堤康次郎の子供の数!「友達はつくるな」の帝王学で究極の艶福家

この記事は5分で読めます

堤康次郎アイキャッチ

戦前戦後の焼け野原だった日本で裸一貫から
西武グループの創設者として今も語られる
堤康次郎氏。

認知した子供の数十数人、それ以外は本人も
把握できないレベルで100人を優に超す程の子供を
生涯に持つ艶福家としても語られる堤康次郎の
帝王学とは?

堤康次郎氏の驚きの子供の数や、「友達はつくるな」
の帝王学、究極の艶福家の姿についてお伝えします。

Sponsored Link

堤康次郎プロフィール

氏名:堤康次郎(つつみやすじろう)
生年月日:1889年(明治22年)3月7日
没年月日:1964年(昭和39年)4月26日(75歳)
出身地:滋賀県愛知郡愛荘町
学歴:早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
所属政党:自由民主党
称号:正三位、勲一等旭日大綬章、滋賀県大津市名誉市民
配偶者:堤コト、堤文、堤操
親族:堤清(長男)・堤清二(二男)・堤義明
(三男)・堤康弘(四男)・堤猶二(五男)

堤康次郎とはどんな人?

「ピストル堤」の異名を持ち、西武グループ
創業者として強大な権力を誇ったワンマン経営者
として有名な堤康次郎氏。

彼の偉大な業績はもちろんのこと、カリスマ経営者
たる一面が大きく取り上げられ、私生活ではかなりの
艶福家だったことが評判になっています。

実業家、財界人の堤康次郎氏は、一代にして
西武グル―プを創り上げた偉人として知られています。

1953年からは衆議院議長を務めていました。

彼は4歳で父を亡くし、祖父母により養育されますが
18歳で母と祖父母も亡くす悲劇に見舞われ、妹と
2人で青年期をすごした苦労人でした。

堤氏は祖父から譲り受けた土地を担保に学費を作り
早稲田大学に入学します。

当時貧しかった事もあり学業よりアルバイトや
副業などに精を出し学費を稼いだそうです。

大学卒業後は早稲田大学創始者で総理大臣となる
大隈重信が主宰する出版社「新日本」の社長に就任。

その後も真珠養殖ビジネス、鉄工所など色々挑戦するも
中々ビジネスが軌道に乗る事は無く、うまくいかなかった
ようです。

その後、軽井沢の土地に別荘地を開拓して売却する
事業が大当たり。

軽井沢を整備すると今度は箱根の観光地を整備し
リゾート地に変え、国立・小平の都市開発を展開し
高級住宅街にしていきました。

都会志向の街づくりと鉄道などインフラ整備で
急速に事業を進展させます。

堤康次郎氏は関東大震災後、人が手をつけないような
焼け野原をも買付け、戦犯の死刑も行われた巣鴨プリズン
ー東京拘置所の跡地も掌握する大胆さで土地買収に燃えます。

そこに西武グループのモニュメントともいえる
池袋サンシャイン60が建設されています。

また華族の邸宅地を活用しプリンスホテル開業も
実現しています。

堤氏が開発した土地に大学を誘致したり、鉄道業整備、
拡大においてその優れた経営手腕で事業を大きくし
「西武グループ」となったのです。

堤康次郎の子供

堤康次郎氏は愛人の数が100人という噂が
出るくらい派手な女性関係があったと
いわれています。

華族出身の女性やお手伝いさん、会社の部下、
有名女優など身分を問わず、周囲の女性と関係を
持っていたというからびっくりですね。

妾を含め同居した4人の女性との間に生まれ、
堤氏が認知したと言われる子供は12人でしたが
認知していない子供も多数いるのではないかと
されています。

子供の数も全て合わせると100人以上では
ないかという情報も見えるほどです。

彼は育ちがよく教養ある女性が好みだった
といいますが、それにしても多すぎますね。

ただ作った愛人の数があまりに多すぎて、
本人も誰が誰だかわからなくなっていたとか。

「数を数えられるうちはまだ半人前だ。」

と豪語する堤氏は、75歳で死去しましたが
その葬儀には彼とよく似た子供を連れた
女性たちの長者の列ができたと言われる程
だったのでかなりの艶福家としても知られた
人物でした。

Sponsored Link

堤康次郎の帝王学は「友達はつくるな」

冒頭で紹介したように艶福家だった堤康次郎氏の
数ある愛人関係で生まれた子供たちの中で、後継者と
すべく選ばれたのが三男の義明氏でした。

2代目の義明氏は1934年生まれで、23歳の若さで
大磯ロングビーチの開業を手掛け、苗場国際スキー場
やゴルフ場などの開発で西武グループ事業を拡大。

1987年から1994年のうち6回もフォーブズの
世界長者番付ランキングで1位となるなど
グループの実績に貢献しました。

父の康次郎氏は若い彼にグループのトップたる
道を歩ませるために独自のスパルタ帝王学を
教え込みます。

家庭内では頑固おやじで朝4時起き、夜9時就寝を
乱すことを許さず、外出時も家族ら全員が正座で
見送り、返事が悪いと鉄拳が飛ぶという厳しさ
だったという彼が教えた中には、

「友達はつくるな。利用されることになる。」

との言葉もあったといい、簡単に人を信用しない
ことを伝え孤独でカリスマ的な経営者たる自身の
姿を継承したともいえるでしょう。

堤家代々の遺志を貫き、世間の評判は無視する
ことや、絶対的支配者としての心得を義明氏に
叩きこんだといいます。

堤康次郎氏は私生活も、経営理論も周囲の風評を
物ともしない孤高の人だったというにふさわしいのでは
ないでしょうか。

儲かりそうなことに何でも飛びついて失敗を重ねた
経験を経て、30代では人のやらないこと、できない
ことのみをやり成功したのだと自負。

数々の名言を残した康次郎氏ですが、帝王学に
従い着々と事業を繁栄させていく義明氏は、彼の
理想を十分に体現していったものといえます。

堤康次郎の艶福家は手当たり次第が凄い

プライベートな人間関係において「友達をつくるな」
と独特な哲学を後継者として選んだ三男の堤義明氏に
教え込んだ堤康次郎氏。

ビジネスでは孤高の経営者を貫く姿勢が見えましたが
女性関係では堤康次郎氏の艶福家ぶりは手あたり次第
ともいえる華やかなものだったといえます。

大物事業家の堤氏が本妻の他に何人も妾を持った
ことは広くしられており、お手伝いさんから女子社員
部下の妻、看護婦、マッサージ師、乗っ取った会社の
社長夫人、秘書、別荘管理人、旧華族…

社員たちの言葉の端に出たものだけでもこの通りで、
そのあと始末は部下の仕事だったといいます。

驚くのは堤氏の操夫人は東京土地の社長令嬢で
あったのですが、その青山家の姉妹4人とも愛人化
しようとし、操夫人の姉、一番下の妹は彼の子を
身ごもったというから絶句です。

康次郎氏の3番目の正妻である操夫人の長子清二氏
愛人として別邸を構えていた石塚恒子の子義明氏
彼ら異母兄弟の後継をめぐる確執も当然の事象であり
その後複雑な環境が周囲にめぐっていく原因にも
なったのでした。

その中でも女性関係から事業への取り組み方など
自分に一番似た性質を持ったと感じた三男の義明氏
を自身が作った西武グループの後継者に座らせたの
だから何とも如何に自己肯定感が強い事業家だった
のかが分かる結果なのかもしれません。

ちなみにこの堤義明氏は三男ばかりではなく
正妻の子でもなかったのだから、何かしら男として
父親として実業家として、コイツなら。と思う所が
あったのかもしれません。

結局、結果は全ての西武グループから汚職事件を経て
堤義明氏は追放される事になるのですが…

現在の自身が決定した三男義明氏の姿を見て康次郎氏は
あの世で何を想うのでしょう…

Sponsored Link

おわりに

西武グループ創始者として知られる堤康次郎氏はカリスマ経営者でありながら、手あたり次第女性と関係を持つ究極の艶福家だったことがわかります。
「友達はつくるな」と厳しく息子に帝王学を教え込みながら、華やかな女性関係はとどまることを知らず、認知された子供の数は12人、愛人の子全て合わせると100人ともいわれており驚きます。
不遇の生い立ちから数々の事業での失敗を生かし、一人でトップにのし上がってきた堤康次郎氏にとってこれらの女性たちは自らの威力を世間に見せるものであったのかもしれません。事業も女性たちも、家族でさえも全てを支配できるカリスマとして、堤康次郎氏の名は歴史に鮮明に刻まれています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 箕輪厚介アイキャッチ
  2. こんまりアイキャッチ
  3. 野崎幸助アイキャッチ
  4. 松村厚久
  5. 渡辺恒雄アイキャッチ
  6. 野口美佳アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて