鈴木康大の経歴や成績に嫁も日本代表久野綾香と義理父の関係とは

この記事は4分で読めます

鈴木康大アイキャッチ

世間を震撼させたカヌー選手の仲間内での代表の座を
巡ってのドーピング混入に加担したことを自ら告白した
鈴木康大さん。

彼のこれまでの輝かしい経歴や成績も今回の事件を経て
終了と思われるここまでの彼の活動と嫁の久野綾香や
義理の父親との関係も追ってみよう~




Sponsored Link

鈴木康大プロフィール

氏名     鈴木康大(すずき やすひろ)
生年月日   1985年10月6日(32歳)18年1月
出身地    千葉県
身長     180㎝
体重     82㎏
所属    (株)久野製作所

鈴木康大の経歴と成績

小学校3年生から始めたカヌー競技だがはじめると
同時に才能を発揮させあらゆる大会でかなりの成績を
残している選手のようだ。

地元中学校小見川中学を卒業後、千葉県立銚子商業高等学校
立命館大学を卒業してその後滋賀レイクスターズに所属して
も数々の成績を残している。

時系列で

小学3年生で地元小見川海洋センターにてカヌーを開始。

普及艇の部において優勝を果たす。

1995年(平成7年) – 4年生時、全国小学生大会 優勝。
1997年(平成9年) – 6年生時、全国小学生大会 優勝。

小見川中学校時代
1999年(平成11年) – 2年生時、全国中学生大会 優勝。
2000年(平成12年) – 3年生時、全国中学生大会 優勝。

千葉県立銚子商業高等学校時代
2001年(平成13年) – 1年生時、国際大会(スロバキア) 出場。
2002年(平成14年) – 2年生時、国際大会(チェコ) 出場。
2003年(平成15年) – 3年生時、静岡国体 優勝。

立命館大学時代
2004年(平成16年) – 1年生時、全日本大学選手権 1000m
シングル 準優勝、同 1000mフォア 優勝、全日本選手権 
1000mフォア 優勝、同 500m フォア 優勝。

2005年(平成17年) – 2年生時、全日本大学選手権 1000m
シングル 優勝、岡山国体 500mシングル 準優勝、全日本選手権
 1000mペア 準優勝、アジア選手権 200mフォア 3位。

2006年(平成18年) – 3年生時、ワールドカップ 1000mペア 6、同
 200mフォア 6位、兵庫国体 500mシングル 3位。

2007年(平成19年) – 4年生時、フラットウォーターレーシング
カヤック男子、日本代表。日本ランキング1位。

滋賀レイクスターズ時代
2008年(平成20年)10月 – 大分国体、カヌー、カヤックシングル500m
成年の部、優勝。同200m、4位。北京オリンピック、カヌースプリント
1,000mアジア最終予選、3位。

2010年(平成22年) – アジア競技大会広州大会、カヤック男子1000m、3位。

2011年(平成23年) – カヌースプリント世界選手権ハンガリー大会、24位。
ロンドンオリンピック、カヌースプリント1,000mアジア最終予選、4位。

2012年(平成24年) – 退団。
wikipedia:引用

かなりカヌー界の第一人者として活躍していた選手だった
事がこの経歴と成績からも分かると思います。

輝かしい実績を持ちながら今回の事件はとても残念ですね。

鈴木康大の嫁も日本代表久野綾香

この滋賀レイクスターズ退団後に同じ日本代表選手
だった北京五輪日本代表選手だった久野綾香さんと
結婚されています。

氏名   久野綾香(くの あやか)
生年月日 1987年12月8日(30歳)18年1月現
出身地  福島県
身長   167㎝
体重   63㎏
出身校  福島県立安達高等学校
所属   (株)久野製作所
出場種目  女子カヤックフォア500m

12年の滋賀レイクスターズ退団後嫁の久野綾子さんと結婚
して二人の子供さんにも恵まれていたそうです。

年齢は2歳から4歳といわれていますが現在Facebookも
制限してあるようで確認出来ない状況のようです。




Sponsored Link

鈴木康大の義理父との関係

現在の嫁である久野綾子さんと同じ所属先
である事から分かりやすいと思いますが彼は
嫁の綾子さんの義理父の運営するナショナル
チームの一員として一度は諦めたカヌーでの
現役復帰を叶えます。

彼が現役引退を決意したのはリオ五輪代表選考
レースで代表に選出されなかったことで一度は
15年に現役引退しています。

でも最後の賭けとして義理の父親と嫁の強い後押し
があって2020年の東京五輪に標準を合わせて現役
続行を決意したのです。

それなのにライバルである小松正治さんにの飲み物に
禁止薬物混入したことで今回のような大騒動に。

それ以外にも練習用の道具を盗むなど、結果的には
自白したことで解決しましたが彼の現役復帰を心から
サポートしようと力になってくれた義理の父親や嫁はじめ
周囲の人間をみな裏切る行為となっていまいました。

鈴木康大の今後は~

現在は奥様の地元福島でスポーツクラブ ドリーム DREAM
経営しながら東京五輪への出場を狙って活動されていた鈴木
さん。

特にジュニア育成に力を入れた活動をしていたらしいジム
ですが今後の経営はかなり厳しいモノに変わる可能性が
あるかもしれませんね。

そして今回の禁止薬物混入を自発した事で被害者の
小松さんが停止処分を溶けたと同時に鈴木康大さんは
選手として8年間の出場停止処分をうけました。

当然これで完全に彼の東京五輪への夢もその次の
五輪の夢も断たれた事に違いはありません。

非常に残念ですが彼の現役生活はこれで完全に断たれたと
言って過言ではないでしょう。

おわりに

東京五輪に出場したいが為に禁止薬物の混入や道具の窃盗を働いたという鈴木康大さんですが、結局自責の念の強さのあまり自ら告発するという前代未聞の事件となりました。今もこれからもこれらの事件を背負って生きていかなければならない鈴木康大さんの今後の人生が更に厳しい茨の道となった事は間違いないでしょう~
それでも告発したことを悔いずにもう一度立ち上がって前向きに生きて行って欲しいと思うばかりです。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 斎藤慧アイキャッチ
  2. 宮川紗江アイキャッチ
  3. 西野朗アイキャッチ
  4. 小林潤志郎アイキャッチ
  5. 宇野昌磨アイキャッチ
  6. 片山来夢アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて