岡本圭人留学は実質クビ?理由はスキャンダルと素行不良に勘違い?

この記事は5分で読めます

岡本圭人アイキャッチ

ジャニーズの中でも大物二世アイドルとして
デビュー当時から注目されていた岡本圭人。

父親に元男闘呼組の岡本健一を持つバリバリの
サラブレッドの彼はこの数年デビューしたものの
スキャンダルにまみれていました。

そんな彼がついにHey!Say!JUMPのメンバーから離脱して
2年間のアメリカ留学に出るという発表がありました。

この留学理由は芸能や語学勉強の為と言われて
いましたが、実は実質クビでは~の噂がもっぱらです。

過去の週刊誌に取られらスキャンダルなどを
振り返りつつ、その素行の悪さなどについても
調べてみました。

Sponsored Link

岡本圭人の留学理由は海外志向?

 

岡本圭人は、日本の歌手タレント俳優であり男性
アイドルグループのHey!Say!JUMPのメンバーです。

その岡本圭人が芸能活動を休止してアメリカ留学を
するとの発表がありました。

岡本圭人は芝居や音楽、語学を学ぶためにアメリカに
留学し、演劇学校The American Academy of Dramatic Arts
に通うため、グループ活動を8月末から休業するとの
突然の発表がネットニュースなどで取り上げられています。

帰国後にはグープに復帰する予定だとのこと。

そうは言っていますが戻る場所があるのか・・・

そんな微妙なジャニーズと岡本圭人本人との体温差を
感じる情報が錯乱しています。

岡本圭人の留学理由はむしろクビの可能性

 

この留学理由については様々な事が囁かれています。

「もともと、男闘呼組の岡本健一さんの息子さんですから。要するにコネ入社」

「有村架純や一般女性との交際写真が流出したり、キャバクラや合コンの様子が報じられたりしたこともあります。上智大学も卒業できませんでした。スポーツ紙でさえも『芸能活動も勉学も中途半端な状態で、遊びに逃避していた』と一刀両断にしたほどです。素行不良にジャニーズ事務所は手を焼いていました」
 

など、厳しい意見が出ています。

要するに今回の留学理由は

「さらなる問題を起こす前に、実質的な引退に追い込まれた説が根強い」
 
という見方があるということ。
 
しかしその一方で
「グループ脱退では無いし、ジャニーズを辞めたわけでもない」
とフォローするメディアもありましたが、実際はどうなのでしょうか。

結構微妙な立ち位置の記事が多くてなんとも言い切れません。汗

ただ、あまり良い評判が無いのも確かなようで・・・

岡本圭人の過去スキャンダル

 

岡本圭人にはこれまでに何度も
スキャンダル報道がありました。

2013年には有村架純さんとのキス画像
含む写真が週刊誌に載せられていました。

有村架純さんは当時「あまちゃん」でブレイク
していた頃であり、連ドラ女優とジャニーズ
アイドルという事で、世間を驚かせていましたね。

しかしその後はツーショット等が出回ることもなく
有村架純さん自身のコメントも

「今回の件で自分自身と向かった時に自分が何をしたいのか、何を見てもらいたいのかと改めて考え、それはお芝居しかないと思いました」

と綴っていました。

この時の報道が切っ掛けで別れて
しまったと見られています。

スキャンダルとは違いますが、整形疑惑
ありましたね。

デビュー当時は一重まぶただったのですが歳を
重ねるごとに見事な二重まぶたになっている事も
話題に挙がりました。

まぁジャニーズですから・・・ここは仕方ないのでしょうが
確実にお顔は変貌しています・・・

しかし整形については賛否もあるでしょうけど
それも見る側の好みの範疇かなとも思います。

2017年には、2014年に撮影されたという寝顔の
写真が撮影されました。

女性と一緒に寝ている姿だったのですが、その
相手の女性はいわゆる「ワンナイトラブ」
だったとのことです。

映っている岡本圭人だと思われる男性の
胸元のほくろが、岡本圭人のほくろの位置と
完全に一致するとの事で、写真の男性は
岡本圭人に間違いないとみられています。

 
枕元にあるティッシュボックスも「MUSIC STATION」
のものであり、出演者関係者しか入手できないのだとか。

2018年3月には、岡本圭人の友人のバンド
「THE ORAL CIGARETTES」のインスタライブ配信に
映り込んでしまい、問題となった事もありました。

ジャニーズ事務所は、基本的にタレントが個人的に
SNSを利用することを禁じているそうで、それを知
るファンからは

「普通に圭人映ってたけど、事務所的に大丈夫?」
 
などの、心配の声も挙がっていました。

 
また岡本圭人は、上智大学の国際教養学部を
一般入試で受験し、見事合格しています。

 
しかし芸能活動との両立は難しかったのか、留年
2回の末に退学となっていますね。

上智大学の国際教養学部は、1学年50人と
少ない人数で、授業が全て英語で行われるとい
う難しい学部だそうです。

9歳から5年間イギリスで暮らしたという岡本圭人は
英語が堪能ではあるのでしょうけれど、芸能活動と
両立となれば難しすぎたのだと思われます。

とは言え色々やらかしているのは間違いない感じですね~

Sponsored Link

岡本圭人の素行不良と勘違いにドン引き

 

2018年4月には、岡本圭人が温泉地のキャバクラで
豪遊したという記事が週刊誌に掲載されました。

「学生コンパ並みにノリノリで大騒ぎ」

「毎回騒いで、ご機嫌になって帰っていく」

などと書かれていて、ファンからも

「他メンバーよりオフの日が多いし、いくらでも自分磨きをできる時間はあるはずなのに、努力して変わろうとする姿が見えない」

「親のコネはあっても、それを上回る努力をしていかないと」

「キャバクラに行くのは別に良い。でもそれを週刊誌に書かれちゃうのはプロ意識低すぎなのでは?」

「大学退学だけならまだ良いけど、週刊誌に毎回HeySayJUMPって書かれて他のメンバーにも迷惑かけてる」

「仕事しないくせに他メンバーの顔に泥縫って、もうちょっと撮られないように遊べないのか」
 

など、厳しい声が寄せられていました。
 

つい先日、2年間のアメリカ留学について、メンバー
9人で夏キャンプを実施して本音トークをする
様子がある番組で放送されました。

そこでは岡本圭人から

「今日、すごく楽しかったんです。いい思い出にもなったし、本当にこのグループが好きだなって思った。アメリカにひとりで行くって留学の件でいろんな人に迷惑をかけたしみんなにもびっくりさせたと思うけど、その分、好きだからこそJUMPの力にもっとなりたいって改めて思いました」

 
と、語られると、他メンバーからは

「俺は結構楽しみ。圭人が強くなって帰ってくるのが」

「向こうで何を学ぶのかも聞いた。もしこれを成し遂げた圭人が帰ってきたら『やべーな!』って思ったの」

「戻ってきた時にどれだけ努力したかがわかるよね」

「11年一緒にいるんだからもう言い訳は一切通用しないから。ただの仲良しこよしだけでやっていける世界じゃない。待っててよかったって思ってもらえるような存在になって帰ってこないと意味がない」

「行かせた俺らのせいでもあると思う。圭人ひとりの自分勝手じゃなくてHey! Say! JUMPの自分勝手」

「“笑顔でがんばれよ”って結論になったんだから大丈夫だよ」
 

と、厳しいながらも愛のある言葉を伝えています。

これらの答えに、岡本圭人が涙を浮かべて
「ありがとう」と返す場面もありました。

 
しかし留学を終えて岡本圭人が帰国した後、実質的に
クビにされたと言われているジャニーズ事務所からの
後押しが無いとすれば

「親の七光りで舞台の仕事を貰う」

という未来しか残っていないと、ある
関係者は語っています。

 
父親である岡本健一さんはもう“元アイドル”ではなく
今や立派な“舞台俳優”として活動しています。

思い上がった態度を見せるどころか、スタッフには
常に謙虚な姿勢で対応しているのだといいます。

「そんな岡本健一さんが「息子を頼みます」と頭を下げれば、誰でも起用だけはすると思われます。父親のすねをかじりながら舞台に立ち続ける状態が、長く続くとも思えません。岡本圭人さんに、そこまでの才能や根性があるとは、今のところ、とても思えませんね」
 

とも語っています。
 
2008年12月に行われた当時15歳の
岡本圭人へのインタビューがあります。

「いつか英語を生かして作詞もしたいし、海外映画に出たい」
 

と夢を語っていました。その夢に
向かって邁進してほしいですね。

それにしても夢と希望だけはビックなんですよね~笑

そんなデカい夢があるなら遊びすぎやろ~みたいな・・・

いやいや、大統領のように働いて、王様のように遊んで~と
言う名言もありますからね~アメリカ帰りの彼がどんな変貌を
して脱皮してくるのかに期待したいですよね!

Sponsored Link

おわりに

父親のコネで就職というか機会を得る事は何も悪い事ではないと思います。その後の本人のやる気次第であるとも。今回の留学についてこれ以上のはっきりした理由は公表されないでしょうけど、メンバーが期待しているように、大きく強くなって帰ってきてほしいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 横山裕アイキャッチ
  2. 藤ヶ谷太輔
  3. 加藤シゲアキアイキャッチ
  4. 佐藤勝利アイキャッチ
  5. 森本龍太郎
  6. 八乙女光
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて