村田修一の今が月給上限40万が悲惨!NPB復活の下克上なる?

この記事は3分で読めます

村田修一アイキャッチ


昨季の10月以来巨人から自由契約となった村田修一氏が
ようやく栃木GB入団を決意したことがニュースになりました。

今の彼が決意した新たな入団の月給上限が40万円の
報道を聞いて本当にプロ野球選手とは厳しいリアルな
世界なのだな~とつくづく思い知らされた感じです。

彼が7月末までのNPB復活の望みを賭ける今再起を
賭けた下克上は叶うのか?

男村田修一氏の今を追ってみよう~

村田修一が栃木ゴールデンブレーブスに入団!

昨年から巨人をまさかの戦力外選手となった
村田修一がいよいよ3月4日栃木のゴールデン
ブレーブスに入団を決めた事がニュースとなった。

17年10月の突然の巨人の戦力外通告からずっと
自主トレーニングを続けて現役続行の意思が固い
村田はNBPからのオファー待ちだったが進展が
なくついに数ある独立リーグの中から栃木ゴールデン
ブレーブスへの入団を決意した。

村田修一が決めた栃木ゴールデンブレーブスとは?

2016年にスタートし栃木県小山市に本拠地がある
独立リーグが栃木ゴールデンブレーブスだ。

NPBに比べて知名度の低い独立リーグではあるが
栃木ゴールデンブレーブスとは日本の独立リーグの
一つである。

07年に北信越BCリーグとして長野(信濃)石川
富山、新潟で発足し08年には群馬と福井、15年に
武蔵と福島、17年に滋賀と栃木が加入。

現在10球団がある中東西二地区に分かれて前後期制で
合計71試合を行う。

村田修一の月給上限40万が悲惨過ぎる

それにしても、だ。

いかにもプロ野球選手と言えば男の大出世の代表
のような存在としてその高額な契約金に始まり
成績次第では軽く越えの年棒を稼ぐ選手も今と
なってはざらの野球少年にも一般人にも夢の職業だ。

それが昨年まで2億2千万円だった年棒の村田修一が
所属チーム(巨人)の方向転換一つで切り捨てられる。

そして今わずかであっても現役続行の糸を切らさない為
に男村田修一が決意した栃木ゴールデンの月給の上限が
40万円
との事。

勘違いしてはいけない上限が40万円であり、40万円が
月給と決まったわけではありません。

給与はサラリーキャップ制と言い、公式戦中の
半年間に月額10万~40万円が支払われる。

との事なので入団したばかりの村田修一氏には
おそらく10万スタートと考えるのが妥当だと思います。

もう一度言います。

去年まで2億2千万円だった男が今年は月収10万
スタートです
。汗

これが意味することとは・・・

そもそもBCと言ったら1球団あたりの年間予算がNPBとは
大きく事なり平均約1億3000万円。

NPB球団の50~100分の1の規模なのだ。

当然選手に割り当てられる月給も10万スタートから
最高上限が40万の予算の振り当ては至極全うな金額だ。

だが男村田修一は全盛期の活躍には到底及ばないとは言え
代打では十分活躍できる選手です。

その成績も通算本塁打360本。

2017年は14本塁打も放った選手です。

何て酷いザマでしょう・・・

昨年10月からNPBからのオファーを待っていた村田修一の
この約4か月間はまるで針のムシロに座らされた気分だったに
違いありません。

巨人の村田切りはチーム全体の若手育成を兼ねた入れ替えと
ありましたが・・・物凄いリアルで厳しい世界を見てしまった
感がかなり否めません・・・・

プロの世界は恐ろしい。

村田修一のNPB復活への下克上な叶うのか

しかし本題に戻るけど7月末までの今からの
5ヶ月間でNPBから村田修一にオファーは
本当に来るのか?

そこが問題です。

正直言って昨年の10月から現在入団を決めたBC
入団までの4か月間の間どのNPBからもオファー
が無かった状態で7月までの約5か月の間に村田氏の
願望であるNPB復帰は本当に叶うのか?

正直かなり確立的には厳しいと思わざる得られないのが
正直なところです。

結局原因は色々言われたり噂されたりしたけど
彼の実績と昨年までの実力を考慮しても、十分
まだNPBでの活躍する場はあったはず・・・

そんな誰もが分かる下馬評の中それでもNPBから
オファーがなかった現実を考えたら相当なタイミング
フィーリングハプニングの三拍子が揃わなければ
恐らくNPBへの復帰は相当厳しいでしょう。

それでもわずかな可能性を強引に押し広げる事が
出来るのか?

男村田修一の真の下克上はここから始まる~そう思って
応援したいと思っています。

栃木ゴールデンの2017年の成績を見ても前期が7勝28敗
(最下位)後期が12勝20敗(4位)のかなりの弱小チーム

ですが自分自身の再起をかけた戦いにNPBへのアピール
全開で150%nのアピール全開でこの過酷な状況を乗り切って
くれる・・・

そう願って陰ながら応援したいと思っております。

ここを乗り越えてこその下克上。

是非男村田修一の本領発揮として最後の馬力を
見せつけて欲しいですね。

おわりに

数字でリアルにその真価がわかるプロ野球選手の一歩間違えたら地獄のイバラの道と言う現実を叩きつけられた格好となった男村田修一氏の最後の戦いの舞台として是非力を振り絞って再起を叶えて欲しい。そう影ながら応援して是非元のNPBの舞台に復帰して欲しいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 原辰徳アイキャッチ
  2. イチロー
  3. 清原和博アイキャッチ
  4. 定岡正二アイキャッチ
  5. 大谷翔平アイキャッチ
  6. 江川卓アイキャッチ
    • desperado
    • 2018年 8月4日

    NBP って何や?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて