西城秀樹は現在立てない?歌も口パク舌ペロペロの近状が悲しい

この記事は3分で読めます

西城秀樹アイキャッチ

歌手の西城秀樹さんが脳梗塞で倒れられてから
数年たち見事に家族の支えと懸命なリハビリの
効果もあって復活した。

そう思ったのもつかの間2017年から現在が
立てない?と噂になっている。

ヤングマンで一世を風靡した西城秀樹さんの
近状が気になります。

2度の脳梗塞から舌や目付きが戻らない理由
や歌を歌う事はもう無理なのか?近状の西城
英樹さんを追ってみよう~




Sponsored Link

西城秀樹2度の脳梗塞乗り越えて~

18年現在62歳となった西城秀樹さんが
倒れたのは2003年の48歳の時です。

韓国済州島でのディナ―ショーで脳梗塞を発祥。

多忙な芸能生活もあって当時は倒れたのかな?
と思ったのもつかの間、その後、家族の支えも
あり相当きを付けた生活を心がけるも11年に
またも発症。

2001年に一般人女性で18歳年下の奥様と
結婚して3人のお子様に恵まれた順風満帆な
プライベートと歌手としての活動の中彼を襲った
脳梗塞はその後壮絶なリハビリ生活との闘い
だったのです。

西城秀樹は現在立てない?の真相は

1度目の2003年の脳梗塞から食事療法
ハードなリハビリなど相当気を付けて生活していた
中の2度目の脳梗塞では1度目より大きな後遺症が
残ることとなります。

一般的に考えても1度目より2度目が酷くなることは
当然の流れですが歌手として致命的なレベルの後遺症で
右半身麻痺と声帯の神経も傷ついてしまい言語障害まで
残ってしまったのです。

これが意味することとは・・・JPOPの走り
を体現してきた元祖男性アイドルの先駆け的存在だった
西城秀樹さんは歌って踊ってが売りの人気歌手でした。

そんな彼が歌さえ一時的に口パク状態
なってしまったのです。

そして右半身麻痺で踊るだなんて言語道断状態に・・・

そんな生活から60歳の還暦も迎えて何とか周囲の
手厚いサポートを受けながら歌手活動もこなしてきた
西城秀樹さん。

2017年には立てない状態と噂されていましたが
正確には本人が脳梗塞発症前のような思うように身体が
いう事を聞かない事などから不安になって

『もうステージには立てないんじゃないか?』
思い悩んだ事が原因のようです。

かなり努力して『歌う事が人生』という西城秀樹
さんは26年ぶりのFNS歌謡祭に出演して見事
歌手として昔のような姿をテレビで披露しています。




Sponsored Link

西城秀樹の口パク舌ペロペロ状態って?

2度目の脳梗塞発症で確かにかなりの後遺症
が残り1度目の50歳前より2度目には相当な
ダメージがあったのは事実です。

でも昔程スムーズな喋りではないものの、ステージに
立つ以上口パクは無いと週刊誌等の噂を本人が否定
しています。

時には調子の悪い時もあるかもしれませんが
それは健康な人でも具合の悪い時はあるもの。

基本は歌手としてプライドを持ってステージに
立つ秀樹さんには無い~そう本人が言う以上信じ
たいですよね。

そして舌ペロペロ状態というのはそれこそ
2度目の脳梗塞で倒れた時1年間程はろれつも
回らない状態でかなり言語障害も残った。

その時またステージに再起するために行った
リハビリの中で身体のリハビリと歌手である
秀樹さんは言語障害をどうしても乗り越える
必要がありました。

そうした経緯から舌をペロペロ出し入れする
リハビリを取り入れて地道な努力を重ね歌を
歌えるまでの状態に復活したのです。

凄い根性で、どれほど辛いリハビリだったのか
想像を絶すると思います。

舌ペロペロはリハビリの一貫でアゴの筋トレにも
なるんだそうです。

そりゃ関係あるでしょうね。




Sponsored Link

西城秀樹嫁の馴れ初めと実家は岐阜?子供3人の超絶美形ぶりが凄い

おわりに

若い頃の西城秀樹さんの「ヤングマン」時代の西城秀樹さんが懐かしいですが、2度の脳梗塞を乗り越えて是非つらいリハビリにも耐えてここまで復活したのでこれからもどんどんテレビに出演して元気な姿を見せて欲しいですね!
是非応援したいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 河合美智子アイキャッチ
  2. 錦野旦アイキャッチ
  3. 西城秀樹アイキャッチ
  4. 細川たかしアイキャッチ
  5. 郷ひろみ
  6. 研ナオコアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて