ゆりやんレトリィバァ大学偏差値に驚愕!現在の体重も気になる

この記事は3分で読めます

ゆりやん

先日、女性芸人ナンバーワンを決める「THE W」で
優勝したことでも注目されているゆりやんレトリィバァ!

決勝戦でのドラえもんのキャラの完成度は高かったですね。

今回はそんなゆりやんレトリィバァのプロフィールや芸歴
に驚異の大学偏差値や現在の体重について調べてきたので
紹介していこうと思います。




Sponsored Link

ゆりやんレトリィバァプロフィール

芸名    ゆりやんレトリィバァ
名前    吉田 有里
誕生日   1990年11月1日
出身地   奈良県
身長    159cm
血液型   B型
活動期間  2013年
所属事務所  よしもとクリエイティブ・エージェンシー

ゆりやんレトリィバァの芸歴

大人気急上昇中のゆりやんレトリィバァの
芸歴について気になりませんか?

まだ若いですし、活動期間はまだ浅そうですよね!

前述でも説明しましたが、活動期間は2013年から
ということで活動期間は4年ほどということです。

4年ですが、安定した漫才を皆様の前で
出来るのにはあっぱれです!

ちなみにそんなゆりやんレトリィバァの
芸人になろうと思ったきっかけは、小学校の時に
吉本新喜劇の山田花子さんや島田珠代さんに憧れて
自分もなりたいと思ったことがきっかけらしいです。

吉本新喜劇の舞台に立つのも近い将来
現実的になるかもしれませんね!
経歴
出典:naver

お笑いの世界はなかなか厳しい中、2017年2月24日
第47回NHK上方漫才コンテストで女性ピン芸人で初めて
優勝者が出たということから注目され、いろんなお笑い番組や
バラエティ番組に出演する機会が増えました。

先日の女性芸人のナンバーワンを決める大会で
優勝したのもあって年末から年始にかけていろんな
番組でお目にかかることが増えるかもしれないですね。




Sponsored Link

ゆりやんレトリィバァの驚異の大学偏差値!

ゆりやんレトリィバァは偏差値が高い事でも有名です。

では実際にどのような高校を卒業して、どのような大学に
通っていたのか調べたので紹介していきます。

高校は奈良県立高田高等学校を卒業とのことです。

この高校は奈良県内で進学校ということで偏差値も
61ほどあるらしいです。

奈良県出身ということから育ちも奈良県だったことが
わかります。

そして高校卒業後は関西大学文学部で英語力も
かなりのモノらしいです。

てか凄い関西大学です・・・

関西大学文学部の偏差値はおよそ55だと言われて
おりますので、関東地方の大学でたとえるなら
明治学院法学部くらいでしょうか。

現在のお笑いキャラからするとかなり脅威的な学歴だと
言えますね~

努力なくしては入学できる学校ではないですね。

学生のころから努力家だったことがわかります。

ゆりやんレトリィバァの現在の体重も気になる

ゆりやんレトリィバァの見た目と言えば、少し
真ん丸とした○ブキャラでも注目されていますよね。
体重
出典:http://awesomeworldlife.com/wife-change-trouble-to-advantage

今回はゆりやんレトリィバァの体重について
調べてみたので紹介していこうと思います。

2013年に芸能活動を始めたころは体重70キロ
だったそうですが、毎年10キロずつ増加したことから
2017年現在の体重は100キロオーバーとのことです。

ある番組ではちょっと歩くだけで「股ずれして痛い」
「疲れる」という悩みも告白しました

身長159cmのゆりやん。

BMIは39.56で、適正体重よりも44.38kg
多い状態とのこと!

炭水化物を摂取するのが好きみたいなので
すぐに痩せるのは厳しいのかな?

いつかテレビの企画でゆりやんレトリィバァの
ダイエット企画というのも実現しそうですね。

まとめ

今回は先日、「THE W」で優勝したゆりやんレトリィバァを紹介しました。これだけの実力派芸人ですから、学歴もいいんだろうな!と思っていましたが、やはり予想を超える偏差値の持ち主でびっくりしました。

まだまだ若手でこれから成長していくお笑い芸人の一人だと思うので、注目ですね!

そんな私もこれからもゆりやんレトリィバァの今後を追っかけて行きたいと思います。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 加藤茶アイキャッチ
  2. カミナリ
  3. 尼木雄愛アイキャッチ
  4. とろサーモン久保田アイキャッチー
  5. とろさーもん村田
  6. 濱口優アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて