横山裕は父親の虐待母のネグレスト乗り越えた現在の熱愛彼女は?

この記事は3分で読めます

横山裕アイキャッチ

ヒルナンデスの共演から今や食レポでの大食いで
人気アナウンサーとなった水ト麻美アナとの熱愛
や彼女説も浮上した関ジャニの横山裕君。

彼の生い立ちが壮絶過ぎるようだ。
父親からの虐待にそれを達観した母の壮絶
な過去を乗り越えた現在の熱愛彼女の行方と
家族の闇を追ってみよう~




Sponsored Link

横山裕プロフィール

氏名   横山裕(よこやま ゆう)
本名    横山侯隆(よこやま きみたか)
生年月日 1981年5月日(36歳)18年1月
出身地  大阪府大阪市
身長   176㎝
血液型   A型
入所日  1996年~

横山裕の父親は虐待男だった壮絶過去

あの明るいキャラクターからは想像出来ない過去を
持つ横山裕君の家庭はかなり複雑な家庭環境でした。

それは両親が彼が3歳の時に離婚。

その後母親は再婚しますが、その再婚相手の
彼の義理の父親に当たる男が妻の連れ後だった裕君に
暴力を振るったというのです。

しかも何か悪い事や子供ながらにいたずらをした~等
の理由があるならまだしも、これと言う理由は無く
近くにある棒で殴ったり叩いたりする毎日だったとか・・・

その再婚相手との間に母親は彼の種違いの弟も
産むのですが、結局父親の虐待が止まらない事も
あって彼だけ母親の祖父の家に生活をすることに
なるのです・・・

酷すぎます。汗

横山裕の母親からのネグレスト乗り越えて

結局私も思うにこの暴力を知りながら
止めなかった母親は間違いなくネグレスト。

その後祖父が亡くなったことで又も彼の保護者が母親と
なり両親の元で暮らす事になるのですが、そこでもまた
義理の父親は中学生になった裕君に対しても暴力が止まる
事はなかったようです。

ついに夫婦間も上手くいかなくなり結局離婚。

当然の流でしょうが、この後が酷かったのです。

父親がいなくなり生活に困窮した横山家は中学を
卒業した後裕君は高校進学を諦め建築現場で働いて
家族を養ったというのです・・・

何で~って感じですが・・・

母親が大好きなんだそうです。

でも自由奔放に生きたのでしょう~

結果母親は2010年5月16日に虚血性心疾患のため
急死されたそうです。

50歳の若さでした。

ジャニーズ入所のきっかけとなったのも誰かしらの
メンバーを見て『うちの裕のがカッコい』と言い
オーディションへ申し込みをしてくれたと言いますが
高校への進学を諦めて建築現場で働きながらジャニーズの
レッスン代も稼いで家族も養った裕君です。

正直罪な母親ではないでしょうか・・・

書いててかなり悲しい気分になります。

ただ多少のネグレストは否めないものの最後は
裕君にDVし続けた義理の父親と別れてくれたこと。

これだけがせめてもの救いかもしれませんね。




Sponsored Link

横山裕の現在の熱愛彼女は誰

「ヒルナンデス」の共演で見事な掛け合いから
熱愛関係にいたった水ト麻美アナも今では同番組
を卒業して朝の『スッキリ』に移動。

その後破局したと言われながら本当のところは
現在の熱愛彼女は誰なのでしょう。

個人的には別れて欲しくないな~と思いつつ
田中みなみとの二股疑惑まで浮上していたので
かなり裕君の彼女は気になってしまいます。

調べた結果「ヒルナンデス」から「スッキリ」への
移動はあったものの・・・やっぱり田中みなみとの
二股疑惑は絶対ガセネタだと思うので、個人的には
水ト麻美アナとまだ交際継続してるのではないかな~と
思うのですが・・・

一時のボクシングジム通いや裕君のマンションでの
熱愛スクープを取られて事務所にお冠とも言われましたが
正直ファンにはキツイかも~ですが「ヒルナンデス」の
共演はナチュラルでとってもお似合いだったかな~とか
って思ってしまうのは私だけでしょうか・・・

年齢もちょうどいい年だし、横山裕君には絶対
幸せになって欲しいので、アイドルとは言え周囲の
反対で破局とかにはならないで欲しいな~と思ってしまいます。汗

おわりに

親を選ぶ事は出来ない産まれて初めての運命的な出会いで親は子供に子供は親に出会います。そんな中横山裕君のような環境にあっても腐らず最後まで「お母さんが大好き」と言っていたらしい横山裕君のこれからの活躍に益々公私共に幸せになって欲しいと思うばかりです。熱愛もお仕事も頑張れ裕君!




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 二宮和也アイキャッチ
  2. 手越祐也アイキャッチ
  3. 滝沢秀明アイキャッチ
  4. 松島聡アイキャッチ
  5. 堂本剛アイキャッチ
  6. 丸山隆平アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて