岸優太の彼女はまた乃木坂?母親や妹との関係や入所日も気になる

この記事は3分で読めます

岸優太アイキャッチー

2年前ほどにハウス食品のとんがりコーンのCMに
出演したことも有名な岸優太くん。

最近ではNHKのRの法則スペシャル大江戸
ロボコンの主演・安室将也役で出演したことも
話題になっていますよね。

そんな彼は現在ジャニーズJrの一員で
Sexy Boyzのメンバーとしても活動している
今日はそんな岸優太くんのプロフィール
や入所したきっかけは?

母親や妹との関係に彼女はまた乃木坂なのに
ついて追ってみようと思います。




Sponsored Link

岸優太のプロフィール

名前    岸優太(きし ゆうた)
誕生日   1995年9月29日
出身地   埼玉県
身長    167cm
血液型   A型
活動期間  2009年~
趣味・特技 音楽を聴くこと・ペン回し

岸優太のジャニーズに入所したきっかけは?

岸優太くんのジャニーズ事務所に入所した
きっかけを調べてみました。

調べたところ2点ほど情報があったので
皆さんにお伝えしていこうと思います。

1.いとこが勝手にジャニーズ事務所に履歴書を送った。

2.おばさんが勝手にジャニーズ事務所に履歴書を送った。

この2つが岸優太くんの入所したきっかけになっています。

実際にどちらが送ったかはわからないんですけど
親戚、そしていとこ家族が岸優太くんの履歴書を
勝手に送ったことが濃厚ですね。

岸優太の母親と妹との関係

明るそうな家庭で育っている岸優太くんですが
両親が離婚して母親がいない噂が流れていました。

この噂は本当なのか調べてみました。

テレビ番組でプロフィール紹介のコーナーがあって
その中の家族構成のところに、「母」の文字が
なかったのが騒ぎの発端らしい。

確かに、父と兄弟が書いてあって、母だけ書いてないのは
おかしいですよね。

母がいるのに書かなかったってのは考えにくいですよね

ちなみにその翌日から「岸優太 母」での検索が
一気に増えたらしく考えられるのは両親の離婚か
母が帰らぬ人になってしまったかのどっちかですね。

まぁどちらにしても岸さんにとっては
いい話ではないですね。

そして兄である岸優太くんと妹に関する
情報もありました。

兄妹同士なのに、そのまさかってことがある関係?

・よく、チャーハンを作ってあげていた

・バック転の練習に付き合ってくれて、その姿を動画撮影して協力してもらった

・よくやった遊びは、釣りごっこ

などの微笑ましいエピソードがありました。

おそらく、こういった「兄妹仲がいい」ということから
岸優太さんの妹の彼氏=岸優太さんみたいな噂が
あがったのではないでしょうか?

だとしてもガセネタに近い噂話ですね。




Sponsored Link

岸優太の彼女にまた乃木坂疑惑が?

最後に岸優太くんの熱愛情報についてです。
また乃木坂?

伊藤純奈さんとの噂がありました。

こんな二人の出会いのきっかけは、ドラマ
「近距離」で共演したからだそうです。

元々、伊藤純奈さんがアイドルになる前は
ジャニーズJrの京本大我の大ファンだった事から
ファンの間では「ジャニオタ」として有名で
あったようです。

という理由もあって必然的に岸優太くんとの
熱愛も囁かれました。
彼女
出典:http://photozou.jp/photo/show/2354532/131590898
これは彼女かと思いきや・・違うみたいですね~笑ビックリした!

しかし、その後2人の目撃情報はなく、ただの
噂に過ぎない感じですね。

岸優太くんもイケメンだし、伊藤純奈さんも
お綺麗だからお似合い~!

って言っちゃうと二人のファンから矢が
飛んでくるんですかね?笑

まとめ

今回はジャニーズJrの金の卵の岸優太くんを紹介しました。家族思いで、妹とも仲良い、岸優太くん。
母がいない噂がありましたが、そんなことを払しょくするくらい明るい家庭で過ごしてきた雰囲気が満載です。

もちろん頑張り屋さんだし、辛い思いをしてきた、努力家ってことはファンのみなさんもわかっていますよね?

乃木坂との噂も風の軽い噂くらいで、これからもっと熱愛情報が出てくるくらい有名になってほしいですね!

そんな彼のことを私はこれからも注目していきたいと思います。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 向井康二アイキャッチー
  2. 藤井直樹アイキャッチー
  3. 目黒蓮アイキャッチー
  4. 岩本照アイキャッチー
  5. 高橋海人アイキャッチー
  6. 林翔太アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて