けしたことが
無かった選手にも関わらず、全試合KO勝ちという圧倒的な
強さを見せつけて優勝しました。

その後も16歳で判定勝ちながらもISKA世界王座を獲得し
17歳にはムエタイ最高権威であるルンピニー王者に
KO勝ちして快進撃を続けます。

そして2016年年末、RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016
無差別級トーナメント 2nd ROUNDにて、初参加し総合格闘技
デビューを果たします。

那須川天心さんは、出場記者会見で
「僕が活躍することで『格闘技と言えば那須川天心』と
言われる選手になって格闘技の未来を僕が変えたいです」

と意気込みを語っていました。

また、同大会に出場していた多くの関係者も

「総合でもキックでもどんな絵でも描ける」

「大きなけがをせず真剣に節制すればMMA(総合格闘技)
を背負うスターになれるはず」
と、絶賛の声が多くありました。

2017年にはプロボクシングとムエタイで
2冠王となっていたアムナット・ルエンロンさんと対戦し
見事4ラウンドに左右のボディブローでKO勝利しました。

2018年では2階級上で活躍するムエタイ王者にも
見事勝利しています。

まさにこの鮮烈デビューから文字通りの敵なし状態です。

那須川天心の彼女は浅倉カンナ?

長々と那須川天心さんの鮮烈な戦績等を
語ってきましたが、プライベートの方は
どうなんでしょうか?

2016年のご本人の公式Twitterに、
「彼女が出来ました #4月1日」というのが
ありましたが、ハッシュタグがエイプリルフール…
ということで、嘘というかジョークなのでしょうね。

それでも若くかっこいい格闘家としての
那須川天心さん、この人が彼女ではないかとの噂も
ちゃんとあります。
彼女
その噂のお相手というのが、総合格闘技イベント
「RIZIN」に出場している浅倉カンナさんです。

 噂される理由として、二人が一緒の道場で
練習していて、その様子が非常に仲良さげだったというもの。

また、浅倉カンナさんがRENA選手に勝利した時には
那須川天心さんが嬉しくて号泣するシーンもあったり・・・

血気盛んな神童がカンナさんの勝利仕合で号泣するだ
なんて周囲から見ても勘違いされるには充分な材料かも
しれませんね。

しかし実際に交際しているかどうかの情報は無く
真偽のほどは解りません。

特に恋愛沙汰を絡めずに、歳が近く仲が良い
格闘仲間という関係だとしても非常に良い
コンビにも見えなくはありません。

Sponsored Link

 

那須川天心の妹が顔激似も格闘家デビュー

那須川天心さんの妹である那須川梨々さん
兄天心さん同様に優秀なアマチュア戦績を残し
高校1年生でプロデビューしました。
妹
二人とも可愛い・・・てかおぼこい(笑)

でもかなり天心に次ぐ強烈な強さみたいです・・・

顔も強さも似てるみたい・・・

そのアマチュア時代の戦績というのが
アマチュアシュートボクシング全日本納座決定戦
一般女子の部-48kg級優勝Bigbangアマチュア女子
40㎏王座などを代表する30勝3敗という勝率9割の
記録です。

そして肝心のプロデビュー戦は、佐藤レイナさんと
なりました。

なんと元TRIBELATEピン級王者です。

2018年6月17日に千葉・幕張メッセで開催される
『RISE 125』でのプロデビュー戦となります。

このデビュー戦に向けてのインタビューで
ご本人である那須川梨々さんは

「私はプロデビュー戦へ向けてこれまで練習してきました」

「兄よりインパクトを残すKOで勝ちたい」

 など、試合に向ける強い思いを語ります。

年頃の女の子にしてはやっぱりかなり勝気みたいです。笑

おわりに

 鮮烈な格闘技人生を歩み続けけ『神童』の呼び名にふさわしい戦歴を残す那須川天心さん、妹さんのプロデビューもプライベートな熱愛情報も含めて、これからも素晴らしい試合を期待します。総合格闘家としてどこまで突き進むのでしょうか、楽しみです。益々格闘家としても目が離せませんね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて